突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
突然バラエティー速報!!
COUNT DOWN100
ジャンル 音楽バラエティ番組
放送時間 土曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1992年10月17日 - 1993年3月27日(21回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 石川眞実(製作)
演出 落合芳行
十二竜也
プロデューサー 大崎幹
出演者 山田邦子
渡辺正行
ほか
ナレーター 小山裕香
古川登志夫
大森章督
ほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100』(とつぜんバラエティーそくほう カウントダウンひゃく)は、1992年10月17日から1993年3月27日までTBS系列局で放送されていたTBS製作の音楽バラエティ番組である。全21回。放送時間は毎週土曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)、スタジオからの生放送

概要[編集]

毎週100位から1位までのヒット曲ランキングを発表し、その合間にゲストとのトークや彼らによるライブなどを盛り込んでいた番組。司会は山田邦子渡辺正行が務めていた。

本番組は、『8時だョ!全員集合』から『KATO&KENテレビバスターズ』まで23年間にわたってTBSの土曜20:00枠で続いたザ・ドリフターズのバラエティ番組シリーズに替わってスタートした。1989年9月に『ザ・ベストテン』が終了してから約3年ぶり[1]に開始されたTBSのゴールデンタイムならびにプライムタイムの音楽ランキング番組である。TBSのゴールデンタイムならびにプライムタイムでの音楽(歌)番組全体では、1989年12月まで放送されていた『音楽派トゥギャザー』以来2年9か月ぶりであるが、同番組は歌の披露とアーティストとのトークが中心であり、ランキングは一切無かった。

本番組終了後は、番組メインであるランキングを引き継いで1993年4月より『COUNT DOWN TV』として放送開始した。

出演者[編集]

司会[編集]

1992年12月12日までの出演アイドル[編集]

内容[編集]

番組は毎回シングルランキング100曲をカウントダウン。その合間にゲストとのトークや彼らによるライブなどを行っていた。

ランキング発表時には指定のBGMがなり、「せーの、カウントダウン!」の掛け声と動き(腕を手前でぐるぐる回し、それから右腕を漫才のツッコミのように右へ動かす)[誰が?]で始まる。この動きは、番組の終了後に深夜枠でスタートした後継番組『COUNT DOWN TV』に継承されている。また、発表時には小山裕香ほかのナレーションによる曲名と歌手名紹介があった(CDTVでは曲発表のみでナレーションが無い)。オープニングのナレーションは小山裕香、古川登志夫(1992年)、大森章督平野義和(#14のみ)(1993年)が担当。

コーナー[編集]

ランキング
「先週のTOP3」「40位→31位」「30位→21位」「20位→11位」「100位→41位」「10位→4位」「3位・2位・1位」に分けて発表。これ以外のランキング方式で発表することもあった。くわしくはランキングVTRの節を参照。
ゲストライブ
「COUNT DOWN LIVE」「COUNT BREAK」「COUNT DOWN VISITORS」「総集編のCOUNT DOWN PLAY BACK)
ランキング入り期待曲情報
テロップによる紹介であったが、アイドル出演時にはアイドル本人による紹介があった。
スクープ!芸能速報(第1回のみ)
芸能デスクの石山裕(当時スポーツニッポン文化社会部所属)による芸能情報の紹介。
COUNT DOWN THEATER(第1回のみ)
「佐渡の恋唄」という舞台コントを実施。内容は、佐渡で昔付き合っていたという女性(高橋由美子)を兄貴(細川たかし)と舎弟(山田邦子)がとある飲み屋へ探しに行ったら、そこで女性と出会ったので、彼女を取り戻すために大声コンテストで決着をつける[誰と?]。勝てば女性を取り戻せるが、負けると借金を耳を揃えて返さなければならないというルールで行った。
出演者
  • 兄貴:細川たかし
  • 舎弟:山田邦子
  • ママ:渡辺正行
  • ホステス:大野幹代、高橋由美子、宮前真樹、羽田惠理香

