ヤマハ・FZR750

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヤマハ・FZR750(エフゼットアールななひゃくごじゅう)は、以下を示す。

  1. ヤマハ発動機が、日本国内向けに製造販売していた4ストローク749ccのオートバイ。本項にて解説。また本項では、派生モデルのFZR750Rも取り扱う。
  2. ヤマハ発動機が、1985年の全日本ロードレース選手権TT-F1クラスおよび鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するために、FZ750を規定の範囲内で改造して製作したレース専用オートバイ。
    TECH21カラー 1985年型 FZR750 鈴鹿8時間耐久レース仕様

モデル一覧[編集]

FZR750[編集]

エンジンは、FZ750の転用であるが、車体その他はFZR1000(2GH1)と共用である。当時の大型車販売750cc規制のため、欧州仕様のFZR1000 (2GH1) を日本仕様に仕立て直した車種である。

  • 型式:2LM1
  • 発売:1987年
  • 定員:2名
  • 仕向地:日本

FZR750R[編集]

当時の4サイクルロードレースTT-F1用ワークスマシン「YZF750」とほぼ同じ車体構成で登場したスーパーバイク世界選手権参戦用のホモロゲーション車種。国内販売は500台限定。 日本国外へは1992年まで販売された。国内仕様と輸出仕様では最高出力が77PS/121PSの他に、フロントカウルのライト周りのデザイン、フェンダー、グラフィック等が異なる。オールFRPカウル、オーリンズリアサスペンション、チタンコンロッド、EXUPを標準装備し、保安部品を外せばすぐレース参戦できるポテンシャルを有していた。 車体マッチングと市販車へ初めて採用されたオーリンスサスペンションの最終テストはドイツ、ニューブルックリンクサーキットの旧コースで行われた。[要出典]

OW01[1](英語版では0W01[2])と言う名称は、車輌開発時の試作呼称である。ロードレース用オートバイ開発の社内呼称と同じ開発時の呼称を用いた最初の市販車ということでOW01(0W01)とされた。 国内販売価格は200万円で(1989年当時)、高価格帯だったが予約抽選で完売した。抽選に外れた者にはヤマハからこの車両のスケルトンモデルのテレホンカードが配られた。

  • 型式:3FV1
  • 発売:1989年3月 [3]
  • 定員:1名
  • 国内限定500台(輸出仕様は含まず)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1990年 YZF750(0WB7)”. ヤマハ発動機株式会社. 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ 1990 YZF750 (0WB7) - Corporate Information”. YAMAHA MOTOR CO., LTD.. 2015年9月26日閲覧。 英語
  3. ^ ヤマハ発動機部品情報検索、ヒストリックバイク・スクーター「モデル名:FZR750R」[1]より