ヤマハ・RD90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤマハ・RD > ヤマハ・RD90

ヤマハ・RD90は、ヤマハ発動機が製造販売したオートバイ[1]である。

概要[編集]

ヤマハ発動機は、第20回東京モーターショーにおいて「参考出品」としていたヤマハスポーツRD90[2]を、1974年昭和49年)[3]に発売した[1]。7ポートトルクインジェクション方式の空冷2ストローク単気筒エンジン[4]、ダブルクレードルフレーム及び前輪に油圧式ディスクブレーキを採用している[1]。後述のとおり、2回のマイナーチェンジが行われ[5]、そのうち1977年(昭和52年)のそれは大幅なものとなった[6]。 日本国内専売の車種で[7]、日本の法令では第二種原動機付自転車に該当する[8]

機種コード番号:464[編集]

最初期型である機種コード番号[9]:464[5]は、1974年(昭和49年)2月に発売された[3]。 塗色はアイビーグリーン並びにバハブラウンの2色[1]運輸省型式認定番号はIl-1321[3]、車体打刻開始番号は464-000101からである[5]

主要諸元(1974年)[1]
  • 全長:1,860mm
  • 全幅:785 mm
  • 全高:1,050 mm
  • 乾燥重量:89kg
  • エンジン型式:空冷、2ストローク、単気筒、89cm3
  • 最高出力:10.5PS/ 8,000rpm
  • 最大トルク:0.96kg・m/ 7,500 rpm

機種コード番号:2A5[編集]

1977年(昭和52年)2月[10]には、フレーム、エンジン及び外装などが改良され、塗色はブリリアンレッド並びにシルバーダストの2色となった[6]。機種コード番号並びに運輸省型式認定番号も改められ、それぞれ2A5、Il-1348とされた[10]。車体打刻開始番号は2A5-000101からである[5]

1979年(昭和54年)2月[11]には、塗色並びに意匠のみの変更を受け、塗色はキャニオンレッド並びにクリスタルシルバーの2色となった[12] 。運輸省型式認定番号はIl-1348で変わらず[11]、車体打刻開始番号は2A5-100101からである[5]

主要諸元(1979年)[11]
  • 全長:1,875 mm
  • 全幅:735 mm
  • 全高:1,045 mm
  • 乾燥重量:91 kg
  • エンジン型式:空冷、2ストローク、単気筒、89 cm3
  • 最高出力:10.5 PS / 8,000 rpm
  • 最大トルク:0.96 kg・m / 7,000 rpm

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 新発売 ヤマハスポーツRD90.ヤマハニュース.ヤマハ発動機1974年昭和49年)4月,通巻130号,pp.16-17.
  2. ^ 特集第20回東京モーターショー.ヤマハニュース.ヤマハ発動機,1973年(昭和48年)12月,通巻126号,pp. 3-22.
  3. ^ a b c 2サイクル・スポーツ125〜50C.C..テレホンデータブック.ヤマハ発動機,1988年(昭和63年),p.6.
  4. ^ ヤマハ発動機は、1965年(昭和40年)発売のヤマハオートルーブツイン90(AT90)以来、90cm3クラスのロードスポーツに空冷2ストローク並列2気筒エンジンを搭載し続けてきたが、本機種の単気筒エンジン採用で途絶えることとなった。思い出のYAMAHA名車シリーズ<その11>.ヤマハニュース.ヤマハ発動機,1978年(昭和53年)11月,通巻185号,p.31.
  5. ^ a b c d e 二輪車総合パーツカタログ4-1.ヤマハ発動機,1981年(昭和56年),p.2.
  6. ^ a b 新発売 NEW RD90 内容・外装すべてを一新!.ヤマハニュース.ヤマハ発動機,1977年(昭和52年)3月,通巻165号,p.20.
  7. ^ MODEL INDEX 1958-2008. Yamaha Motor, 398p.
  8. ^ 道路運送車両法施行規則(昭和二十六年八月十六日運輸省令第七十四号)第1条第2項
  9. ^ 機種コードとは、ヤマハ発動機が製造車輌の機種名とは別に設定した符号。機種コードについて.ワイズギア. https://www.ysgear.co.jp/mc/custom/code/index.html (参照 2015-05-13)
  10. ^ a b サービスデータ.ヤマハサービスガイドRD90II.ヤマハ発動機,1977年(昭和52年)2月,pp.11-14.
  11. ^ a b c 79年度サービスデータ.ヤマハ発動機.1979年(昭和54年)6月,p.2.
  12. ^ ニューカラー、ニューグラフィックで新発売.ヤマハニュース.ヤマハ発動機,1979年(昭和54年)2月,通巻188号,pp.20-21。