路線バスで寄り道の旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
路線バスで寄り道の旅
ジャンル 紀行番組
出演者 徳光和夫
田中律子
ゲスト1人
ナレーター 生野文治
オープニングなんとなくなんとなく
ザ・スパイダース
エンディング 「どうにかなるさ」
かまやつひろし
製作
製作総指揮 寺田伸也(GP)
プロデューサー 寿崎和臣(テレビ朝日)
大垣信良えすと
制作 テレビ朝日
放送
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式ウェブサイト
路線バスで寄り道の旅(単発シリーズ)
放送期間2013年3月3日 - 2015年3月1日
放送時間日曜 14:00 - 15:25
→13:55 - 15:20
放送枠サンデープレゼント
放送分85分
回数11
路線バスで寄り道の旅(レギュラー版・2015年4月から2016年3月まで)
放送期間2015年4月5日 - 2016年3月27日
放送時間日曜 15:25 - 16:30
放送分65分
路線バスで寄り道の旅(レギュラー版・2016年4月から2018年4月15日まで)
放送期間2016年4月3日 - 2018年4月15日
放送時間日曜 15:20 - 16:30
放送分70分
路線バスで寄り道の旅(レギュラー版・2018年5月6日から2020年9月27日まで)
放送期間2018年5月6日 - 2020年9月27日
放送時間日曜 15:20 - 16:25
放送分65分
路線バスで寄り道の旅(レギュラー版・2020年10月4日から)
放送期間2020年10月4日 -
放送時間日曜 16:15 - 17:25
放送分70分
路線バスで寄り道の旅 夫婦で夏休みスペシャル
放送期間2014年8月3日 - 8月17日
放送時間日曜 13:25 - 14:50
→13:55 - 15:55
→13:55 - 15:20
回数3

特記事項:
2015年3月1日放送分まで。
その他のスペシャル版は放送日・放送時間を参照
テンプレートを表示

路線バスで寄り道の旅』(ろせんバスでよりみちのたび)は、テレビ朝日にて2015年4月5日より毎週日曜日16:15 - 17:25に放送されている紀行番組である。

レギュラー放送に先立ち、テレビ朝日系列の「サンデープレゼント」枠にて2013年から2015年にかけて不定期で放映された。

概要[編集]

徳光和夫田中律子にゲスト1人を加えた3人[1] で、主に関東地方(全国に足を伸ばす回もある)を運行する路線バスを乗り継ぎ、名所など巡りながら自由気ままに旅をする番組である。

特筆すべき点として、類似番組である「ローカル路線バス乗り継ぎの旅シリーズ土曜スペシャル)」(テレビ東京系列)では、高速バスでの移動が禁止されているのに対し、この番組ではそれを使った移動が許されている。実際に単発第2弾・第11弾などで出発地から目的地まで高速バスを使って移動している。

沿線の飲食店や博物館等、乗車するバス路線沿線での「寄り道」を中心としているため移動距離が短く、時間には比較的ルーズで進行していく。ゴールを決めてから旅を始めるが、時間がなくなり、「寄り道」したまま番組が終わることもある。

また、番組内で流れるBGMには、主にザ・スパイダースなどグループ・サウンズの曲、1970年代から80年代の歌謡曲や過去にテレビ朝日で放送されたアニメの劇伴なども使用されている。

徳光は当番組内でマイペースな面を垣間見せる事が多く、走行中のバス内で居眠りをしてしまう場面が番組の定番となっている。

2015年4月5日よりレギュラー放送開始[2]。なお、徳光にとってテレビ朝日のレギュラー出演番組はフリーになってから25年半(26年)にして当番組が初であり[3]2011年3月末に『TheサンデーNEXT』『DON!』(いずれも日本テレビ系列)が終了して以来約4年ぶりに、地上波テレビ放送における徳光のレギュラー番組が復活した。

2016年4月3日放送分から5分繰り上げ・拡大し、15:20 - 16:30での放送だったが、2018年5月6日放送分から再び5分短縮し、15:20 - 16:25での放送となる[4]

2018年秋からはおおむね3回に1回は再放送となっているが、「再編集」と称し、新録の最新スポット情報が挿入されている。

2020年春以降は新型コロナウイルスの影響で通常のロケが難しくなったため、再編集版を放送する措置を取った。同年8月から新作の収録を再開しており、バスを貸し切り、ADまたはテレビ朝日の女性アナウンサー佐藤ちひろ等)がレポーター役になる形でロケを行っている。

2020年10月4日より局の秋季番組改編に伴い放送時間を55分繰り下げ・5分拡大し、16:15 - 17:25での放送となる。また同年10月25日放送分から『路線バスで寄り道&お買い物の旅』のタイトルで放送され、番組冒頭に、田中がスタジオ収録した通販番組『お買い物の旅 ものコンシェルジュ』(「じゅん散歩」の同名コーナーに準じた内容。ロッピングライフ制作)を約6分程度放送する構成となっている。

現在、CS放送テレ朝チャンネル2にて不定期で再放送が行われている。

出演者[編集]

レギュラーナビゲーター[編集]

ナレーション[編集]

  • 生野文治[8]
  • 千葉聡司 - 2020年4月12日[9] や5月10日[10] 放送分など再編集回の一部ナレーション(「路線バスで寄り道の旅さらに寄り道」)を担当。
  • ナホミカンデル - 2020年5月24日[11] 放送分の一部ナレーション(過去の名場面集の部分)を千葉と共に担当。
  • 角川幸恵 - 2021年1月31日[12] 放送分など再編集回の一部ナレーション(「路線バスで寄り道の旅おまけの寄り道」)を担当。

単発番組時代(2013年 - 2015年)[編集]

放送日・放送時間[編集]

放送回 放送年 放送日 放送時間(JST ゲスト 備考
1 2013年 3月3日 14:00 - 15:25 佐藤仁美
2 5月26日 新山千春
3 7月14日 はしのえみ
4 8月18日 13:55 - 15:20 相田翔子
5 9月29日 磯山さやか 関東以外は14:00 - 15:25に放送
特別編 11月10日 新山千春、磯山さやか 第2・5回の再編集版。関東以外は14:00 - 15:25に放送
年末スペシャル 12月29日 6:00 - 8:00 相田翔子、山口もえ
6 2014年 2月2日 13:55 - 15:20 中山エミリ 関東以外は14:00 - 15:25に放送
特別編 3月30日 15:30 - 17:25 中山エミリ 第6回の再編集版、「スペシャルサンデー」枠にて放送
路線バスで寄り道の旅×
若大将のゆうゆう散歩
スペシャル
3月31日 19:00 - 21:48 萩本欽一
加山雄三[13]
和田アキ子
中村雅俊
坂本冬美
全国ネットで放送
7 4月20日 13:55 - 15:20 長山洋子
8 6月8日 酒井美紀
夫婦で夏休みスペシャル1 8月3日 13:25 - 14:50 野々村真俊恵夫妻 テレ朝人気番組集結1日丸ごと夏祭りデー」として放送
夫婦で夏休みスペシャル2 8月10日 13:55 - 15:55 石田純一東尾理子夫妻
夫婦で夏休みスペシャル3 8月17日 13:55 - 15:20 中尾彬池波志乃夫妻
特別編 10月5日 磯山さやか 第5回の再編集版に、新たに徳光単独でロケした旅を加えた構成
9 11月9日 三田寛子
東京下町制覇スペシャル 11月22日 16:00 - 17:25 相田翔子、山口もえ シリーズ初の土曜日の放送。年末スペシャルの再編集版
2015新春5時間スペシャル 2015年 1月2日 13:00 - 18:00 坂下千里子
露木茂
押阪忍
琴欧州親方
鈴木史朗
特別編 1月24日 13:59 - 15:25 中山エミリ 土曜日の放送。内容は第6回の再放送
10 2月1日 13:55 - 15:20 千秋
11 3月1日 浅香唯
徳さん珍道中
すべて見せますスペシャル
3月29日 15:30 - 17:25 (総集編) 「スペシャルサンデー」最終番組として放送
当日はSATVyabへもネット

