ヤマハ・YZF-R15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yamaha YZF-R15
Yamaha YZF-R15.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー インドヤマハモーター
車体型式 1CK1
エンジン 1CK1型 149cm3 
水冷4ストロークSOHC4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 57.0mm x 58.7mm / 10.4:1:1
最高出力 12.2kW 16.6ps/8500rpm
最大トルク 14.6Nm 1.49kgfm/7500rpm
車両重量 134kg
テンプレートを表示

YZF-R15(ワイゼットエフ アールワンファイブ)は、ヤマハ発動機インドにおいて生産発売しているオートバイである。

概要[編集]

YZF-R15は2008年に発表された[1]。ヤマハ発動機がインド市場においてスポーツモデルの定着を狙って開発した車両で、製造は現地法人のインドヤマハモーター(I.Y.M)が行っている。

外見は欧州で生産されているYZF-R125に近似しているが、車体の細部やマフラーなど部品の装飾を簡素化することでコストを抑えており、販売価格はYZF-R125と比べて日本円で10万円ほど安くなっている。

2011年のモデルチェンジ[2]で足回りの改善とデザインの修正が行われたが、このモデルは2012年に『インディアデザインマーク』という現地のデザイン賞を受賞している[3]

日本での販売[編集]

日本でもオートバイショップにより並行輸入の車両が販売されていたが、2012年7月25日よりヤマハの系列販売店であるYSPにおいてYZF-R15が発売された。ただし型式認定による国内正規車両ではなく輸入車としての販売となる。

出典[編集]

  1. ^ インド市場に新しいスーパースポーツを提唱するヤマハ「YZF-R15」 - ヤマハ発動機・2008年1月10日
  2. ^ "YZF-Rシリーズ”の技術思想を反映したインド市場向けスーパースポーツ「YZF-R15」モデルチェンジについて - ヤマハ発動機・2011年9月7日
  3. ^ インド生産のスーパースポーツモデル「YZF-R15」インド初の国家的デザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞 - ヤマハ発動機・2012年5月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]