ヤマハ・MT-25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤマハ・MT-25
2016 Yamaha MT-25.JPG
展示中のMT-25(2015年10月16日)
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 JBK-RG10J
エンジン G401E型 249cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列2気筒
内径x行程 / 圧縮比 60.0mm x 44.1mm / 11.6:1
最高出力 27kW 36PS/ 12,000rpm
最大トルク 23N・m 2.3kgf・m/10,000rpm
車両重量 165kg
テンプレートを表示

MT-25(エムティー ツーファイブ)は、ヤマハ発動機インドネシアの現地法人であるPT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)で製造販売しているオートバイ普通自動二輪車)である。

概要[編集]

ヤマハ発動機のMTシリーズ250ccクラスとして後述するMT-03と共に開発された。

インドネシア市場向けに先行発売されたのち、日本国内仕様として MT-252015年10月10日に発売された[1]


車両解説[編集]

エンジンは直列2気筒180°クランクで同社のYZF-R25/R3などに採用されている構造であるが、トルクの感覚を重視した『クロスプレーンコンセプト』に基づき完全に刷新されている。

MT-03[編集]

ヤマハ・MT-03
YAMAHA MT-03 at the Tokyo Motor Show 2015.jpg
東京モーターショー2015での展示モデル
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 EBL-RH07J
エンジン H402E型 320cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列2気筒
内径x行程 / 圧縮比 68.0mm x 44.1mm / 11.2:1
最高出力 31kW 42PS/ 10,750rpm
最大トルク 30N・m 3.0kgf・m/9,000rpm
車両重量 165kg
テンプレートを表示


MT-03(エムティーゼロスリー)はヤマハ発動機のMTシリーズ320ccクラスとして前述するMT-25ともに開発された。2006年から2013年にかけてヤマハモーターイタリアが製造していたヤマハ・MT-03とは同名であるがまったく別のオートバイである。

インドネシア市場向けに先行発売されたのち、日本国内仕様として MT-032015年10月10日に発売された[1]


車両解説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 軽量コンパクトな車体で人気の“MTシリーズ”の新製品 「MT-03」「MT-25」新発売 - 広報発表資料 ヤマハ発動機株式会社 企業情報

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]