ヤマハ・YZF-R15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・YZF-R15
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー インドヤマハモーター
車体形式 1CK1
エンジン 1CK1型 149cc 
水冷4ストロークOHC4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 57.0mm x 58.7mm / 10.4:1:1
最高出力 12.2kW 16.6ps/8500rpm
最大トルク 14.6Nm 1.49kgfm/7500rpm
車両重量 134kg
      詳細情報
製造国 インドの旗 インド
製造期間 2008年-
タイプ スポーツ
設計統括
デザイン
フレーム デルタボックス(ダイヤモンド)
全長x全幅x全高 1970mm x 670mm x 1070mm
ホイールベース 1345mm
最低地上高 160mm
シート高 800mm
燃料供給装置 フユーエルインジェクション
始動方式 セル
潤滑方式 ウエットサンプ
駆動方式 チェーン
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 正立テレスコピック
モノクロス
キャスター / トレール 26°° / 98mm
ブレーキ シングルディスク
シングルディスク
タイヤサイズ 90/80-17 46P
130/70R17 62P
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 12L
燃費
カラーバリエーション 青・赤・黒
本体価格 359100円(税込)
備考 スペックは2012年YSP仕様のもの
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

YZF-R15(ワイゼットエフ アールワンファイブ)は、ヤマハ発動機インドにおいて生産発売しているオートバイである。

概要[編集]

YZF-R15は2008年に発表された[1]。ヤマハ発動機がインド市場においてスポーツモデルの定着を狙って開発した車両で、製造は現地法人のインドヤマハモーター(I.Y.M)が行っている。

外見は欧州で生産されているYZF-R125に近似しているが、車体の細部やマフラーなど部品の装飾を簡素化することでコストを抑えており、販売価格はYZF-R125と比べて日本円で10万円ほど安くなっている。

2011年のモデルチェンジ[2]で足回りの改善とデザインの修正が行われたが、このモデルは2012年に『インディアデザインマーク』という現地のデザイン賞を受賞している[3]

日本での販売[編集]

日本でもオートバイショップにより並行輸入の車両が販売されていたが、2012年7月25日よりヤマハの系列販売店であるYSPにおいてYZF-R15が発売された。ただし型式認定による国内正規車両ではなく輸入車としての販売となる。

出典[編集]

  1. ^ インド市場に新しいスーパースポーツを提唱するヤマハ「YZF-R15」 - ヤマハ発動機・2008年1月10日
  2. ^ "YZF-Rシリーズ”の技術思想を反映したインド市場向けスーパースポーツ「YZF-R15」モデルチェンジについて - ヤマハ発動機・2011年9月7日
  3. ^ インド生産のスーパースポーツモデル「YZF-R15」インド初の国家的デザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞 - ヤマハ発動機・2012年5月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]