各回のルート[編集]

第7弾(南房総編)
木更津駅】 - (日東交通・八幡台ニュータウン線) - 【羽鳥野6丁目】 - (徒歩で移動) - 【木更津羽鳥野バスストップ】 - (日東交通・南総里見号) - 【とみうら枇杷倶楽部】 - (館山日東バス・市内線) - 【崖観音前】 - (館山日東バス・市内線) - 【船形港前】 - (館山日東バス・市内線) - 【城山公園前】 - (JRバス関東洲の崎線) - 【休暇村館山前】 - (JRバス関東・洲の崎線) - 【洲の崎灯台前
第9弾(日光・鬼怒川編)
  • 一日目
秋葉原駅】 - (茨城交通関東やきものライナー) - 【陶芸メッセ入口】 - (東野交通・益子真岡水橋線) - 【JR宇都宮駅】 - (関東自動車JR宇都宮駅 - 日光東照宮線) - 【神橋】 - (徒歩で移動) - 【日光東照宮】 - (徒歩で移動) - 【日光総合支所】 - (関東自動車・JR宇都宮駅 - 日光東照宮線) - 【下今市】 - (徒歩で移動) - 【下今市駅】 - (日光交通・鬼怒川線) - 【温泉中央口】
  • 二日目
【温泉中央口】 - (日光交通・湯西川線) - 【龍王峡入口】
第10弾(深大寺 - 石和編)
渋谷駅】 - (小田急バス渋24) - 【松陰神社前】 - (小田急バス・渋26) - 【調布駅南口】 - (徒歩で移動) - 【調布駅北口】 - (小田急バス・吉06) - 【深大寺入口】 - (徒歩で移動) - 【中央道深大寺】 - (富士急行中央高速バス) - 【河口湖駅】 - (富士急山梨バス・河口湖周遊バス) - 【遊覧船・ロープウェイ入口】 - (富士急山梨バス・河口湖周遊バス) - 【河口湖美術館】 - (富士急山梨バス・甲府方面) - 【石和温泉駅入口】
夫婦で夏休みスペシャル1(長野・軽井沢編)
佐久平駅】 - (千曲バス・佐久上田線) - 【小諸駅前】 - (小諸市コミュニティバス「小諸すみれ号」(平原線)) - 【桜ケ丘団地】 - (徒歩で移動) - 【三ツ石公民館】 - (軽井沢町内循環バス・西コース) - 【中軽井沢駅】 - (軽井沢町内循環バス(東・南廻り線)) - 【旧軽井沢】 - (草軽交通・草軽線) - 【白糸の滝】 - (草軽交通・草軽線) - 【軽井沢駅】 - (西武高原バス池袋 - 軽井沢線) - 【練馬駅】 - (都営バス白61) - 【新宿駅西口】 - (都営バス・品97) - 【西麻布

レギュラー放送(2015年 - )[編集]

放送日・放送内容[編集]

