JAM JAM OSAKA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • JAMJAM大阪
  • ジャムジャム大阪
JAM JAM OSAKA
ジャンル バラエティ番組
音楽番組 など
放送期間 1980年4月7日 - 1981年10月2日
放送時間 月曜 - 金曜 21:30 - 23:30
→ 月曜 - 金曜 22:40 - 23:30
放送局 ラジオ大阪
制作 ラジオ大阪
パーソナリティ #パーソナリティ・レギュラー出演者の節を参照
テンプレートを表示

JAM JAM OSAKA(ジャムジャムオーサカ)は、1980年4月7日から1981年10月2日まで、ラジオ大阪で放送されていたワイドラジオ番組

放送時間[編集]

概要[編集]

当番組の前身番組『JAM JAM 11』(1978年10月 - 1980年4月4日)は、更にその前番組でニューミュージック重視の音楽路線の番組だった『星空にうたおう 青春最前線』→『青春最前線 ドキドキラガジン』から音楽指向路線を続けながらも、同じ音楽でもニューミュージックからロック路線の番組として放送。宇崎竜童松任谷由実アン・ルイス桃井かおりらがレギュラー出演していた。しかしそれでも、当時放送時間帯が重なり裏番組であった『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)、『ABCヤングリクエスト』(ABCラジオ)に対し不振[1]。1980年4月の改編に合わせて『JAM JAM OSAKA』にリニューアルすると共にパーソナリティ陣を見直し、引き続き歌手・アーティストを起用し続けた一方で、“喋りのプロ”として紳助・竜介のりお・よしお漫才コンビを起用するなど、音楽面を残しながらも曜日によってはトーク面、バラエティ面を強化する路線に転換した[1]。なお前番組『JAM JAM 11』からは阿藤海宇崎竜童アン・ルイスが続投している[2]

放送時間も『JAM JAM 11』の平日23:00 - 25:00から、より若者リスナーが聴きやすくするため[3]と『ヤングタウン』『ヤングリクエスト』の各裏番組よりスタートを早くするために[2]1時間30分繰り上げ[注釈 1]、21:30 - 23:30とした。『ヤングタウン』(22:00スタート)、『ヤングリクエスト』(23:00スタート)と当番組の3番組の中で「一番乗り」であることをフルに生かした構成とし、選曲もロック中心だった『JAM JAM 11』と比べてその幅を大きく広げた[2]

1981年4月改編で、放送時間が半分以下の50分となり、1時間を切る。これは近鉄バファローズナイターが放送されているシーズンだけの措置ということだったが[4]、結局そのまま半年後の1981年10月改編で終了した。

パーソナリティ・レギュラー出演者[編集]

1980年4月 - 1980年9月[編集]

1980年10月 - 1980年12月[編集]

  • 月曜:阿藤海、麻上洋子、宇崎竜童、アン・ルイス
  • 火曜:兵藤ゆき、神本宗幸
  • 水曜:岸田智史、黒谷昌子
  • 木曜:桑名晴子、マーキー
  • 金曜:島田紳助・松本竜介、ヒロスケ

1981年1月 - 1981年3月[編集]

1981年4月 - 1981年10月[編集]

  • 月曜:西川のりお・上方よしお、寺嶋千恵子[4]
  • 火曜:兵藤ゆき、神本宗幸[4]
  • 水曜:ヒロスケ、村上ショージ[4]
  • 木曜:マーキー[4]
  • 金曜:島田紳助・松本竜介[4][注釈 4]

コーナー・内包番組[編集]

