プロバスケ! bjリーグtv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロバスケ! bjリーグtv
ジャンル スポーツ番組
放送時間 毎週金曜 24:00 - 24:55(「BSフジ 金曜シアター」終了後)
放送期間 2006年11月17日 - 2016年5月13日
放送国 日本の旗 日本
制作局 BSフジ
出演者 河内敏光(解説)
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

プロバスケ! bjリーグtv』は、BSフジで放送していた、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)のダイジェスト番組。

本項ではBSフジによるbjリーグ中継についても詳述する。

概要[編集]

2006年にBSフジが日本プロバスケットボールリーグとメディアパートナー契約を締結したのを機に、同年11月17日より放送開始した。2008-2009シーズンは毎週金曜日23時から55分間の放送(翌日土曜日の11時から再放送される)。毎週放送だが、番組内容は「2週間分のゲームハイライト」が中心となるため、初回放送の翌週は前週の再放送となる(その際は番組の最後に前週の試合結果をスーパーインポーズで放送する)。2009-2010シーズンでは3週間分になり、3週間目に関しては別の番組に差し替えられる。2010-2011シーズンは毎月上旬に放送されるため、月の半ばに関しては別の番組に差し替えられる。尚、2011-2012シーズンはオールスター前までは23時からの放送だったが2011-2012シーズン終盤になると24時から55分間の放送となった(その代りジャパコンTVの放送は休止となる)。2012-2013シーズンは24時からの55分間の放送で継続しているが2013年1月19日NOTTVにて放送が開始した(但し、再放送はなしだがNOTTVはBSフジの放送から1日~3日遅れで放送している)。2013-2014シーズンは毎月第4金曜日(12月の放送は編成の都合上第2金曜日の25時からの55分間、2月と3月の放送は編成の都合上第2金曜日の放送)の24時から55分間でNOTTVでも放送し、2014-2015シーズンは毎月第2金曜日(1月と5月の放送は編成の都合上第4金曜日の放送)の24時から55分間でNOTTVでも放送、2015-2016シーズンは毎月第1金曜日のBSフジ金曜シアター終了後から55分間でNOTTVでも放送される(BSフジでは2016年3月までがSPORT、同年4月と5月がHERO'Sレーベル(SPORT・HERO'SはFNSにおけるスポーツ中継のレーベルブランド)で放送している)。

放送内容はbjリーグ2週間分(2009-2010シーズンは3週間分。2010-2011シーズンは先月分)のゲームハイライト(注目カードのダイジェスト、その他の試合結果)が中心。その他、名珍場面集や地域密着をテーマにしたチーム、ファンの交流、バスケットボールクリニック情報などを取り上げられている。

番組最後にはリーグが表彰するローソンPonta 週間MVP・月間MVP(2006-2007シーズン~2009-2010シーズンまではサークルKサンクス 週間MVP・月間MVP)発表の他視聴者プレゼントコーナーが用意されている。

番組の制作協力はbjリーグに加盟するチーム所在地のFNS加盟局が担当している。

Bリーグへの統合の為、2016年5月13日の最終回を持って終了となった。

出演者[編集]

番組進行・実況[編集]