※ルートは出発地、終着地、寄り道スポットを表示し、乗り換えのみで寄り道しなかった駅などは一部省略している。

2015年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
1 4月5日 池袋駅板橋本町高円寺駅阿佐ケ谷駅荻窪駅吉祥寺駅 坂下千里子
2 4月12日 伊勢佐木町磯子八景島横須賀葉山 相田翔子
3 4月26日 池袋駅→赤羽駅鳩ヶ谷大宮川越 山口もえ 2時間半SP(13:55 - 16:30)
4 5月17日 東京スカイツリー向島堀切菖蒲園京成立石駅柴又帝釈天 (なし)
5 5月24日 (第1回、第2回放送のまとめ、未公開映像を含む特別編) 坂下千里子、相田翔子 2時間半SP(13:55 - 16:30)
6 5月31日 渋谷駅下北沢経堂駅千歳船橋駅祖師ヶ谷大蔵駅 (なし)
7 6月7日 茅ケ崎駅藤沢駅江ノ島鎌倉逗子 中山エミリ
8 6月14日 三崎港→横須賀→本牧横浜中華街みなとみらい 酒井美紀 単発放送(第8弾)の再編集版
9 6月21日 川崎駅羽田羽田空港神保町江戸川橋目白 三田寛子
10 6月28日 新宿駅相模湖高尾山秋川渓谷 はしのえみ 単発放送(第3弾)の再編集版
11 7月5日 八王子駅→秋川→福生檜原村 祥子
12 7月12日 東京駅久留里鴨川小湊 森尾由美
13 7月26日 松本塩尻岡谷蓼科六本木 桑山哲也藤田朋子夫妻 2時間半SP(13:55 - 16:30)
14 8月9日 長野小諸軽井沢練馬→六本木 野々村真・俊恵夫妻 単発放送(夫婦で夏休みスペシャル1)の再編集版
15 8月16日 船橋駅鎌ケ谷市川小岩葛西 松本明子
16 8月30日 小田原駅真鶴湯河原 浜口京子
17 9月6日 品川駅大井町平和島→羽田空港→川崎 はいだしょうこ
18 9月27日 羽田空港→新横浜駅綱島駅六角橋 安田美沙子
19 10月18日 二子玉川駅等々力自由が丘祐天寺中目黒目黒東京タワー 飯田圭織吉澤ひとみ 2時間SP(13:55 - 16:00)
20 10月25日 野毛町桜木町馬車道 (なし) 単発放送(特別編)の再編集版[14]
21 11月8日 東京駅→室町馬喰町入谷上野谷中 知念里奈
22 11月15日 伊東駅堂ヶ島下田弓ヶ浜 紫吹淳
23 11月29日 秋葉原駅益子宇都宮日光鬼怒川温泉 三田寛子 単発放送(第9弾)の再編集版
24 12月20日 新宿駅→中野駅→阿佐ケ谷駅→西荻窪駅 ホラン千秋
2016年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
25 1月17日 押上駅浅草北千住駅西新井大師 堀ちえみ 最終目的地は赤羽八幡神社だったが、
神札所の受付時間に間に合わず途中で終了
26 1月31日 大宮駅→川越→新所沢駅 石野真子
27 2月7日 国分寺駅小平霊園小金井公園花小金井駅
吉祥寺駅→仙川駅→二子玉川駅
橋本マナミ
28 2月14日 東京駅→日本橋浜町人形町銀座 篠原ともえ 5分拡大(15:20 - 16:30)
浜町で明治座公演中の伍代夏子藤あや子に突撃訪問
29 2月21日 渋谷駅→深大寺河口湖石和温泉 千秋 単発放送(第10弾)の再編集版
30 3月13日 千葉駅四街道佐倉富里成田山 遼河はるひ
31 3月20日 春日駅巣鴨白山千駄木上野広小路→浅草 萩本欽一 2014年3月31日放送回(「路線バスで寄り道の旅×
若大将のゆうゆう散歩スペシャル」)の再編集版[15]
エンディングで真屋順子が特別出演
32 3月27日 新宿駅→三島修善寺伊豆湯ヶ島河津 浅香唯 単発放送(第11弾)の再編集版
33 4月3日 飯田橋駅春日→白山→駒込 久保純子 この回より放送時間が15:20 - 16:30となる
34 4月10日 木更津駅南房総館山 長山洋子 単発放送(第7弾)の再編集版
35 4月24日 浦賀港久里浜衣笠山公園横須賀ドブ板通り→馬車道→桜木町 清水ミチコ
36 5月1日 サンシャインシティ大山志村坂上下赤塚 真琴つばさ 5分拡大(15:15 - 16:30)
37 5月15日 秋葉原駅→鶯谷三ノ輪吉原蔵前 奥菜恵
38 5月29日 (第7回の再編集版) 中山エミリ エンディングに中山エミリの近況報告を交えて再編集
39 6月5日 浜松町駅酒々井プレミアム・アウトレット佐原小見川 山田まりや 最終目的地は銚子だったが、小見川で銚子方面の
最終バス(旭駅で乗り継ぎ)に間に合わず途中で終了
40 6月19日 駒込駅旧古河庭園飛鳥山公園十条→赤羽 松居直美
41 6月26日 (第9回の再編集版) 三田寛子
42 7月10日 横浜駅→洪福寺→よこはま動物園大和駅 田中みな実
43 7月24日 草津温泉北軽井沢→軽井沢→新宿南青山→六本木 まこと富永美樹夫妻、
祥子、重盛さと美
2時間半SP(13:55-16:30)
祥子と重盛は2日目のロケ(新宿→六本木)のみ参加
44 7月31日 河口湖駅富士山駅忍野八海山中湖→三島→六本木 中尾彬・池波志乃夫妻 単発放送(夫婦で夏休みスペシャル3)の再編集版
45 8月7日 三笠公園横須賀中央駅三浦海岸→三崎港→葉山 河北麻友子
46 8月14日 渋谷駅→恵比寿戸越銀座蒲田→天空橋 おのののか
47 9月4日 鎌倉駅和田塚龍口寺新江ノ島水族館→藤沢駅 熊田曜子 最終目的地は茅ヶ崎だったが、
夕食の店探しの時間を考慮して途中で終了
48 9月18日 東京駅→つくばセンター筑波山神社筑波山 すみれ
49 9月25日 (第16回の再編集版) 浜口京子
50 10月2日 表参道代官山原宿竹下通り目黒駅 国生さゆり 最終目的地は新橋だったが、豪雨のため途中で終了
51 10月9日 北本駅グリコピア・イースト桶川駅→川越→鉄道博物館 松本伊代
52 10月23日 (第21回の再編集版) 知念里奈
53 11月6日 東宝スタジオ桜新町駅都立大学駅武蔵小山駅川崎駅 鈴木奈々
54 11月13日 (第22回の再編集版) 紫吹淳
55 11月27日 新宿駅→中野坂上目白駅江古田駅 岩崎宏美
56 12月11日 曳舟川親水公園亀有駅金町駅→柴又帝釈天→東京スカイツリー 南野陽子
57 12月18日 (第24回の再編集版) ホラン千秋
2017年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
58 1月15日 みさと団地新三郷駅葛西神社→しばられ地蔵→草加駅 井森美幸
59 1月22日 ガス橋新丸子駅武蔵小杉駅溝口よみうりランド 渡辺満里奈
60 1月29日 (第26回の再編集版) 石野真子
61 2月12日 護国寺小石川文京シビックセンター神楽坂千駄木 橋本マナミ、祥子
62 2月19日 (第28回の再編集版) 篠原ともえ
63 3月12日 上石神井駅石神井公園東映撮影所豊島園練馬駅 細川直美
64 3月19日 新横浜駅→崎陽軒横浜工場→保土ケ谷駅藤棚商店街→伊勢佐木町 乙葉
65 3月26日 (第33回の再編集版) 久保純子
66 4月2日 ふなばしアンデルセン公園→船橋駅本八幡駅
浦安駅舞浜駅東京ディズニーランド
有森也実
67 4月16日 (第3回の再編集版) 山口もえ 再編集版では赤羽駅より放送スタート
68 4月23日 隅田公園→蔵前→浅草橋中央区役所勝どき 菊川怜 蔵前で近所在住の岩崎ひろみに遭遇し、
ランチの店を紹介してもらった
