ザ! キャッシュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ!キャッシュマン
The Cashman
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2001年4月20日 - 2001年8月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
関西テレビ
出演者 島田紳助
真中瞳
外部リンク ザ!キャッシュマン
テンプレートを表示

ザ!キャッシュマン』は、フジテレビ系列局(一部を除く)で放送されていたバラエティ番組である。フジテレビ関西テレビの共同製作。製作局のフジテレビと関西テレビでは2001年4月20日から同年8月24日まで、毎週金曜 19:00 - 19:57 (日本標準時)に放送。

出場者たちが大金を獲得するため、様々なゲームに挑戦していた。司会は島田紳助と真中瞳(後の東風万智子)が務めていた。

ローカルセールス枠での放送だった。また、番組の送出はフジテレビから行われた。

1997年4月25日にスタートした『チチパパ親父!娘をたのむで!』から続いてきた金曜19:00枠におけるフジテレビ・関西テレビ共同製作のレギュラー番組は、この番組をもって4年半の歴史に幕を下ろした。

ルール[編集]

初期[編集]

芸能人ゲストが5人1組のチームを組んで出場。出場チームはあらかじめ1000万円を手にした状態で5つのゲームに挑戦していた。

各ゲームともに、チームのいずれか1人が代表者になって挑戦する方式で、成功すれば次のゲームへ進むことができた。しかし、失敗するとその人物は失格となり、以降のゲームへの挑戦権を剥奪された。失格者が出た場合には新たに代表者を出し、誰かが成功するまで同じゲームに挑戦し続けることになった。救済措置として、持ち金を100万円消費するごとにゲームの難易度を下げられる「イージー」、失格者を1人戻せる「復活」という手段も用意されていた。

全てのゲームを成功させれば、出場チームは残りの持ち金を賞金として獲得できた。

中期[編集]

初期と同様に、芸能人ゲストが5人1組のチームを組んで出場。ゲームも同様に5つが用意されていたが、各ゲームでの正解数に応じた賞金を積み立てていく方式となっていた。正解数と賞金額の関係は以下のとおり。

  • 0問 → 0円
  • 1問 → 1万円
  • 2問 → 2万円
  • 3問 → 3万円
  • 4問 → 5万円
  • 5問 → 10万円
  • 6問 → 20万円
  • 7問 → 30万円
  • 8問 → 50万円
  • 9問 → 70万円
  • 10問 → 100万円
  • 11問 → 130万円
  • 12問 → 160万円
  • 13問 → 200万円
  • 14問 → 250万円
  • 15問 → 300万円

出場チームは4つのゲームに挑戦した後、ラストゲームの「メジャー・イン・メジャー」に挑戦。このゲームで7問連続正解できれば、それまでに積み立ててきた賞金を獲得できた。

末期[編集]

お金を必要としている一般からの参加者と芸能人ゲストが出場する方式になった。番組が提示したゲームや課題に挑戦し、成功すれば希望する額の賞金を獲得できた(上限1000万円)。

ゲーム一覧[編集]

ディナークラッシャー
初回のみで行われたゲーム。いわゆる「テーブルクロス引き」で、上に置かれたものを一個も倒さずに引き抜くことができればクリア。イージーを使用するたびに上に置かれる物の数が減っていく。
メモリー爆弾
初回のみで行われたゲーム。大食いチャンピオンの小林尊が食べた寿司ネタ3つを記憶して答える。正解すればクリア。
後だしジャンケン
初回のみで行われたゲーム。マシーンが出す「勝ったらダメよ」と「負けたらダメよ」の指示に合わせてジャンケンをする。10回連続で成功すればクリア。イージーを使用するたびにノルマが下がる。
スローダウンバイシクル
第2回のみで行われたゲーム。
ダッシュマン
1人が巨大なレコード盤の上を走ると、走っている速度に比例した速さである曲が再生されるので、それが何の曲かを当てる。制限時間は2分。第1期では5問正解すれば成功。イージーを使用するたびにノルマが下がる。
ワイパーマン
1人が青い布で画面を拭くと、布の当たっている部分だけ画面の映像が見えるようになるので、それが何の映像かを当てる。制限時間は1分。第1期では3問正解すれば成功。イージーを使用すると両手で青い布を拭けるようになる。
メジャー・イン・メジャー
観客が自分たちに出されたアンケートの答えを書いた後、代表者1人が観客の書いていそうな答えを1つだけボードで答える。誰か1人でも同じ答えを書いた観客がいれば成功。代表者と違う答えを書いた観客は着席し、以降はアンケートに参加できなくなる。観客全員を着席させる前に10問連続で正解できれば成功。イージーを使用するたびにノルマが7問連続正解、5問連続正解…と下がっていく。
アー・ユー・チキン?
頭上から落下するグローブを紐を引いて止め、止まった位置が頭上30cm以内の「クリアゾーン」であれば成功。頭にグローブが当たったり、クリアゾーンよりも上で止めてしまうと失格。イージーを使用するたびにクリアゾーンが60cm、90cm…と広くなっていく。
ジキジキVロード
初期のラストゲーム。全身に磁石が貼り付けられた特製の服を着て、鉄製の壁や障害物が配置されたコースを磁石がくっつかないように気を配って渡る。コースは3エリアに区切られており、全エリアを制限時間2分以内に走破できれば成功となり、賞金を獲得。途中で壁や障害物にくっついたり、制限時間を過ぎたりすると失格。
ジャンプマン
最初に「白いもの」や「偶数のもの」など何らかのテーマを発表。そして出場者全員が中央の線の上に立ち、アナウンスされた言葉がテーマに合うか合わないかを瞬時に判断。テーマに合うと思えば合図に合わせて左側の○ゾーンへ飛び、合わないと思えば×ゾーンへ飛ぶ。間違えたり合図に遅れたりした出場者は脱落。全員が脱落するか15問正解した時点で終了。3問行い、最も多く正解した問題の正解数に応じた賞金を積立できた。
ユニカールマン
番組が招いたユニカールのプロ「ユニカールマン」と同競技で対決する。ユニカールは後攻が有利な競技であるため、ゲストはハンデとして常に後攻でプレイできた。得点も通常方式でなく、自チームが近ければ一番中心に近いストーンが置かれた所の得点が加算。ユニカールマンが近ければ一律0点。2戦行い、合計得点で獲得賞金が決まる。

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜19:00枠
【本番組までフジテレビ・関西テレビ共同製作枠】
前番組 番組名 次番組
まかせて!!エキスパ
(2000年10月20日 - 2001年3月23日)
ザ!キャッシュマン
(2001年4月20日 - 2001年8月24日)
単発特番
(2001年8月 - 2001年10月)

B.C.ビューティー・コロシアム
(2001年10月26日 - 2003年9月26日)
【ここから自社単独製作枠】
関西テレビ 金曜19:00枠
【本番組までフジテレビ・関西テレビ共同製作枠】
まかせて!!エキスパ
(2000年10月20日 - 2001年3月23日)
ザ!キャッシュマン
(2001年4月20日 - 2001年8月24日)
単発特番
(2001年8月 - 2001年10月)

直撃!!ウワサの5人
(2001年10月 - 2002年3月)
【フジテレビ単独製作、遅れネット】
※フジテレビでは火曜19:00枠