渡辺正行と森川由加里のスーパーギャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺正行と森川由加里の
スーパーギャング
(ナベユカのスーパーギャング)
ジャンル トーク番組
バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1988年4月11日 - 1989年4月3日
放送時間 毎週月曜日深夜(火曜日未明)
25:00 - 26:45(午前1:00 - 2:45)
放送局 TBSラジオ
ネットワーク 北海道放送
山陽放送
RKB毎日放送
パーソナリティ 渡辺正行
森川由加里
ディレクター 赤木D[1]
テンプレートを表示

渡辺正行と森川由加里のスーパーギャング』(わたなべまさゆきともりかわゆかりのスーパーギャング、通称『ナベユカのスーパーギャング』)は、1988年4月11日から1989年4月3日まで、TBSラジオ制作の深夜ラジオ番組スーパーギャング』で放送されていたラジオ番組。メインパーソナリティ渡辺正行森川由加里。放送時間は毎週月曜日深夜(火曜日未明)25:00 - 26:45(午前1:00 - 2:45)。

概要[編集]

渡辺正行森川由加里という、当時の深夜ラジオ番組としては珍しかった男女コンビの番組[注釈 1]。渡辺曰く「お笑いの人間と歌手という、全然接点なんかなかった」というコンビでのパーソナリティだったが、渡辺は「一緒に番組やってみると妙に馬が合う」とも話していたことがある[1]

この番組で一番盛り上がっていたと言われていたコーナーが『カム・デ・ギャルソン』コーナー(この詳細については後述)で[2]、このコーナーがあまりにも盛り上がって他のコーナーが放送出来ない日も出て来たほどであった[3]

リスナーからの投書は封書が大半を占め、便箋が週に数百通送られて来たという[1]。そのためスタッフが一通り目を通すだけでも数日かかり、放送中にお便りを紹介するだけでもいっぱいで、曲が1曲もかからない日があったり、番組の流れを切らないようにCMの部分を1パートに集めてまとめて流したりした日もあった[1]。投書は渡辺と森川が交替で読み、読んでない方がそれに合いの手を入れるというパターンであった[1]。そのリスナーたちも、自主的にリスナーの集まりを行っていたことがあった。

1989年4月3日深夜の最終回はリスナー約100人が放送を見守ろうとTBS前に集まったことから、急遽TBSホールからの公開生放送に変更して放送した[4]。そしてこの番組に数回良くゲストとして出演していた少年隊錦織一清が後番組のパーソナリティを継いだ。

主なコーナー[編集]

カム・デ・ギャルソン
BCG体験夜の伏せ字レポート
  • リスナーからのちょっとエッチな体験などのエピソードを紹介[1]

この他、リスナーの身近に居るおじいちゃんやおばあちゃんのエピソードをネタに紹介していたコーナー、など[3]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 月刊ラジオパラダイス(1988年12月号)においては、同じTBSラジオで男女コンビのパーソナリティだった『パックインミュージック』の野沢那智&白石冬美(ナッチャコ)と比較している表現がある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ラジオパラダイス 1988年12月号 p.3 - 5「渡辺正行&森川由加里インタビュー」
  2. ^ a b c d ラジオパラダイス 1988年10月号 p.14
  3. ^ a b ラジオパラダイス 1988年11月号 p.32
  4. ^ a b ラジオパラダイス 1989年6月号「グッバイ最終回特集」p.33
  5. ^ 明星集英社)1989年4月号「おかひろみの満腹ラジオ」p.222
TBSラジオJRN各局 スーパーギャング 月曜日(火曜未明)枠
(1988年4月11日 - 1989年4月3日)
前番組 番組名 次番組
関口誠人のスーパーギャング
渡辺正行と森川由加里
(ナベユカ)のスーパーギャング
錦織一清のスーパーギャング