69 4月30日 (第35回の再編集版) 清水ミチコ
70 5月14日 大宮駅→盆栽村岩槻駅越谷駅南越谷駅 押切もえ
71 5月21日 新富町→日本橋→室町→人形町→銀座 伍代夏子
72 5月28日 (第39回の再編集版) 山田まりや
73 6月4日 お鷹の道→国分寺駅→津田塾大学
武蔵野美術大学国立音楽大学立川駅
伊藤裕子
74 6月18日 向島本所両国鐘ヶ淵駅 森口博子 本所で鳴戸部屋[16] を訪問し、ちゃんこをご馳走してもらう
75 6月25日 (第42回の再編集版) 田中みな実
76 7月2日 首里城牧志公設市場宜野湾 菊地亜美 単発放送時代を含めて、
番組初の関東近郊以外の地方ロケ
77 7月9日 宜野湾→コザ恩納村 斉藤慶子 恩納村で田中律子の自宅を突撃訪問
78 7月23日 二子玉川緑地→二子玉川駅→成城学園前駅
オークラランド三軒茶屋→下北沢→六本木
石田純一・東尾理子夫妻 単発放送(夫婦で夏休みスペシャル2)の再編集版
79 7月30日 本栖湖鳴沢氷穴西湖→河口湖駅→
山中湖→新宿駅→千駄ケ谷駅→表参道→六本木
アニマル浜口・浜口初枝夫妻、
浜口京子
徳さん&おもしろ家族2017夏休みSP(15:20 - 17:30)
浜口初枝は2日目のロケ(新宿→六本木)のみ参加
80 8月6日 江ノ島→鎌倉山披露山公園逗子駅→葉山 岩崎ひろみ
81 8月13日 御幸公園→川崎駅→木更津駅→三井アウトレットパーク袖ケ浦駅 滝沢沙織 最終目的地は東京ドイツ村の花火鑑賞だったが、
袖ケ浦駅で最終バスに間に合わず、
途中折返しのバス停付近で花火鑑賞をして終了
82 9月3日 伊勢山皇大神宮→馬車道→よこはまコスモワールド
横浜中華街→山下公園
大久保佳代子
オアシズ
20分短縮(15:40 - 16:30)[17]
83 9月17日 (第17回の再編集版) はいだしょうこ
84 9月24日 谷中霊園→谷中→上野駅→南千住駅町屋駅 笛木優子 最終目的地は三河島だったが、
町屋で元・フィンガー5の玉元正男経営の店に
偶然立ち寄り、話が弾んだため終了
85 10月1日 所沢駅いも街道本川越駅 藤田ニコル
86 10月8日 (第53回の再編集版) 鈴木奈々
87 10月22日 荒川河川敷→北千住駅→西新井大師→川口オートレース場西川口駅 松本明子 川口オートレース場で森且行選手と面会
88 11月5日 千駄木→巣鴨→春日→共立女子大学 柳原可奈子
89 11月19日 (第55回の再編集版) 岩崎宏美
90 11月26日 東京駅→有楽町駅新橋駅中目黒駅→渋谷駅 田中美奈子
91 12月17日 (第56回の再編集版) 南野陽子
92 12月24日 (第25回の再編集版) 堀ちえみ
2018年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
93 1月14日 鎌倉逗子ハイランド→鎌倉宮→鎌倉駅→江ノ島 安田美沙子
94 1月21日 (第27回の再編集版) 橋本マナミ
95 1月28日 (第58回の再編集版) 井森美幸
96 2月4日 四ツ谷駅麹町市ケ谷駅→飯田橋駅→神楽坂→四ツ谷駅 中井美穂 麹町で仕事帰りの徳光正行に遭遇
飯田橋で帝拳ボクシングジムを訪問し、
練習中の長谷川穂積山中慎介に遭遇
97 2月11日 (第63回の再編集版) 細川直美
98 2月25日 綱島駅→日吉駅新川崎駅池上駅新馬場駅お台場 椿鬼奴
99 3月4日 深大寺→吉祥寺駅→三鷹駅調布駅 小沢真珠
100 3月18日 (第66回の再編集版) 有森也実
101 4月1日 芝公園田町駅麻布十番駅広尾駅乃木坂 安めぐみ 10分短縮(15:30 - 16:30)[18]
102 4月8日 (第70回の再編集版) 押切もえ
103 4月15日 (第71回の再編集版) 伍代夏子
104 5月6日 明治神宮外苑道玄坂→中目黒→自由が丘駅 IMALU この回より放送時間が15:20 - 16:25となる
中目黒で金田正一の自宅を突撃訪問
105 5月13日 磯子駅→浜マーケット→海づり桟橋→馬車道→日ノ出町 川中美幸
106 5月20日 (第37回の再編集版) 奥菜恵
107 5月27日 (第73回の再編集版) 伊藤裕子
108 6月3日 妻沼ゴルフ場→妻沼聖天山熊谷駅森林公園東松山駅 柴田理恵
109 6月10日 (第40回の再編集版) 松居直美
110 6月17日 新座駅立教大学新座キャンパス→浦和競馬場蕨駅→鳩ヶ谷→赤羽駅 長嶋一茂 レギュラー放送初の男性単独ゲスト
111 6月24日 (第76回の再編集版) 菊地亜美
112 7月1日 (第11回の再編集版) 祥子
113 7月8日 東京スカイツリー→浅草→浅草橋→銀座 天童よしみ
114 7月15日 (第80回の再編集版) 岩崎ひろみ
115 7月22日 (第79回の再編集版) アニマル浜口・浜口初枝夫妻、
浜口京子
116 7月29日 町屋駅→三河島水再生センター→浅草→八重洲地下街→新橋駅 田中道子
117 8月5日 見沼代親水公園→竹ノ塚駅堀切菖蒲園駅→京成立石駅 ピーター
118 8月12日 六本木→東京プリンスホテル柴又 河北麻友子
119 9月2日 いなげの浜稲毛海岸駅幕張新都心[19]船橋競馬場 羽野晶紀 ホテルニューオータニで福岡ソフトバンクホークス
工藤公康監督・内川聖一選手、
ビックカメラ女子ソフトボール高崎宇津木麗華に遭遇
120 9月16日 (第47回の再編集版) 熊田曜子
121 9月23日 薬師池公園町田駅→ぬぼこ山→玉川学園青葉台駅 鈴木紗理奈
122 9月30日 (第46回の再編集版) おのののか
123 10月7日 生麦花月園前駅国道駅横浜火力発電所日本大通り野毛 鈴木杏樹
124 10月14日 (第82回の再編集版) 大久保佳代子
(オアシズ)
25分短縮(15:20 - 16:00)[20]
ただし、本放送(第82回)も短縮50分での放送
125 11月4日 池袋駅西口→椎名町駅南長崎東長崎駅→江古田駅 阿佐ヶ谷姉妹 25分拡大SP(14:55 - 16:25)
126 11月18日 (第90回の再編集版) 田中美奈子
127 11月25日 東京駅→日本橋→門前仲町錦糸町駅舞浜 十朱幸代
128 12月16日 高田馬場駅早稲田大学新宿諏訪神社新大久保駅→高円寺駅 藤原紀香
129 12月23日 (第88回の再編集版) 柳原可奈子
2019年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
130 1月13日 熱海駅来宮神社熱海銀座お宮の松 雛形あきこ
131 1月27日 (第61回の再編集版) 橋本マナミ、祥子
132 2月3日 銀座四丁目→東京ミッドタウンニッポン放送本社→皇居外苑
四谷→サンミュージックプロダクション本社→西麻布
石野真子 ニッポン放送本社で生放送中の
ラジオビバリー昼ズ』のエンディング部分に急遽出演
133 2月10日 鐘ヶ淵駅→向島→上野公園→鶯谷 森口博子 最終目的地は浅草だったが、
徳光の気まぐれにより途中で終了
134 2月17日 (第96回の再編集版) 中井美穂
135 2月24日 (第98回の再編集版) 椿鬼奴
136 3月3日 渋谷駅→代々木八幡宮初台笹塚 麻丘めぐみ
137 3月10日 特別編(2018年3月18日放送回)の再編集版 デヴィ・スカルノ
鈴木奈々、藤吉久美子