番組進行である三井智映子とアシスタントである中山明日実・青柳愛以外はいずれもフジテレビアナウンサー。

  • 生田竜聖 - ダイジェスト実況担当(2014-2015シーズン~2015-2016シーズン)。番組自体はビギナーである。
  • 三井智映子 - 番組進行担当(2015-2016シーズン)。松村アナと入れ替わって番組に参加。
  • 田淵裕章 - 番組進行担当(2007-2008シーズン~2010-2011シーズン・2013-2014シーズン~2015-2016シーズン)。2009-2010シーズンは病気治療中のため一時降板したが、2010-2011シーズンにダイジェスト実況担当として番組に復帰したが2011-2012シーズンと2012-2013シーズンはみんなのニュース WEEKEND(旧・SuperNEWS WEEKEND)のキャスターとして出演する為一時降板したが2013-2014シーズンにダイジェスト実況担当として3シーズンぶりに番組に復帰した。2014-2015シーズンは不定期で出演。
  • 小穴浩司 - ダイジェスト実況担当(2015-2016シーズン)。番組自体はビギナーである。
  • 青嶋達也 - ダイジェスト実況担当(2007-2008シーズン~2015-2016シーズン)。毎回の様に面白発言や痛快実況やモジりギャグのナレーションでスタジオを笑わせている。2009-2010シーズン~2011-2012シーズンは番組進行を担当した。2012-2013シーズンは立場が逆になりたまに番組を休む場合もあるが2013-2014シーズンは番組進行として復帰。2014-2015シーズンは不定期で出演。
  • 森昭一郎 - ダイジェスト実況担当(2006-2007シーズン・2008-2009シーズン~2015-2016シーズン)。2006-2007シーズンでは番組進行を担当したが2007-2008シーズンは人事異動のため一時降板した。2011-2012シーズンはたまに番組を休む場合もある。2012-2013シーズンは立場が逆になり番組進行を担当しているが2013-2014シーズンはダイジェスト実況担当として復帰。2014-2015シーズンは不定期で出演。
青嶋と森の両名は「青・森コンビ」の愛称で呼ばれているが2010-2011シーズンは田淵も加わり「青・森・田トリオ」の愛称で呼ばれていたが、2011-2012シーズンと2012-2013シーズンは「青・森コンビ」として復活したが2013-2014シーズン以降は田淵の復帰に伴い「青・森・田トリオ」として3シーズンぶりに復活したが2014-2015シーズンは生田、2015-2016シーズンに小穴も加わり「青・森・田軍団」としてバージョンアップした。
  • 青柳愛 - アシスタント担当(2015-2016シーズン)。番組進行の三井智映子とフジテレビアナウンサーをサポートしている。
  • 梅津弥英子 - 番組進行・ナレーション担当(2006-2007シーズン~2011-2012シーズン)。産休のため2008-2009シーズン途中で一時降板したが、2010-2011シーズンからナレーション担当として番組に復帰した。
  • 高木広子 - ナレーション担当(2009-2010シーズン)。産休中の梅津弥英子の代理として番組を支えた。
  • 宮瀬茉祐子 - 番組進行・ナレーション担当(2008-2009シーズン途中~2010-2011シーズン)。
  • 細貝沙羅 - 番組進行担当(2011-2012シーズン~2013-2014シーズン)。寿退社した宮瀬茉祐子に代わって番組進行を担うがみんなのニュース(旧・SuperNEWS)フィールドキャスター業務多忙に伴い番組を卒業。
  • 松村未央 - 番組進行担当(2014-2015シーズン)。細貝沙羅と入れ替わって、みんなのニュース(旧・SuperNEWS)からトレードで番組に参加。BSフジLIVE プライムニュース金曜キャスター就任に伴い番組を卒業。
  • 中山明日実 - アシスタント担当(2012-2013シーズン~2014-2015シーズン)。番組進行のフジテレビアナウンサーをサポートしている。

実況担当愛称の変遷[編集]

  • 2008-2009シーズン・2009-2010シーズン・2011-2012シーズン・2012-2013シーズン『青・森コンビ』青嶋アナと森アナのペアから名づけられた。
  • 2010-2011シーズン・2013-2014シーズン『青・森・田トリオ』青・森コンビに田淵アナが加わり今の形となった。
  • 2014-2015シーズン・2015-2016シーズン『青・森・田軍団』青・森・田トリオに生田アナが加わり新たに名づけられたが、2015-2016シーズンより小穴アナが加入。

解説[編集]