ランキングVTR[編集]

ランキングVTRの曲映像は、PV、ゲストライブ、静止画+音声(例:B'z「BLOWIN'」、今井美樹Blue Moon Blue」)、ビデオ(例:長渕剛「巡恋歌」(JAPAN IN TOKYODOME)、米米CLUB「君がいるだけで(1992年のみ)」(米米CLUB英雄伝説))、番組スタッフが撮影(例:大橋純子愛は時を越えて」、冠二郎」、香田晋手酌酒」、撮影したことは番組内で山田から説明があった。)、を使用していた。

#1 - #12は、100位から発表

  • #1 10秒ずつ(100→81、80→61、60→31、30→1)、変動の矢印マーク、初登場マークなしで数字と色丸のマークのみ。
  • #2、#3 10秒ずつ(100→81、80→61、60→31、30→11、10→1)、#2から変動の矢印マーク、初登場マークが付いた。
  • #4 10秒ずつ(100→81、80→61、60→41、40→21、20→11、10→4)3→1は、3曲一気に1コーラス程度
  • #5 2秒ずつで、映像と下から上へ動くテロップ(100→41)10秒ずつ(40→31、30→21、20→11、10→4)3→1は、1曲ずつ1コーラス程度、最初のCM前に先週のTOP3を振り返るVTRを紹介(#10を除き#21まで続いた。)

この回から、ランキング発表開始にどこの順位かのテロップ(#5のみランキング開始テロップの一番上に放送日の日付が付いていた)、炎のマークに(例、上:THIS WEEK'S TOP、中:100→41、下:DOMESTIC CHART ORIGINAL)が付いたもの と音が付いた。この回のみランキング終了時は、テロップと音がない。

  • #6 ランキング開始の動きと音が変更し、終了時にテロップと音が付いた。(3→1はなし)
  • #9 100→41のテロップが上から下に動くへ変更(視聴者からの指摘による)、40位からの注目曲に★マークが付いた。(詳細は、下記に)
  • #10 年間ランキングを発表、10秒ずつ(100→71、70→41、40→31、30→21、20→11、10→4)3、2は、1コーラス、1は、カールスモーキー石井のコメント付きでほぼフルコーラス、アルバムTOP10も発表(1位は、SUPER BESTII/CHAGE&ASKA
  • #11 ランキング開始と終了時のテロップの動きと音が変更。
  • #12 ランキング開始と終了時のテロップの動きと音が変更、開始時にCDが飛んでくる動きが追加された。

#13 - #20は、40位から発表。

  • #13 ランキング開始と終了時のテロップの動きと音が変更、新曲が多いため100→41は後で発表になりテロップと新曲のみ紹介。
  • #14 ランキング開始の音が少し変更、100→41は2秒ずつに戻った。
  • #15 100位→41位のCG映像が変更し、画面中央のCGのモニターに曲のVTRが流れるようになり、以降#20まで続いた。
  • #21 最終回のため、20位から発表(20→11、10→4、3→1)とゲストライブを振り返る「COUNT DOWN PLAYBACK」というコーナーを放送した。

ランキングマーク[編集]

(#1 - #4は100位 - 1位、#5以降は40位 - 1位) (丸マークの中に白文字で、順位の数字を表示、矢印マークの横は、曲名と歌手名を表示)

ランクアップ ランクキープ ランクダウン 初登場 注目曲


|


  • 初登場は、◎マークの外側に線が付いていて太陽のようになっている。
  • 注目曲のマークは、丸マークの横で、点滅する(『COUNT DOWN TV』には無い)。
  • 注目曲のマークが付いた歌手(注目曲なので、ランクダウンでも付く場合がある。また、#9のみ途中からテロップが消えて少し長く放送した。#12と#14は、テロップが消えないで少し長く放送した)
  • 丸マークは、右回転風に動く。矢印は固定。
  • 丸マーク・矢印は、絵の具で書いたような感じになっている。

