SHOEI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社SHOEI
SHOEI Co., LTD.
Shoei logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 7839
2007年9月5日上場
本社所在地 日本の旗 日本
110-0005
東京都台東区台東一丁目31番7号
PMO秋葉原北8階
設立 1959年3月17日
業種 その他製品
法人番号 5010501005434 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 石田 健一郎
資本金 13億9,477万円
売上高 単体164億円、連結186億円
(2019年9月期)
純資産 単体97億円、連結150億円
(2019年9月期)
総資産 単体126億円、連結182億円
(2019年9月期)
従業員数 単体417名(2014年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 アルク産業 8.7%
昭和電工 6.4%
(2014年9月)
外部リンク https://www.shoei.com/
テンプレートを表示

株式会社SHOEI(かぶしきがいしゃショウエイ)は、東京都台東区に本社を置くヘルメットメーカー。JPX日経中小型株指数の構成銘柄の一つ[1]

概要[編集]

鎌田栄太郎が1954年3月に鎌田ポリエステルを創業。1959年3月17日に昭栄化工株式会社を設立。

1960年1月よりオートバイ用ヘルメット製造に着手。きっかけは、鎌田が新橋で経営していた旅館を出張などで利用していた本田技研工業 (ホンダ) 社員から、外国製ヘルメットに対する不満を聞いていたことから。当初はリヤカーにヘルメットを積んで納品した。

1965年には本田技研工業の純正ヘルメットに採用。1968年に茨城工場を建設、7月にはアメリカに現地法人を設立。

1980年代には世界一の生産量を誇るヘルメットメーカーに成長。1986年に当時本田技術研究所より独立し設計事務所を営んでいたCKデザインの佐々木和夫を技術顧問として迎えた。佐々木提案によるヘルメットの快適性をテーマに風切音や換気性などの改善と向上に努め、頭部を保護するだけではなく快適性も備えたものへと発展させた。この機能を具備したヘルメットはオンロード用だけのとどまらず、オフロードも含め波及した。この頃に新橋の鎌田の旅館は本社ビルに改装され一階は日本料理屋として打合せなどにも活用されていた。旅館の息子というだけあって鎌田の料理の腕前もなかなかのものだった。

1992年、放漫経営などによる資金繰りの悪化から会社更生法の適用を申請。三菱商事の支援もあって当初計画を前倒しして1998年に更生手続を終了。同年5月に株式会社シヨウエイ、同年8月に現社名に変更する。

2004年ジャスダックに上場するが、2007年10月7日上場廃止。同年東京証券取引所2部に上場。2015年10月29日に東京証券取引所第一部に指定替えされた。

エピソード[編集]

1980年代中盤には4輪レース用のヘルメットも製造開始し、国内トップレーサーの中では長谷見昌弘高橋健二鈴木亜久里などが着用しレースで使用開始。世界最高峰レースであるF1でもケネス・アチソンステファン・ヨハンソンと契約し1986年から参戦した。1991年に勢力を一気に拡大しF1でのヘルメット最大勢力となり、アラン・プロスト(92年まで)とミハエル・シューマッハ(92年途中まで)も着用開始。1992年から1994年2月まではアイルトン・セナもショウエイ製ユーザーであった。ミカ・ハッキネンは1994年から1997年にショウエイヘルメットを着用。ジャン・アレジは1991年から1998年まで8年着用し長いユーザーであった。1998年頃を最後に4輪レースからは撤退し、その後の製品ラインナップは2輪用のみである。MotoGPではマルク・マルケストニ・エリアスらが着用している。

世界GPに参戦するチャンピオン経験者、エディ・ローソンはそれまで米・ベル社のヘルメットを着用していたが、1987年シーズン途中から新規にショウエイと契約しユーザーとなった。供給開始した同社は、彼がトップグレードのヘルメットではなく、セカンドグレードのヘルメットを使っていることに疑問を抱き、その理由を聞いたところ、「こっちのほうが風切り音が少ないから」と答えた。

時速300キロ (km/h)に達することもあるレース中、二輪ライダーは常に暴風の真っ只中にいるような風切り音にさらされる。それまでショウエイの技術者はその音の部分にさして注意を払っていなかった(あえて無視していた)が、ローソンが音の部分に最も神経を使っていた事に驚き、その塊のような空気抵抗と闘いながら走るチャンピオンの意見を無視することもできず、後に空気抵抗の影響がより少ない「X-8」の特徴的なシールド開発へとつながっていった。X-8ではそれまで別バーツとなっていたシールドホルダーシステムを廃止し、シールド自身の内側に本体との接続ホールド機能を持たせて表面サーフェスを均一化し、風切音の減少に成功した。

二輪/四輪車用ヘルメットのみならず航空機用ヘルメットも製造しており、FHG-1(主に陸上自衛隊向け)、同2(主に航空自衛隊向け)、同3(主に海上自衛隊向け)、同5(主に官公庁・民間向け)などを製造している。但し自衛隊向けの製品は防衛装備庁の公告に基づく入札による契約ごとに仕様書に従い随時製造するものであり、なおかつ、必ずしも昭栄化工/SHOEI一社のみが独占的に製造しているわけではないことに留意が必要である。

2011年の東日本大震災では岩手と茨城の両工場が被災した。損害額は6,300万円であった。

ラインナップ[編集]

フルフェイス[編集]

  • X-Fourteen
  • GT-Air II
  • Z-8
  • Glamster
  • EX-ZERO
  • X-KIDS(子供用)

フリップアップ[編集]

  • NEOTEC II

オープンフェイス(ジェット)[編集]

  • J-FORCE IV
  • J-Cruise II
  • J・O
  • FREEDOM
  • TJ-72

オフロード・トライアル[編集]

  • VFX-WR
  • HORNET ADV

トライアル[編集]

  • TR-3

2021年5月現在

廃番ヘルメット[編集]

フルフェイス[編集]

  • GT-Air
  • Z-7
  • QWEST
  • RYD
  • X-TWELVE
  • XR-1100
  • X-Eleven
  • X-9
  • Z-6
  • Z-5
  • WYVERN II
  • RFX
  • X-FOUR Light II

システム[編集]

  • NEOTEC
  • MULTITEC

ジェット[編集]

  • J-cruise
  • SR-J
  • J-FORCE III
  • J-FORCE II
  • J-STREAM
  • MASH-X

オフロード[編集]

  • VFX-W
  • VFX-DT
  • HORNET-DS
  • HORNET-DS PINLOCK®

工場[編集]

参照[編集]

  1. ^ JPX日経中小型株指数構成銘柄一覧 (2021年9月30日時点) jpx.co.jp 2021年10月4日公表 2021年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]