再編集版では浅草のロケシーンが
ダイジェストのため、熊田曜子の出演はなし
138 3月17日 馬の博物館三溪園横浜雙葉学園元町 八木亜希子
139 3月24日 (第99回の再編集版) 小沢真珠
140 4月7日 成城学園前駅→千歳船橋駅→経堂駅→豪徳寺 熊谷真実
141 4月14日 志木駅十文字学園女子大学→所沢駅→航空公園 今陽子 最終目的地は狭山湖だったが、
徳光の気まぐれにより途中で終了
142 4月28日 (第104回の再編集版) IMALU
143 5月5日 水道橋駅→神保町→淡路町神田明神
湯島聖堂御茶ノ水駅山の上ホテル
陣内孝則
144 5月12日 (第108回の再編集版) 柴田理恵
145 5月19日 千鳥町稲毛神社元住吉駅→等覚院 六平直政
146 6月2日 箱根神社箱根園湖尻大涌谷
箱根ガラスの森美術館天成園
熊田曜子、佐藤エリ
147 6月9日 (第113回の再編集版) 天童よしみ
148 6月16日 (第116回の再編集版) 田中道子
149 6月30日 情報通信研究機構早稲田実業学校サントリー武蔵野ブルワリー→
大東京綜合卸売センター→東京女子体育大学
矢田亜希子 最終目的地は南極・北極科学館だったが、
入館時間に間に合わず途中で終了[21]
150 7月14日 (第110回の再編集版) 長嶋一茂
151 7月21日 (第118回の再編集版) 河北麻友子
152 7月28日 西日暮里駅→巣鴨→池袋駅東口→河田町→新宿三丁目 平野レミ
153 8月11日 六本木→新橋駅→豊洲駅亀戸駅→金町駅 若槻千夏
154 8月18日 新宿駅西口→歌舞伎町→麹町→霞が関→有楽町駅 大場久美子
155 9月1日 迎賓館ホテルニューオータニ東京家政学院大学科学技術館→飯田橋駅 伊藤かずえ
156 9月22日 江ノ島駅→江ノ島→長谷→鎌倉駅 中村静香
157 9月29日 (第51回の再編集版) 松本伊代
158 10月6日 千葉大学病院千葉市科学館千葉神社→千葉駅 勝村政信
159 10月13日 (第87回の再編集版) 松本明子
160 11月24日 日活撮影所→調布駅→神代植物公園→三鷹駅 秋吉久美子
161 12月1日 高幡台団地→高幡不動尊日野駅→八王子駅 真壁刀義 八王子&横浜(秘)穴場スポットSP
(14:30 - 16:25)
万国橋→横浜中華街→山下町横浜橋通商店街黄金町万葉倶楽部 松嶋尚美
162 12月8日 青戸→京成立石駅→柴又帝釈天→金町駅 成田凌 青戸で内藤大助に遭遇
163 12月21日 (第127回の再編集版) 十朱幸代 土曜日10:30 - 11:40枠にて放送
関東ローカルでの放送
164 12月31日 特別編(2019年6月16日放送回)の再編集版 マツコ・デラックス
ミッツ・マングローブ
村上佳菜子
火曜日7:00 - 9:30枠に放送
関東ローカルでの放送
2020年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
165 1月12日 (第130回の再編集版) 雛形あきこ
166 1月19日 荻窪駅→阿佐ケ谷駅→高円寺陸橋→鍋屋横丁 久本雅美 最終目的地は中野坂上だったが、
鍋屋横丁の滞在時間が延びて途中で終了
167 1月26日 (第132回の再編集版) 石野真子
168 2月2日 芝公園→虎ノ門金杉橋文化放送本社→品川駅 山崎静代
南海キャンディーズ
文化放送本社で生放送中の
大竹まこと ゴールデンラジオ!』のエンディング部分に急遽出演
さらに社屋内で峰竜太高田純次浦沢直樹に遭遇
169 2月9日 (第133回の再編集版) 森口博子
170 2月16日 二子玉川楽天クリムゾンハウス→田園調布→新丸子駅→武蔵小杉駅 坂下千里子 楽天クリムゾンハウスで三木谷浩史社長に面会し、
社員食堂でランチをご馳走してもらう
171 2月23日 (第93回の再編集版) 安田美沙子
3月1日は『阿川佐和子檀ふみのお勉強になりました』[22] 放送のため休止。
172 3月8日 有楽町駅→東京駅→人形町→浜町→月島 和田アキ子 浜町で明治座公演中の川中美幸、麻丘めぐみに突撃訪問
173 3月15日 (第128回の再編集版) 藤原紀香
3月22日は『森山良子清水ミチコの音な旅』[22][23] 放送のため休止。
174 3月29日 (第138回の再編集版) 八木亜希子
175 4月5日 黒須銀行ジョンソンタウン飯能駅→名栗温泉 田中道子
176 4月12日 (第136回の再編集版) 麻丘めぐみ
177 4月26日 成東駅浪切不動尊→道の駅みのりの郷東金→東金駅九十九里浜 羽野晶紀
178 5月3日 (第140回の再編集版) 熊谷真実
179 5月10日 (第105回の再編集版) 川中美幸 この回より徳光・田中がテレビ電話で出演し、近況報告やトークを挿入
また再編集部分もテレビ電話を使った取材に変更
180 5月24日 特別編(2018年4月22日放送回)の再編集版 ギャル曽根
潮田玲子
80分拡大SP(14:00 - 16:25)
過去に三浦半島を訪問した複数回の名場面集も挿入
181 5月31日 (第145回の再編集版) 六平直政
182 6月14日 (第143回の再編集版) 陣内孝則
183 6月21日 (第146回の再編集版) 熊田曜子、佐藤エリ 過去に伊豆・箱根を訪問した複数回の名場面集も挿入
184 6月28日 (第77回の再編集版) 斉藤慶子
185 7月5日 (第81回の再編集版) 滝沢沙織 この回より徳光・田中のテレビ電話の出演が無くなり、通常の再編集版として放送
186 7月12日 (第117回の再編集版) ピーター
187 7月19日 (第85回の再編集版) 藤田ニコル
188 7月26日 (第84回の再編集版) 笛木優子
189 8月2日 東京タワー→赤坂氷川神社→銀座→豊洲大橋 氷川きよし この回よりバスを貸切運行にして、ロケを再開
190 8月9日 (第149回の再編集版) 矢田亜希子
191 8月16日 国立競技場→阿佐ケ谷駅→ボートレース多摩川→東京地球農園 阿佐ヶ谷姉妹
192 8月30日 (第119回の再編集版) 羽野晶紀
193 9月6日 大井ふ頭野沢→西新井大師→一ツ家葛西臨海公園 かたせ梨乃
194 9月20日 (第161回前半の再編集版) 真壁刀義
195 9月27日 高尾山→八王子カントリークラブ→滝山町小比企町 松居直美
196 10月4日 サザンビーチちがさき大磯プリンスホテル大山平塚 熊切あさ美 この回より放送時間が16:15 - 17:25となる
197 10月11日 渋谷→銀座→東京ミズマチヒルトン東京お台場 相田翔子
198 10月25日 (第160回の再編集版) 秋吉久美子
199 11月8日 築地本願寺高輪相模大野駅山下町→横浜中華街 内田恭子
200 11月22日 (第166回の再編集版) 久本雅美
201 11月29日 ホテル一宮シーサイドオーツカ→一宮乗馬センター→焼はま街道→九十九里浜 松本明子
202 12月6日 特別編(2019年1月2日放送回)3日目の再編集版 イルカ
中村雅俊
25分短縮(16:40 - 17:25)[24]
再編集版では皆野より放送スタート
203 12月13日 武蔵村山東村山→狭山湖→青梅 山口もえ
2021年
放送回 放送日 ルート ゲスト 備考
204 1月10日 (第162回の再編集版) 成田凌