100位→41位がテロップで発表となった#5以降の表示

(ランクアップ)
(ランクダウン)
(ランクキープ)
(初登場)
(再登場)

セットなど[編集]

  • #1 - #10 円形テーブルに司会者とゲストが座り、アイドルたち(#1 - #8)は右側の2列ある1人用椅子に座る。出演者の後ろには10個のモニターがあり、番組オープニングの映像、PV、ランキングデータがランダムに表示されていた。右側には大型スクリーンがあった。モニターとスクリーンの間の上のところに電光掲示板があり、「みなさんからの身近な情報をお待ちしています。」などと表示されていた。
  • #4 - #10 観客が入るようになった(出演者の前)。
  • #11 - #21 宇宙をイメージしたセットに変更。客席の左上にロケットの後ろの形したもの[要説明](電球状のものが光るようになっている)が出来、電光掲示板は無くなった。

客席は出演者の後ろになり、その真ん中に階段が出来てそこからゲストが登場していた。客席と出演者席の間には「100」の文字をかたどった大きなセットがあり、電飾されているかのように光り、色が変わったりもしていた。モニターはテレビ画面の向かって右側の客席に縦に複数並べられ、大型スクリーンは向かって左側に設置されていた。さらに、出演者席のテーブル中央にもモニターがあった。

その他[編集]

  • #13では、山田邦子がひとりで司会を務めていた。渡辺正行が番組収録のために抜けていたためであるが、山田は「ナベちゃん、お姉ちゃんたちといっしょじゃないの?」と疑っていた。
  • 100→41のランキング発表時、J-WALKファンだった山田邦子は登場するたびに「ジェイウォ〜ク!」と叫んでいた。毎週登場していたため、山田の絶叫が定番となっていた。J-WALKがゲストで登場した時、山田はゲストライブ後の番組進行ができないほどに興奮していた。
  • 2社以上から発売されたシングルについてはランキングの対象外としていた。例として松任谷由実カールスモーキー石井の「愛のWAVE」(2社)、USED TO BE A CHILDの「僕らが生まれたあの日のように」(3社)がある。
  • ランキングVTRで、HOUND DOG大友康平のまゆげが動くシーンは、ゲスト出演時にユニコーン奥田民生が、「VTRでちょっと気になったシーンがあるんですけど。」[要説明]また、同じ日にゲスト出演した平松愛理が、翌週にFAXでその事についてコメントを寄せる(後述)などがあり、最終回で本人から[誰から?]ふざけてるんじゃないかと番組に連絡があったことを紹介、最終回では別のシーンを使った。
  • 山田は、ゲストのアーティストがライブのため席を立った後や、座る位置が変わった時にいないことが分かっているのに横を見たり、椅子を見たりして「千ちゃんは?」、「あれ、麻倉さんは?」、「J-WALK、私のJ-WALKは?」などと言っていた。
  • #19放送直前のジャンクションにて、高嶋政伸が「このあとは、バナナ大使」と言いながら登場した。また、この回にユニコーンがゲスト出演した際、山田が「ユニコーンの大ファンの高田純次さんの娘さんが観覧に来ていますが、どこにいるかは分かりません」と言った。

ハプニング[編集]

  • #6 小野正利 - 「実は、WANDSと知り合いだったんです」と言ってしまい、後にゲストにWANDSが来ることが分かってしまった。
  • #11 ZOOのライブ終了後に提供クレジットを挟んでCMに入るところだったが、提供クレジットのところで他番組の提供クレジットが表示されるなどして本来のクレジットが表示されないままCMに入ってしまった。このときは『日立 世界ふしぎ発見!』の提供クレジット、『JNNフラッシュニュース』ロゴと関東地区の提供クレジット、『クイズテレビずき!』で使用されるテロップが表示された。
  • #12 江口洋介 - 2番目の終盤付近で楽器の音が止まり、笑ってごまかしながら歌った(スタジオで流れる音声のトラブルのみで、オンエア上は問題が無かった)。ライブ後のトークで、「カラオケをやっちゃだめですね、テレビでカラオケをやるもんじゃないですよ。ハハハ…」と言っていた。
  • #19 オープニングトーク中に、CMに行く時の曲が一部流れてしまった。この時、山田邦子が「何でこの音が出るの〜、ハハハ…」と言った。
  • #21 松田聖子 - CMに行く際に山田が「この後、松田聖子さんが登場です」と言ったためにフライングで登場してしまい、客席がざわついた。また、ゲストライブに行く時、歌う場所が分からずに慌てていた。

