コンバットII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンバットII
ジャンル バラエティ番組
出演者 出演者を参照
製作
製作総指揮 伊藤征章
プロデューサー 朝妻一
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年5月3日 - 2008年9月20日
放送時間 土曜 25:35 - 26:05
放送枠 DO!深夜
放送分 30分
コンバットII
テンプレートを表示

コンバットII』 (COMBAT II) は、2008年5月3日から同年9月20日までフジテレビで放送されていたコント番組である。『DO!深夜』枠で毎週土曜日 25時35分 - 26時05分に放送されていた。

番組概要[編集]

次世代のフジテレビ芸人を育成し、大成させる事を目的としている。コントは主に社会風刺をテーマにしているが、それ以外の社会現象も取り上げている。オーディションから選ばれた数組の無名若手芸人が半年ごとに行われる選考会での生き残りをかけてコントを行う(下記の「主なコント」を参照)。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

主なコント[編集]

当時行われていたコント[編集]

松岡シュウゾウの熱血コント塾
『コンバット』時代から引き続き行われている名物コント。松岡修造のパロディ。「熱血!テレ朝男」松岡シュウゾウ(小庭)が、コント収録後、オチの一言があまり面白くなかった場合に登場し、「全然OKじゃないよー!」や「なんで面白いことを言わないんだ!」と指導する。ウィンブルドンベスト8の成績を誇りに思っている。サンプラスアガシなど、往年の名テニスプレイヤーの名前をよく口にする。本人が出演している、テレビ朝日コナカなどの名前を露骨に出してくる。「シュウゾウサンバ」など、自作の歌(替え歌)もよく歌い、踊る(番組サイトで着信メロディとして配信されている)。そして非常に打たれ弱い。佐藤江梨子とはライバルで、ネタ中に必ず蹴られる。ひどい時にはスタッフに勝手に終わられる。初期の頃は理不尽にドロップキックをかましたり、ビンタをしたりと型破りな暴力キャラだった。
ちなみに小庭は、『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ)の再現VTRで、松岡修造役を担当したことがある。
松岡シュウゾウの格闘技万歳
シュウパン
『コンバット』時代から引き続き行われている、『ショーパン』のパロディ。アバンタイトルで不定期にやることが多い。司会の松岡シュウゾウ(小庭)が毎回メンバーにボケとツッコミの仕方を要求するが結局グダグダになってしまう。
文学座から来た○○ 〜俳 優太郎〜
文学座出身の「俳 優太郎」(斉藤)は、どんな場面でも舞台俳優としての信念に基づいて行動するため、周囲を困惑させる。発声練習のお題は「東京23区」で、何故か「目黒!」と叫び、決めポーズをとる。常に帝国劇場の3階席に届く声を意識して発声を行っている。
ヲバ芸
『コンバット』時代から引き続き行われている名物コント。ヲタ芸ならぬオバサンに扮したヲバ芸で毎週模したアーティスト(渡辺)の単独歌唱に独特の掛け声と派手な踊りを行うコント。レポーターの宮瀬茉祐子が公開収録の現場に登場し、オバ様たちにインタビュー。その途中でお目当てのアーティストがスタジオ入りして収録開始。オバ様ファンたちはそのアーティストを邪魔しないように応援をすることになっているが、結局歌唱の邪魔となっている。曲のイントロの始めは必ず「バーゲン クーポン 通販 てもみん マツケン ウォンビン ジャッジャーン」で始めている。
初めの頃はアップテンポ調の曲だったが、回を重ねるごとにバラードなど色んなアーティストの曲を歌うようになった。どう考えても曲調に合わない曲でも同じような派手な踊り(OADPPPH、マワリ、ロマンスなど)で邪魔をし、毎回ではないがそのアーティストを突き飛ばしたりすることもある。
Y・M・C・A 〜今どきのギャル社会人〜
『コンバット』時代から引き続き行われている。(Y)よっちゃん(岡見)、(M)ミスエ(三須)、(C)シーちゃん(石井)、(A)アキ(秋山)の4人の会話にあるギャル社会人のリアルな意見をコントにしたコーナー。『コンバット 』では女子高生であったが、IIでは卒業し、ミスエは派遣社員として信用金庫で勤務、それ以外の3人はキャバクラ嬢になっている。ちょっと常識のあるミスエの正義が試される。が、大抵結局は他の3人に流されるように犯罪行為などに加担してしまう。
青森の嫁
青森出身の花嫁(高坂)とその父(太田)の親子愛を描くコント。盛り上がってくると、津軽弁で話し出すため、2人の世界になってしまい、瓶を頭で叩き割る、銃を発砲するなど父が大暴走していく。
ギャルの嫁
ギャルの花嫁(高田)とその父(斉藤)のコント。
ピアノマン
彼氏にひどい振られ方をする女性(倉科)に、ピアノマンこと光顔過男(岡見)が自作の歌を演奏し、プレゼントする。女性は胸を打たれるが、光顔から気持ち悪い要求をされ、ビンタをして去っていく。
一本背 負
植田家の人々
マッチョマン
マッチョマン(太田)が海パン一丁で大暴走する。後にタケヤマッチョマン(武山)、マッチョウーマン(高坂)も登場した。
祭り好きの男
バイトにかける男
食わへんの次郎
評論女
クリス・ヘップラー
英会話番組の講師「クリス・ヘップラー」(斉藤)が、自作の例文を使い、構文を紹介していく。例文は下ネタの要素が強いものであり、司会(太田)からは批判を受けるが、なぜか生徒からは好評である。
シンジとヒロ
ダルビッチュ
笑いを語る男 〜実録・たまりの川島佐助〜
「コンバットで最も出番の少ない男」川島佐助が、メンバーの笑いに関する悩みに対し、熱く持論を展開する。しかし誰にも相手にされず、挙句の果てにメンバーはコントの収録に行ってしまい、出番のない川島は1人取り残される。
卒業 〜贈る言葉〜
最終回で放送された企画。「コンバットで最も出番の少ない男」川島佐助が、メンバー1人1人に対してダメ出しを行う。

