ヤマハ・GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1972 Yamaha GT50

ヤマハ・GT(ジーティー)とは、ヤマハ発動機が製造していたオートバイの車種名。通称はミニトレ。排気量50ccクラスのGT50と、同80ccクラスのGT80がシリーズ車種として展開された。

  • 系譜としては、同社のDT1のミニチュア風のデザインで前傾シリンダーのロータリーディスクバルブエンジンを搭載したFT1 (FT50)を元祖とする。
  • GTシリーズは、先代のコンセプトと「ミニトレ」の愛称を受け継ぎ、バーチカルシリンダーのピストンリードバルブエンジンを搭載した初代GT50/80系と、リアサスペンションカンチレバー式スイングアームを採用した二代目GT50/80系との、2世代にわたるモデルが存在する。
  • 初期型モデルのシフトは「ボトムニュートラル方式」と言われるシフトを採用し、つま先で上にアップして1速、2速、3速、4速となり、かかと下げて4速、3速、2速、1速となる。シフト形状はロータリータイプと同じシーソー型だが、方式が異なり4速からいきなりニュートラルに戻る事はない。
  • 1979年版のカタログには、当時プロボクサーとして活躍していた具志堅用高が登場している。


GT80[編集]

ヤマハ・GT80
(第1世代)
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
エンジン 72cm3 2サイクル
空冷ピストンリードバルブ単気筒
内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 42.0mm / 7.1:1
最高出力 6.0ps/7,000rpm
最大トルク 0.65kg-m/6,500rpm
車両重量 64kg
テンプレートを表示
  • 1972年デビュー。ボディサイズはGT50と同じであるが、ダブルシートを採用し2人乗りが可能であったが、シートがやや50よりも長いタンデムシート対応であることやステップが付いているだけであり、大人2人で乗車するのは困難であると思われる。最高出力は4,9psとなる。
  • 1977年のマイナーチェンジではマフラーの形状が変更となり、若干の耐久性や信頼性がUPしたものと考えられる。
  • 1979年にはフルモデルチェンジされ、タコメーター装備、サスペンション、燃料タンク、シート形状などデザインが一新され、ボディも大型化された。全体的フォルムは同じくフルモデルチェンジを受けたMR80をコンパクト化したような感じにも受取れる。最高出力も6,3ps、最大トルクも0,67kg-mにUPした。
  • ライバルはスズキミニクロ(CM75)であると言われていた。(排気量ではミニクロがやや少なく、エンジンはロータリーバルブであった。)

GT50[編集]

ヤマハ・GT50
(第2世代)
1972 Yamaha GT50 in the Yamaha Communication Plaza.JPG
1972 Yamaha GT50
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
エンジン 49cm3 2サイクル
空冷ピストンリードバルブ単気筒
最高出力 4.0ps/7,000rpm
最大トルク 0.45kg-m/6,000rpm
車両重量 64kg
テンプレートを表示


  • 1972年デビュー。ボディサイズは「GT80」と同じであるが、長めのシングルシートを採用。前モデルであった「FT50」は空冷2サイクルロータリーバルブエンジンを搭載していたが、空冷2サイクルピストンリードバルブを採用。最高出力は4,0psとなる。
  • 1977年のマイナーチェンジで、マフラーの形状が変更となり若干の耐久性や信頼性がUPしたものと考えられる。またシフトが4速から5速へと変更。
  • 1979年にはフルモデルチェンジされ、サスペンション、燃料タンク、シート形状などデザインが一新され、ボディも大型化された。全体的フォルムは同じくフルモデルチェンジを受けたMR50をコンパクト化したような感じにも受取れる。エンジンは引続きピストンリードバルブ方式であるが、最高出力が5,0ps、最大トルクも0,47kg-mとUPした。
  • ライバルはスズキのミニクロ(CM50)であると言われていた。
  • 免許制度の関係上、GT80よりもGT50の方が人気があった。また通称である「ミニトレ」以外に「銀バエ」などとも呼ばれていた。

脚注[編集]

  1. ^ 外部リンク「ウェビック - ヤマハ GT50の総合情報」参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]