ヤマハ・キュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤマハ・キュート (Cute) は、ヤマハ発動機が販売していたスクータータイプの原動機付自転車である。1984年6月発売、現在は既に生産を終了している。

概要[編集]

パッソルII」の後継モデルにあたり、女性層をメインターゲットとして開発された。前後8インチサイズのタイヤを採用し、車両重量は乾燥で39kg(標準型)と軽量であった。また、セルスターターが全グレードに標準装備され、キック機構が排除された。 [1]

搭載されるエンジンは、新設計の片持ちクランク方式で最高出力4.0psを発揮する空冷2サイクル単気筒。駆動方式はパッソル系のオイルバス式チェーンドライブではなくVベルトによるオートマチックを採用していた。 グレードは標準型の「デラックス」と、キー付きフロントトランク装備した「カスタム」の2種類。当時のメーカー希望小売価格はデラックスで79,800円、カスタムで89,800円であった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]