205 1月17日 目黒不動尊八芳園→浅草→MEGAWEB→日本橋 おのののか
206 1月24日 (第168回の再編集版) 山崎静代
(南海キャンディーズ)
207 1月31日 (第161回後半の再編集版) 松嶋尚美
208 2月7日 (第170回の再編集版) 坂下千里子
209 2月14日 (第172回の再編集版) 和田アキ子
210 2月21日 (第98回の再編集版)※2回目 椿鬼奴
211 2月28日 特別編(2018年3月18日放送回)の再編集版 ※2回目 デヴィ・スカルノ、
鈴木奈々、熊田曜子
再編集版では新小岩のロケシーンが
ダイジェストのため、藤吉久美子の出演はなし
212 3月7日 (第175回の再編集版) 田中道子
213 3月14日 (第101回の再編集版) 安めぐみ
214 3月21日 (第138回の再編集版)※2回目 八木亜希子
215 3月28日 (第141回の再編集版) 今陽子
216 4月4日 羽村→福生→大國魂神社国分寺→羽田 加藤紀子
217 4月11日 (第104回の再編集版)※2回目 IMALU
218 4月18日 東京湾観音マザー牧場鋸山野島埼灯台 丘みどり
219 4月25日 (第105回の再編集版)※2回目 川中美幸
220 5月2日 有明豊洲戸越→神楽坂→ホテル椿山荘東京 中山忍
221 5月9日 (第143回の再編集版)※2回目 陣内孝則 55分繰り上げ15分短縮(15:20 - 16:15)[25]
222 5月16日 (第110回の再編集版)※2回目 長嶋一茂
223 5月23日 西東京バス青梅営業所日向和田古里沢井奥多摩湖 小島奈津子
224 6月6日 築地→帝国ホテル→銀座→上野→有明→東京ゲートブリッジ 中川翔子
225 6月13日 (第125回の再編集版) 阿佐ヶ谷姉妹 10分拡大(16:05 - 17:25)
ただし、本放送(第125回)は拡大90分での放送
226 6月20日 京王バス桜ヶ丘営業所→高幡不動尊→深大寺→仙川→三鷹 岩崎ひろみ
227 6月27日 (第113回の再編集版)※2回目 天童よしみ
228 7月4日 湯島天神→浅草→人形町→東日暮里梅田→北千住 五木ひろし
229 7月11日 明治記念館→四ツ谷→太田プロダクション本社→水道橋→錦糸町→亀戸→市川 栗原恵 太田プロダクション本社で松村邦洋に遭遇し、
KBCラジオPAO〜Nのオープニング部分に急遽出演
230 7月18日 (第116回の再編集版)※2回目 田中道子
231 8月1日 總持寺横浜市中央卸売市場保土ケ谷サカタのタネ本社→センター北駅 坂下千里子 横浜市中央卸売市場で出川哲朗の実家を突撃訪問
232 8月8日 (第119回の再編集版)※2回目 羽野晶紀
233 8月15日 ホテル葉山館→逗子鎌倉長谷寺 真壁刀義 15分拡大(16:00 - 17:25)
234 8月29日 (第154回の再編集版) 大場久美子
235 9月5日 (第121回の再編集版) 鈴木紗理奈
236 9月12日 小田原競輪場小田原漁港湯河原→星ヶ山公園 戸田恵子 20分拡大(15:55 - 17:25)
237 9月19日 入間川河川敷→川島→川越→狭山サイボク 近藤春菜
ハリセンボン
238 9月26日 (第152回の再編集版) 平野レミ
239 10月3日 (第127回の再編集版)※2回目 十朱幸代 ただし、1回目の再編集版は関東ローカルでの放送(第163回)
特別編
放送タイトル 放送年 放送日時 ルート ゲスト
(登場順)
備考
2016新春
東京箱根間片道バス乗り継ぎSP
2016年 1月2日(土)
13:00 - 18:00
築地→蒲田→川崎→横浜→
鎌倉→藤沢→小田原→箱根
スザンヌ親子、
はなわ夫妻、
中川家
石井一久木佐彩子夫妻、
大鶴義丹李麗仙親子、
志生野温夫
テレビ朝日、
愛媛朝日テレビ、
山口朝日放送
鹿児島放送のみ放送[26]
志生野はゴール地の宴会シーンのみの出演
徳さん&(秘)美女たち
春の箱根・熱海・南伊豆を制覇SP
4月10日(日)
20:58 - 23:10
熱海→元箱根→三島→
伊豆長岡→修善寺→下田
羽田美智子
武田久美子
かとうれいこ
高島礼子
高岡早紀
日曜エンターテインメント枠で全国ネット
2017新春
人気アスリート集結
東京箱根間片道バス乗り継ぎSP
2017年 1月2日(月)
13:00 - 18:00
築地→目黒不動尊→大井町→
野毛→上大岡→大船→
北鎌倉→鎌倉→平塚→
小田原→箱根
佐々木主浩
小椋久美子
把瑠都
山崎静代
(南海キャンディーズ)、
三宅宏実
古田敦也
篠原信一
田中雅美
草野仁
テレビ朝日、
愛媛朝日テレビ、
山口朝日放送、
鹿児島放送のみ放送[26]
草野はゴール地の宴会シーンでVTR出演
路線バスで寄り道の旅
×じゅん散歩SP
12月17日(日)
18:57 - 21:00
東中野→新宿→渋谷
五反田→大井町→大森
高田純次[27] 全国ネット
2018新春
箱根発!東海道バス乗継ぎSP
2018年 1月2日(火)
13:00 - 18:00
箱根湯本沼津富士静岡駅
岡部町焼津西焼津浜松駅
→浜松→佐久米熱田
藤田ニコル、
田中美佐子
森昌子
篠原ともえ、
高橋真麻
デヴィ・スカルノ
テレビ朝日、
愛媛朝日テレビ、
山口朝日放送、
鹿児島放送のみ放送[26]
徳さんがデヴィ夫人を
上野・浅草・新小岩で
接待いたしますSP
3月18日(日)
18:56 - 19:58
上野秋葉原浅草新小岩小岩 デヴィ・スカルノ、
鈴木奈々、
熊田曜子、
藤吉久美子
全国ネット
上野で別番組[28] ロケ中の金子貴俊に遭遇
徳さん&ギャル曽根
“春の三浦半島グルメ"食べ尽くしSP
4月22日(日)
18:56 - 20:54
城ヶ島三崎港ソレイユの丘横須賀中央駅京急田浦 ギャル曽根、
潮田玲子
全国ネット
路線バスで寄り道の旅
×じゅん散歩SP
11月18日(日)
18:30 - 20:54
小岩→船堀駅ボートレース江戸川→秋葉原
明治大学駿河台キャンパス→中目黒
高田純次[27] 全国ネット
小岩の病院を訪問中にボビーオロゴン親子に遭遇、
秋葉原のメイドカフェから帰る途中にたかしトレンディエンジェルと遭遇
2019新春
埼玉を大横断SP
2019年 1月2日(水)
13:00 - 18:00
さいたま新都心大宮氷川神社川越熊谷
深谷寄居児玉→皆野→長瀞秩父神社
藤田ニコル、
加藤一二三
池田美優
トミタ栞
西田ひかる
藤あや子、
イルカ、
中村雅俊
〜マツコと一緒に!
ミッツ&佳菜子も…
東京下町珍道中SP〜
6月16日(日)
18:30 - 20:54
上野→錦糸町駅→ボートレース江戸川→新小岩→小岩駅→今井 マツコ・デラックス、
ミッツ・マングローブ、
村上佳菜子
全国ネット
路線バスで寄り道の旅
×じゅん散歩
新春SP2020
2020年 1月12日(日)
18:30 - 20:00
東芝府中事業所 ラグビーグランド→ボートレース多摩川
府中駅→調布駅→日本女子体育大学
高田純次[27] 全国ネット
ザワつく!路線バスで
寄り道の旅
2021年 8月29日(日)
19:00 - 20:56
横浜駅東口→伊勢山皇大神宮→野毛→横浜中華街→本牧→磯子駅 池田美優、
DAIGO、
槙原寛己
ウエンツ瑛士
全国ネット
徳光・田中は出演せず、長嶋一茂・高橋茂雄(サバンナ)がナビゲーターを担当。

