チーム・シンスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チーム・シンスケ(TEAM SHINSUKE)は、島田紳助が中心となり、ベテランレーシングライダー千石清一を鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)で走らせるために1985年に結成された、オートバイのレーシングチームである。1986年から1995年までの10年間、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)を中心に参戦し、活動を止めていたが、2011年に一度限りの復活を行った。

概要[編集]

最初の10年間[編集]

1985年、以前より親交のあったベテランレーシングライダー・千石清一を「自分たちの力で走らせてあげたい」との思いと、千石の「(その日鈴鹿で)絶対泣ける」の一言を信じ、鈴鹿8耐への参戦を目的として結成された。メンバーは紳助の高校生時代の同級生である「土建屋よしゆき」や、消防士である「ファイヤーやっこ」、紳助とオーストラリアツーリングを共にした「ナオ」など、紳助とプライベートで親交がある者が中心となった。なお、チーム設立時のメンバーにはライダーの千石を除き、紳助を含めてレーシングチームの運営などに関与した経験のある者は一人もいなかった。

初参戦となった1986年は予選で好位置につけながらも途中リタイヤ、1987年は予選落ちを喫するなど苦戦が続いたが、1988年に初の完走を果たしてからは安定して成績を残し、純粋なプライベートチームの中でも上位の成績を残すまでになっていった。1980年代後半はバブル景気の真っ只中であり、鈴鹿8耐にも多くの芸能人やスポーツ選手が「お飾り監督」として参戦していたが、代表としてチーム名に「シンスケ」の名はあるものの、紳助自身は芸能人としてではなく、あくまで一個人として真摯に鈴鹿8耐に参加していた。紳助自らが企画書を手にスポンサー集めに奔走し、サーキットでも真剣にレースに取組む姿は、参戦を重ねるごとに他のエントラントからも評価されていった。

チーム設立当初からチームのナンバー1ライダーとして参加していた千石は、1991年の鈴鹿8耐を最後にライダーを引退、チーム・シンスケの監督となる(競技ライダーとしては引退したが、千石はその後もマーシャルライダーとして2003年まで鈴鹿8耐に参加していた)。鈴鹿8耐と並行して参戦していた全日本ロードレース選手権では主に千石が監督を務めたが、鈴鹿8耐はどんなに多忙でもスケジュールの合間を縫って紳助が監督を務めた。

活動期間に関して、千石はずっと続けていたいというスタンスであったが、紳助は1991年頃よりチームを終了させることを考え始めた。しかし、直ぐにやめるのを良しとせずにチーム設立10年目を節目とし活動を終了することとした。その最終年となった1995年は、サテライトチーム扱いとはいえHRCからワークス・マシンを貸与されたが、レース決勝はリタイヤ。チェッカーフラッグが振られた後、このレースを最後に引退する田村圭二のライディングでラストランを行い、10年間の活動に終止符をうった。

一度限りの復活[編集]

その後の雑誌のインタビューにおいて紳助は「何年後かに、もう一回だけ復活する」と答えていたが、2011年の第34回大会に「一度限りの復活(One Time Revival)」と謳って参戦をした。しかしこれは従来の参戦形態とは大きく異なり、自身の番組である「紳助社長のプロデュース大作戦!」の企画という形での参戦であった。チーム代表は過去の参戦時同様に千石、チーム監督は紳助が務め、メカニックもかつてのチーフメカだった喜田倫弘が中心となってマシンを仕上げた。また、この参戦には東日本大震災の復興支援の意味も持ち、第一ライダーに宮城県出身で実家が震災で被災した中木亮輔。同じく宮城県出身で自身もロケ中に被災したサンドウィッチマンがピットワークを担当(フロントタイヤ交換)。他にも企画の趣旨に賛同して自ら参加を申し入れた渡辺正行(ガソリン補給)など番組出演タレントもチーム員として参加した。チームとして16年ぶりの参戦、また正式表明から2ヶ月足らずという短い準備期間にも関わらず、予選では26番手を獲得。決勝では序盤に中木の転倒はあったもののその後は順調に周回を重ね、目標周回数の207周には届かなかったものの204周を走りきり、目標順位の15位を上回るチーム過去最高位タイの14位で完走を果たした。

戦績(鈴鹿8耐)[編集]

ライダー マシン/メインスポンサー ゼッケン 予選順位 決勝順位
1986 千石清一
大塚茂春
スズキGSX-R750
味の素
27 14 リタイア
1987 千石清一
山田純
スズキGSX-R750
27 65(予選落ち) -
1988 千石清一
大塚茂春
ヤマハFZR750
チキータ
27 39 27
1989 千石清一
大塚茂春
ヤマハFZR750R
ボブソン
27 42 15
1990 千石清一
山本隆義
モリワキZERO-VX7
(ボブソン)
27 43 31
大塚茂春
マリオ・ドゥハメル
モリワキZERO-VX7
(ボブソン)
28 46 22
1991 千石清一
山本隆義
モリワキZERO-VX7
(ボブソン)
27 45 リタイア
中井直道
新井秀也
モリワキZERO-VX7
(ボブソン)
72 47 18
1992 山本隆義
宮城光
ホンダVFR750R
(ボブソン)
27 52 23
新井秀也
田村圭二
ホンダVFR750R
(ボブソン)
29 16 24
1993 新井秀也
田村圭二
ホンダVFR750R
SNK
27 16 23
1994 大阪賢治
田村圭二
ホンダRVF/RC45
(SNK)
27 12 14
1995 大阪賢治
田村圭二
ホンダRVF/RC45
(SNK)
27 12 リタイア
2011 中木亮輔
津田一磨
鈴木慎吾
ホンダCBR1000RR
来来亭
27 26 14

メディア関係[編集]

書籍
風よ、鈴鹿へ」1988年(島田紳助)小学館 ISBN 409363291
チーム結成の経緯から1987年の予選落ちまでを、ドキュメント仕立てで描いた小説。
ラスト・ラン」1995年(島田紳助)小学館 ISBN 409363293
1995年の8耐前に書かれた、チームの歴史を纏め上げた作品。
TV番組
風よ、鈴鹿へ」1988年 TBS
上記の小説を元に作られた単発ドラマ。後にビデオとしても発売された。
音楽
風よ、鈴鹿へ」 作詞/島田紳助 作曲/高原兄
前述の同タイトルのドラマで主題歌として使われていた曲。この年以降、毎年なんらかの形で8耐の現場で耳にする曲である。
NEXT GATE」  作詞・作曲/白井貴子
チーム結成当時、紳助と大阪のラジオ番組(MBSヤングタウン)で共演していた白井が、チームの応援ソングとして作った作品。白井は1986年の8耐前夜祭でのライブも行った。