FAX紹介[編集]

ランキングの合間にゲストライブまたは曲紹介したアーティストからのFAXを紹介した。紹介する時は、FAXを見せながら内容を言うが、氷室京介の時だけ「直筆ですが見せられません。」ということで見せないで紹介した。紹介したアーティストは以下の人物。

  • THE ALFEE - 新曲(BELIEVE)がTOP10入りしたお祝いのコメント
  • 坂井泉水ZARD) - 負けないでが1位を獲得したことのコメント
  • 高橋ジョージTHE 虎舞竜) - 出演した時のお礼、ハーモニカを贈ったこと、アルバムが完成したら山田邦子に差し上げることのコメント この時、山田邦子は「ジョージ、サンキューベリーマッチ」と言った。
  • 中西圭三 - 山田邦子に提供した曲が発売されたこと、自身のアルバムがオリコンアルバムチャート1位を獲得したことなどのコメント
  • 中村耕一J-WALK) - 出演した時の感想、コンサートが行われることなどのコメント この時、山田邦子は「コンサートのチケット2枚送られてきたんだよね〜、どうしようマネージャーと行っちゃおうかなぁ」と言った。
  • 氷室京介 - 以前に(KISSME)をエンディングテーマに使ってくれたことのお礼、時間があったらスタジオに遊びに行くことなどのコメント
  • 平松愛理 - ランキングVTRで、HOUND DOG大友康平のまゆげが動くシーンが楽しみなどのコメント

エンディング曲[編集]

1位獲得曲[編集]

備考

  • #4と#5の間、1週番組休止し別番組(歌手・タレントがコントなどをする約2時間の番組で、山田と渡辺も出演していた。)を放送したが、エンディングでTOP100のランキングが放送された。この時の1位は、「クリスマスキャロルの頃には」稲垣潤一。
  • 1992年間ランキング放送時の週間ランキングは、放送されていないが、翌週のランク変動でランクキープマークだったので、1位は「世界中の誰よりきっと」中山美穂&WANDS。


ランキング記録[編集]

全期間(第1回から第20回まで)ランクインした曲

  • 「何も言えなくて…夏」J-WALK
  • 「もっと強く抱きしめたなら」WANDS
  • 「サヨナラ」GAO
  • 「こころ酒」藤あや子

全期間(第1回から第20回まで)のベスト3

  • 1位 「世界中の誰よりきっと」中山美穂&WANDS
  • 2位 「もっと強く抱きしめたなら」WANDS
  • 3位 「クリスマスキャロルの頃には」稲垣潤一

TOP100にランクインした曲数(年間ランキングも含む)

TOP10入りしたアーティスト

(登場順、光GENJIと徳永英明は放送休止時にランクインした曲を含む)

第1回(#1)のTOP10

1992年・年間シングルTOP10

1992年・年間アルバムTOP10

最終回(#21)のTOP10

スタッフ[編集]