ネット局・放送時間[編集]

  • 前番組『スペシャルサンデー』と同様に、全編ローカルセールス枠のため、テレビ朝日以外の通常時同時ネット局でも編成の都合により臨時に遅れネット(通常時遅れネット局を除く)または非ネットとする場合がある一方、通常時遅れネット局が臨時同時ネットで放送する場合がある。

2021年4月現在[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット形態 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 日曜 16:15 - 17:25 同時ネット 制作局
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) [29]
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
福島県 福島放送(KFB)
長野県 長野朝日放送 (abn)
石川県 北陸朝日放送(HAB) [30]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) [31]
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) [32]
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 日曜 10:40 - 11:50 遅れネット [33]
新潟県 新潟テレビ21(UX) 日曜 15:20 - 16:30 [34]
中京広域圏 名古屋テレビ(NBN) 日曜 15:45 - 16:55 [35]

2015年4月-2020年9月[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット形態 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 日曜日 15:25 - 16:30→15:20 - 16:30→15:20 - 16:25 同時ネット 制作局
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) [29]
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX) [36]
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) [37]
石川県 北陸朝日放送(HAB) [30]
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) [31]
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 日曜日 15:25 - 16:30 遅れネット [38]

過去のネット局[編集]

  • 福岡県九州朝日放送(KBC) - 開始当初から同時ネットで放送していたが、2015年7月5日をもって打ち切り。

不定期放送[編集]

補足[編集]

  • 本番組を拡大版SPで放送する場合、「サンデープレゼント」枠(13:55 - 15:20)とTVクリップ(15:20 - 15:25)[39] を休止の上、13:55から2時間35分にわたって放送される。ただし、ネットしている局であっても、その週は番組休止(別番組に差し替え)する場合もある。
  • スポーツ中継ゴルフプロ野球中継など)がある場合、放送枠の繰り上げ移動もしくは休止となる場合がある。
  • 徳光は当番組のレギュラー放送開始前より、同時間帯に放送されている『BSイレブン競馬中継』(BS11[40] に、GI競走開催日に不定期出演していた。レギュラー放送開始後も『BSイレブン競馬中継』不定期出演を継続し、2015年5月24日(オークス開催日)に初めて、当番組との重複出演となった。
  • 毎年8月に、徳光が同時間帯に放送されている『24時間テレビ』(日本テレビ系列)に出演している[41] 関係上、同番組が放送される週は休止となり、別番組に差し替えとなる(ネット局も同様)。うち2018年8月26日は『帰れマンデー・見っけ隊!!特別編』[42]、2019年8月25日は『CAT Ladies 2019・最終日』(15:00 - 16:25)に差し替えとなった。
  • 2019年12月1日は14:30 - の拡大版SP[43] として放送するも、同時間帯にBSテレ東で徳光司会の『徳光和夫の名曲にっぽん』の生放送SP(14:30 - 16:00)[44] を放送し、一部地域では地上波とBSにおいて徳光の二重出演が発生する事態となった。

2016年10月から[編集]

2013年3月3日の単発放送時代から2015年4月5日のレギュラー放送開始時から2016年9月26日まではナレーターの生野文治が「75歳を過ぎても未だ多忙な毎日を送る徳さん!」と徳光和夫を紹介した。2016年10月2日からはナレーターの生野文治が「70歳を超えても未だ多忙な毎日を送る徳さん!」と紹介したが、2016年12月18日放送分からはナレーターの生野文治が「70歳を超えて益々元気な徳さん!」と徳光和夫の紹介の仕方を微妙に変更した。

2016年11月から[編集]

2013年3月3日の単発放送時代から2015年4月5日のレギュラー放送開始時も徳光和夫が旅の出発地点で辺りを見たり、おやつを食べながら田中律子とゲストを待ち、田中律子とゲストが登場して徳光和夫に挨拶して旅がスタートするパターンだったが。2016年11月6日からは田中律子とゲストが徳光和夫に挨拶するシーンがなく、カメラが回り始めた時はロケが始まってるのに気付くパターンも追加された。また2016年11月27日からは、ゲストのプロフィール及びこれまでの経歴のVTR紹介がない放送回もある。

路線バスで寄り道の旅のさらに寄り道[編集]

2015年4月5日から2016年3月27日までは放送時間が15:25 - 16:30で不定期で再編集版を放送する場合は過去に放送した本放送に最新の内容を加えて放送したが、2016年4月3日から放送時間を15:20 - 16:30に拡大したのに伴い、不定期で再編集版を放送する場合は、さらに「路線バスで寄り道の旅のさらに寄り道」として、放送日間際に番組スタッフが別の店を訪れて撮影した内容を加えて放送している。

2020年8月から[編集]