  • JAM JAM ヤングニュース
  • JAM JAM チャレンジ
    • レコードを3曲続けて最初のイントロ部分の5秒から10秒だけ聴いて歌手・アーティスト・演奏者を当てるクイズ。チャレンジ希望者ははがきで募集(その際にはがきに「チャレンジ希望」などと明記)、挑戦者は電話で出演。賞金は1問正解で3,000円、2問正解で5,000円、全問正解で1万円。全問不正解でも番組特製Tシャツがもらえた[5][6]
  • JAM JAM ブラックジャック
    • 前番組『JAM JAM 11』から継続のゲームコーナー[7]
  • 只今ご当地到着
    • 地方に行った先々で地元のファンにインタビューした声をオンエアしていた[8]
  • スタジオジャック
    • ゲストコーナー。そしてそのゲストとのトークの最中にもゲストのマネージャー、友人らに電話をつないで話を聞き、その素顔を明らかにしていった[9][10]
  • ハローギャル
    • 街中や駅などで見かけた女性にマイクを向けてインタビュー、この模様を放送した後にその同じ女性に電話をつないでトークをしていた[10]
  • ショッピングクイズ[9]
兵藤ゆき・神本宗幸の日のコーナー
  • 音楽用語解説コーナー
    • 神本が音楽の専門用語を解説[9]
  • 珍・芸能ニュース
    • スター、芸能人の意外な一面を報告。リスナーからテレビやラジオ、雑誌などから見聞きして気付いた情報も募集[9]
  • 根性あるおハガキコーナー
  • 文面が「本当にあの子根性あるわあ」で締められているという内容のはがきを、兵藤が声色を変えながら紹介[9]
  • ピアノ弾き語りコーナー[9]
岸田智史・黒谷昌子の日のコーナー
  • 恐怖のくいこみクイズ
    • 直前の近鉄バファローズナイターの放送が延長して何分、本番組に食い込まれるかを当てるクイズ。解答としてはがきにナイター中継の終わる時間を書いて送ることになっていた。正解者には賞品として本番組の特製Tシャツ近鉄バファローズのTシャツがセットで贈られていた[11]
  • ゆうれいシリーズ
    • リスナーから送られて来た「幽霊の声」とされるカセットテープを放送したところ、話題を集めたことがきっかけで出来たコーナー[9]
  • しらけこばなし
    • いかに“白けた話”であるかを競うコーナーで、岸田が話を読み、それに黒谷が笑ったら送り主は失格となる[9]
  • あってもいいじゃないか
    • 1981年2月スタート。古今東西の「こんなものもあってもいいじゃないか」というネタを紹介[9]
紳助・竜介の日のコーナー
  • 紳竜の青春をどう生きる
    • リスナーからのはがきや手紙に対し、真面目にアドバイスを送る[9]
  • 紳竜あべこべ話
    • 「ほとんど敷地が兵庫県内なのになぜ大阪空港?」などの珍問・奇問を紳助・竜介の二人が漫才タッチの喋りで解決していた[9]
  • 青春道中
    • リスナーからの、“したたかに生きる”という内容のはがきや手紙を紹介してそれを二人が応援[4]
のりお・よしお・寺嶋千恵子の日のコーナー
  • ミニマンザイ
    • お題、テーマをリスナーから募集し、その中から選ばれたものを基にして作った漫才をのりお・よしおが披露する。そのまま漫才の台本として作った作品も受け付けていた[9]
  • ちいこの猫談義
    • 猫好きの寺嶋メインのコーナーで、猫に関するはがきや手紙を紹介[9]
  • ポエムの世界
    • リスナーから寄せられた詩を、雰囲気に合わせたBGMに合わせて朗読[9]
ヒロスケの日のコーナー
  • 君の詩に曲をつけます[4]
内包番組

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ミュージック・イン・ハイフォニック』(ニッポン放送制作)、文化放送制作花王石鹸一社提供枠(『小林克也ポップタウンエクスプレス』→『青春キャンパス』)、『ザ・バラエティ』(TBSラジオ制作)、『山本コウタローライオンフォーク・ビレッジ』(ニッポン放送制作)と枠を交換。
  2. ^ この番組で名づけられたニックネームは「こだぬきポン子」
  3. ^ 紳助・竜介は、当番組にレギュラー出演する直前の1980年3月まで、『MBSヤングタウン』土曜日に出演していた。
  4. ^ 紳助・竜介は、本番組終了後の1981年10月からも『紳竜のオオサカナイト午後8時 青春をどう生きる』(毎週日曜日20:00 - 21:00)で引き続きラジオ大阪の番組に出演(1982年3月まで)。

出典[編集]

  1. ^ a b ラジオパラダイス三才ブックス)1988年8月号 メイン特集『全国4大エリア 夜ワイド合戦絵巻』p.34-36
  2. ^ a b c ラジオマガジン 1980年7月号 p.40
  3. ^ ラジオマガジンモーターマガジン社)1980年10月号 p.123
  4. ^ a b c d e f g h 明星(集英社)1981年7月号 p.172 - 173「MYOJO PAPER RADIO」
  5. ^ ラジオマガジン 1980年8月号 p.19
  6. ^ 明星集英社)1980年7月号 p.156 - 158「ラジオDJ広場 西日本編」
  7. ^ ラジオライフ三才ブックス)1980年6月号「新番組ガイド」(p.12)
  8. ^ 季刊ランラジオ(自由国民社)1981年No.4号 p.68
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 明星(集英社)1981年4月号 p.154 - 155「MYOJO PAPER RADIO」
  10. ^ a b 明星(集英社)1981年1月号「ラジオDJ広場」p.188
  11. ^ ラジオマガジン 1980年9月号 p.51
ラジオ大阪 平日夜ワイド枠(1980年4月 - 1981年10月)
前番組 番組名 次番組
JAM JAM 11
(23:00 - 25:00)
JAM JAM OSAKA
OBCヤングラジオ
(21:00 - 23:30)
ラジオ大阪 月 - 金 21:30 - 23:30 枠
(1980年4月 - 1981年10月)
小林克也ポップタウンエクスプレス
(21:30 - 22:00)
ミュージック・イン・ハイフォニック
(22:00 - 22:30)
山本コウタローライオンフォーク・ビレッジ
(22:30 - 22:45)
ザ・バラエティ
(22:45 - 23:00)
JAM JAM 11
(23:00 - 25:00)
JAM JAM OSAKA
OBCヤングラジオ
(21:00 - 23:30)