  • 河内敏光 - bjリーグコミッショナー。アナウンサー等からは「御意見番」「我らが河内さん」等と呼ばれている。
  • 山根謙二 - bjリーグアカデミーディレクター。河内さんがアメリカ出張中のピンチヒッターとして出演する。
  • 東英樹 - bjリーク代表取締役兼bjリーグアカデミー校長。河内さんがアメリカ出張中のピンチヒッターとして出演する。

スタッフ[編集]

制作幹事局及び制作協力局の()内は担当しているチームを表す。※はNNS系とのクロスネット局、◎はNNS・ANN系とのトリプルネット局

2006-2007シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(東京アパッチ・埼玉ブロンコス担当。制作幹事局)
  • 制作協力 - 仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・関西テレビ(大阪エヴェッサ担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・GAORA(素材提供)

2007-2008シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(東京アパッチ・埼玉ブロンコス担当。制作幹事局)
  • 制作協力 - 仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・関西テレビ(大阪エヴェッサ担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)・GAORA(素材提供)

2008-2009シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(東京アパッチ・埼玉ブロンコス担当。制作幹事局)
  • 制作協力 - 仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・大阪エヴェッサ担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)・GAORA(素材提供)

2009-2010シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(東京アパッチ・埼玉ブロンコス担当。制作幹事局)
  • 制作協力 - 仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・大阪エヴェッサ担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)・GAORA(素材提供)

2010-2011シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(東京アパッチ・埼玉ブロンコス担当。制作幹事局)
  • 制作協力 - 秋田テレビ(秋田ノーザンハピネッツ担当)・仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・大阪エヴェッサ担当)・山陰中央テレビ(島根スサノオマジック担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・テレビ宮崎◎(宮崎シャイニングサンズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)・GAORA(素材提供)

2011-2012シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(埼玉ブロンコス・横浜ビー・コルセアーズ・千葉ジェッツ担当。製作幹事局)
  • 制作協力 - 秋田テレビ(秋田ノーザンハピネッツ担当)・岩手めんこいテレビ(岩手ビッグブルズ担当)・仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・長野放送(信州ブレイブウォリアーズ担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・大阪エヴェッサ担当)・山陰中央テレビ(島根スサノオマジック担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・テレビ宮崎◎(宮崎シャイニングサンズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)・GAORA(素材提供)

2012-2013シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(群馬クレインサンダーズ・埼玉ブロンコス・東京サンレーヴス・千葉ジェッツ・横浜ビー・コルセアーズ担当。製作幹事局)
  • 制作協力 - 秋田テレビ(秋田ノーザンハピネッツ担当)・岩手めんこいテレビ(岩手ビッグブルズ担当)・仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・長野放送(信州ブレイブウォリアーズ担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・大阪エヴェッサ担当)・山陰中央テレビ(島根スサノオマジック担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・テレビ宮崎◎(宮崎シャイニングサンズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)

2013-2014シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(青森ワッツ[1]・群馬クレインサンダーズ・埼玉ブロンコス・東京サンレーヴス・横浜ビー・コルセアーズ担当。製作幹事局)
  • 制作協力 - 秋田テレビ(秋田ノーザンハピネッツ担当)・岩手めんこいテレビ(岩手ビッグブルズ担当)・仙台放送(仙台89ers担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・長野放送(信州ブレイブウォリアーズ担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・バンビシャス奈良・大阪エヴェッサ担当)・山陰中央テレビ(島根スサノオマジック担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)

2014-2015シーズン[編集]