過去に行われたコント[編集]

パニパニパーティー
『コンバット』時代から引き続き行われている。コスプレ趣味を持つ中年男性(秋山、太田、斉藤)を描くコント。最後に島津さん(秋山)が「美少女戦隊パニパニパーティーのテーマ」を歌う。
『コンバットII』では、「美少女戦隊パニパニパーティー」のファンであるカメラ小僧こと韮沢さん(三須)が、実は財閥の御曹司だったことが明らかになった。
ルーキーっす!
ドラマ『ROOKIES』のパロディ。一癖ある教師が、野球部の監督に就任する。
ラスト・フレズ
ドラマ『ラスト・フレンズ』のパロディ。女性(高坂)が友人(倉科)に迫るが失敗。結局、友人の彼氏(鈴木)が登場し、家を追われる。
この中だったら…
3人組アイドルユニット(perfumeがモチーフ)(高坂、岡見、石井)の中で、「誰が一番タイプか?」を男性視聴者(武山、鈴木、渡辺)が話し合う。高坂だけが選ばれず、視聴者にキレる。
クイズ・ヘイキサゴン
テレビで公開しても「平気」な出演者の秘密(実際は隠しておきたい秘密である)を、クイズ形式で暴露するコーナー。

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) 土曜日 25時35分 - 26時05分 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 土曜日 25時35分 - 26時05分 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 月曜日 24時45分 - 25時15分 9日遅れ
宮城県 仙台放送(OX) 月曜日 24時45分 - 25時15分 9日遅れ
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) 木曜日 24時35分 - 25時05分
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 土曜日 25時35分 - 26時05分 同時ネット
富山県 富山テレビ(BBT) 火曜日 25時40分 - 26時10分
長野県 長野放送(NBS) 月曜日 24時35分 - 25時05分
静岡県 テレビ静岡(SUT) 月曜日 24時45分 - 25時15分 9日遅れ
中京広域圏 東海テレビ(THK) 金曜日 26時05分 - 26時35分 20日遅れ
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 土曜日 25時35分 - 26時05分 同時ネット
広島県 テレビ新広島(TSS) 月曜日 24時35分 - 25時05分 9日遅れ
福岡県 テレビ西日本(TNC) 木曜日 24時35分 - 25時05分 12日遅れ
佐賀県 サガテレビ(sts) 火曜日 24時35分 - 25時05分
大分県 大分放送(OBS) 火曜日 24時25分 - 24時55分 24日遅れ、TBS系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 土曜日 25時05分 - 25時35分
熊本県 テレビ熊本(TKU) 土曜日 25時05分 - 25時35分

スタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:伊藤征章
  • プロデューサー:朝妻一
  • ディレクター:小仲正重
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンバット Vol.1” (日本語). HMV ONLINE. ローソンHMVエンタテイメント. 2012年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ 土曜日25:35 - 26:05枠(『DO!深夜』第1部)
前番組 番組名 次番組
コンバット1.5
(2008.4.12 - 2008.4.26)
コンバットII
(2008.5.3 - 2008.9.20)
ゴールドハウス
(2008.10.18 - 2009.3.14)