  • 構成:前田昌平、あべ、樋口弘樹、鶴芳郎、清水理恵、古屋啓子
  • 音楽:服部隆之
  • TD:青木葉吉樹
  • VE:豊中俊榮、大口修
  • 照明:笠原義博
  • 音声:立花成樹
  • 音響:三澤恵美子、芹澤夕美子(サウンズアート
  • 美術プロデューサー:山田満郎
  • 美術デザイナー:相野道生、青木ゆかり、金子俊彦
  • 美術製作:鈴木浩二
  • 編集:立元智弘
  • ディレクター:小笠原知宏、川口直美、十二竜也、宮尾益実、柳崎芳夫
  • AP:吉田裕二、市原博行
  • 協力:株式会社オリコン、Music Labo (ミュージック・ラボ)、日本音楽事業者協会日経エンタテイメント太田プロダクション
  • 製作:石川眞実
  • プロデューサー:大崎幹
  • 演出:落合芳行、十二竜也

脚注[編集]

  1. ^ 他局を含めると、1990年3月に日本テレビの『歌のトップテン』が終了して以来約2年半ぶり。
  2. ^ ifno no darlin'SAY YESWALK僕はこの瞳で嘘をつくLOVE SONGYAH YAH YAH
  3. ^ サヨナラから始めよう離したくはないじれったい愛Bye For Nowおさえきれないこの気持ちすれ違いの純情
  4. ^ Ticket To ParadiseWoman君のいる星あの空を忘れないYou And I
  5. ^ 遠すぎる日々何も言えなくて…夏、何も言えなくて、君にいて欲しい
  6. ^ さよなら Beautiful DaysMagical Dreamer恋をしようよ Yeah! Yeah!胸さわぎの After School
  7. ^ もっと強く抱きしめたなら世界中の誰よりきっと中山美穂&WANDS)、ふりむいて抱きしめて時の扉
  8. ^ もう恋なんてしない北風 〜君にとどきますように〜冬がはじまるよどんなときも。
  9. ^ ジェラシーを微笑みにかえてBrain Sugarせつなさを殺せないKISSに撃たれて眠りたい
  10. ^ 花挽歌恋紅葉流恋草無言坂
  11. ^ 美しい地球(まち)瞳・元気 〜都会のひまわり〜あなたは知らないチャンスの卵
  12. ^ マイ セレナーデ部屋とYシャツと私もう 笑うしかないSingle is Best!?
  13. ^ 声を聴かせてうらはらめちゃくちゃに泣いてしまいたい慟哭
  14. ^ IN MY ARMS TONIGHT眠れない夜を抱いて負けないで
  15. ^ BLOWIN'ZERO愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
  16. ^ You're the Only…Fly AwayForever My Love
  17. ^ 決戦は金曜日晴れたらいいね雪のクリスマス
  18. ^ サヨナラ君にゆられて夢のひと
  19. ^ 笑顔のゲンキ雪が降ってきたずっと忘れない
  20. ^ 君がいるだけでひとすじになれないORION
  21. ^ Good Luck My LoveUrban DanceKISS ME
  22. ^ 男道酒場ひとり河内おとこ節
  23. ^ YA-YA-YAGorgeousChoo Choo TRAIN
  24. ^ 一番偉い人へガラガラヘビがやってくるがじゃいも
  25. ^ JUST BE GUNDA SCHOOL RAPWON'T BE LONG
  26. ^ 川の流れは、からたち野道、島唄
  27. ^ 結詞少年時代5月の別れ
  28. ^ YOU AND Ichu-chu大きなキリンになって
  29. ^ ボーカルの前田亘輝、ギターの春畑道哉が、ソロでランクイン
  30. ^ 加山雄三・谷村新司でもランクイン
  31. ^ YOSHIKIとのユニットV2でもランクイン
  32. ^ 近藤房之助&織田哲郎でもランクイン
  33. ^ メンバーの宇徳敬子が、宇徳敬子&近藤房之助でランクイン
  34. ^ ボーカルの玉置浩二が、ソロでランクイン

関連項目[編集]

TBS系列 土曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
KATO&KENテレビバスターズ
(1992年4月11日 - 1992年9月26日)
突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100
(1992年10月17日 - 1993年3月27日)
自然がいちばん!地球塾
(1993年4月17日 - 1993年9月25日)