  • 制作 - フジテレビスポーツ部(青森ワッツ[1]・群馬クレインサンダーズ・埼玉ブロンコス・東京サンレーヴス・横浜ビー・コルセアーズ担当。製作幹事局)
  • 制作協力 - 秋田テレビ(秋田ノーザンハピネッツ担当)・岩手めんこいテレビ(岩手ビッグブルズ担当)・仙台放送(仙台89ers担当)・福島テレビ(福島ファイヤーボンズ担当)・新潟総合テレビ(新潟アルビレックスBB担当)・長野放送(信州ブレイブウォリアーズ担当)・富山テレビ(富山グラウジーズ担当)・テレビ静岡(浜松・東三河フェニックス担当)・関西テレビ(滋賀レイクスターズ・京都ハンナリーズ・大阪エヴェッサ・バンビシャス奈良担当)・山陰中央テレビ(島根スサノオマジック担当)・岡山放送(高松ファイブアローズ担当)・テレビ西日本(ライジング福岡担当)・テレビ大分※(大分ヒートデビルズ担当)・沖縄テレビ(琉球ゴールデンキングス担当)

番組スポンサー[編集]

2006-2007シーズンではbjリーグのオフィシャルスポンサーが、翌年以降はこれに加えて各チームのスポンサーが番組スポンサーについている。○印はリーグのオフィシャルスポンサー、●印はリーグの冠スポンサー。

BSフジ・bjリーグ中継[編集]

BSフジでは2006-07シーズン以後、開幕戦を含むレギュラーシーズンのうち数試合と、オールスターゲームプレイオフを生中継している。

番組制作に際しては、各チームのホームタウンのFNS各局の支援を受けている。

日付 試合 会場 出演者
2007年2月11日 ANA Presents
bjリーグ 2006-2007 オールスターゲーム
宜野湾市立体育館
沖縄県宜野湾市
解説・河内敏光
リポーター・梅津弥英子田淵裕章
実況・森昭一郎
2007年4月21日 ECC Presents
bjリーグ THE FINAL・3位決定戦
有明コロシアム
東京都江東区
解説・河内敏光
リポーター・梅津弥英子
実況・田淵裕章
2007年4月22日 ECC Presents
bjリーグ THE FINAL・決勝戦
解説・山根謙二(埼玉ブロンコス ヘッドコーチ(当時)現・bjリーグアカデミーディレクター)
リポーター・梅津弥英子&田淵裕章
実況・森昭一郎
2007年10月30日 bjリーグ 2007-08 開幕戦
ライジング福岡VS大阪エヴェッサ
アクシオン福岡
福岡市博多区
解説・河内敏光
リポーター・梅津弥英子&大谷真宏TNC
実況・田淵裕章
2007年12月29日 BSフジ Presents
bjリーグ 2007-2008 オールスターゲーム
朱鷺メッセ
新潟県新潟市
解説・河内敏光
ゲスト・藤原隆充新潟アルビレックスBB
リポーター・梅津弥英子&青嶋達也
実況・田淵裕章
bjリーグ 2007-08 公式戦
新潟アルビレックスBBVS東京アパッチ
長岡市厚生会館
新潟県長岡市
bjリーグ 2007-08 公式戦
東京アパッチVS高松ファイブアローズ
有明コロシアム
(東京都江東区)
解説・河内敏光
リポーター・梅津弥英子
実況・青嶋達也
bjリーグ 2008-09 公式戦
高松ファイブアローズVS琉球ゴールデンキングス
高松市総合体育館
香川県高松市
解説・河内俊光
リポーター・田淵裕章&堀康英OHK
実況・青島達也
  • 余談だが、梅津は必ず大阪エヴェッサのレポーター(オールスターはエヴェッサの所属する西軍)を担当している(bjリーグの3位決定戦は両チームのレポーターを担当)。
  • OHKでは高松VS琉球の試合は翌日の11月10日25:05~26:05に1時間に再構成したハイライト番組を放送した。
  • 土曜日に行われるbjリーグの試合は、田淵アナが実況することはない。これは、田淵アナが土曜のニュース番組に出演しているためである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 青森支局が取材している。
  2. ^ 放送時期・内容等の都合上、PT扱いとなる場合がある。
  3. ^ a b c d ラストは必ずテレビショッピング(2012-13シーズンはニッピコラーゲン化粧品とJIMOS、2013-14シーズン以降はJIMOS)のコマーシャルが入る。

関連項目[編集]