2020年8月2日放送分からは、はとバス等の観光バスを貸切運行にして、徳光和夫がバスの中でオープニングの挨拶を済ませたら、田中律子とゲストがバス車内で挨拶する方式を追加してロケを再開した。通行人が密集する繁華街などの寄り道スポットは、バスから降りずにリモート中継で番組スタッフに買って来て貰う、またはスタッフや寄り道スポット先の広報や責任者がリモート中継をして対応する方式も追加された。このため、寄り道スポットによってはロケが終了するまでバスから降りられない場合もある。

コラボレーション企画[編集]

  • 単発番組時代の2014年3月31日には、当番組と当時平日午前に放送の加山雄三出演の紀行番組『若大将のゆうゆう散歩』とのコラボレーションによるゴールデンタイムでの3時間特番『路線バスで寄り道の旅×若大将のゆうゆう散歩スペシャル』(19:00 - 21:48)がテレビ朝日系列全国ネットで放送された。散歩シリーズとのコラボが行われたのはこれが初。
  • 2017年12月17日には、当番組と、現在平日午前に放送されている高田純次出演の紀行番組『じゅん散歩』(平日9:55 - 10:25、テレビ朝日・メ〜テレ2局ネット)とのコラボレーションによるゴールデン2時間特番『路線バスで寄り道の旅×じゅん散歩スペシャル』(18:57 - 21:00)が全国ネットで放送された[45]
  • 2018年11月18日には、前年に引き続き当番組と『じゅん散歩』とのコラボレーションによるゴールデン特番の第2弾となる『路線バスで寄り道の旅×じゅん散歩スペシャル 2018』(18:30 - 21:00)が全国ネットで放送された。
  • 2020年1月12日には、当番組と『じゅん散歩』とのコラボレーションによるゴールデン特番の第3弾にして新春特番となる『路線バスで寄り道の旅×じゅん散歩新春SP 2020』(18:30 - 20:00)が全国ネットで放送された。
  • 2021年8月29日には、毎週金曜日夜に放送されているトークバラエティ番組『ザワつく!金曜日』とのコラボレーションによるゴールデン2時間特番『ザワつく!路線バスで寄り道の旅』(19:00 - 20:56)が全国ネットで放送された。ただ本番組ナビゲーターの徳光・田中は一切出演せず、『ザワつく!金曜日』レギュラー出演者の長嶋一茂と同番組進行役の高橋茂雄サバンナ)がナビゲーターとなり、ゲストと共に横浜市内を旅した。ナレーションは本番組と同じく生野が担当。

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • 構成:上野耕一郎、高梨武志、水野英昭
  • 撮影:永島良一(千代田ビデオ)、磯村進
  • 音声:西野和洋
  • 車両:佐藤達雄 (極東電視台)
  • 音効:齋藤俊郎(OPUS-1)
  • メイク:石野敦子、八巻明子
  • 編集:賀古勝利(G-Link STUDIO、第1 - 7, 9 - 11弾)、塔尾公彦
  • MA:田村佑資、降旗直人
  • イラスト:ちたまロケッツ、リトルベア
  • CG:グレートインターナショナル
  • 編成:小谷知輝(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)
  • 宣伝:榎本梢絵(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)
  • デスク:原利加子(テレビ朝日、第10弾 - レギュラー版の途中→一時離脱→復帰)
  • 制作協力:ホールマン(第8弾まではクレジット表記なし、第9弾から)
  • 制作スタッフ:横田栞(横田→レギュラー版から)、奥野雄士、柳川雄洋(柳川→レギュラー版から)、桑幡翔(桑幡→第1,10,11弾も)、青山直人、中田健士、野間ひかる、加山怜奈(青山~加山→レギュラー版から)
  • AP:犬飼真未、太田翔子(太田→レギュラー版の途中から)
  • ディレクター:神山友和(ホールマン)、植田俊平、飯田亮太、武井陽介、石垣俊介、黒原竜二、高柳大輔、桑幡翔、福冨一弘
  • プロデューサー:寿崎和臣(テレビ朝日、第8弾まではAP、第9弾からプロデューサー)、大垣信良・大内涼子・高橋由佳(えすと、大内・高橋→レギュラー版の途中までAP)
  • ゼネラルプロデューサー:寺田伸也(テレビ朝日、第8弾まではプロデューサー、第9弾からGP)
  • 制作:テレビ朝日、えすと

特別編[編集]

2014年10月5日放送分
  • 構成:水野英昭
  • 撮影:永島良一(千代田ビデオ)、磯村進、石島卓也
  • 音声:西野和洋
  • 車両:佐藤達雄(極東電視台)
  • 音効:齋藤俊郎(OPUS-1)
  • 編集:鳥塚幸輔(G-Link STUDIO)
  • MA:田村佑資
  • イラストレーター:カリカチュア・ジャパン
  • CG:森山ヒロカズ(森三平)
  • 編成:島川博篤(テレビ朝日)
  • 宣伝:井上恵莉子(テレビ朝日)
  • 制作協力:ホールマン
  • 制作スタッフ:奥野雄士
  • AP:高橋由佳・川名佳菜(ホールマン、川名→第9弾)
  • ディレクター:神山友和(ホールマン)、今井雄大
  • プロデューサー:寿崎和臣(テレビ朝日)、大垣信良(えすと)
  • ゼネラルプロデューサー:寺田伸也(テレビ朝日)
  • 制作:テレビ朝日、えすと

過去のスタッフ[編集]

  • 撮影:小松淳(第1,11弾)、石井友幸(第7弾 -)、宿南和茂(第8弾)、大鋸玄記・佐藤岳人(2人共第9弾)、石坂良雄(第10弾)
  • 音声:高橋優二、田中博(高橋・田中→第1弾)、生沼真一(生沼→第7,8,10,11弾)、大内勝博、山崎貴洋(大内・山崎→特別編)
  • ロケ美術:高橋徹(テレビ朝日クリエイト、第1弾のみ)
  • メーク:豆田瑞紀、安田有里、萱原リサ、田村直子、高松ゆか、押田秀明、笹浦洋子(笹浦→レギュラー版から)
  • 編集:鳥塚幸輔(G-Link STUDIO、第8弾)
  • MA:橋本光平(第9弾)
  • イラストレーター:松田りおん
  • CG:森山ヒロカズ森三平
  • 協力:横浜文化観光局
  • リサーチ:菅原秀典
  • 撮影協力:館山市
  • 編成:吉村周・池田佐和子・高橋正輝・西岡佐知子・島川博篤・田中真由子(全員テレビ朝日、吉村→特別編、高橋→第7弾 - 第9弾、西岡→第9弾、島川→特別編から、田中→レギュラー版の途中から)
  • 宣伝:西山隆一・井上恵莉子・石田みう(全員テレビ朝日、西山→特別編、井上→第7弾 - レギュラー版の途中、石田→レギュラー版の途中)
  • デスク:由利倫梨子(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)
  • ロケ進行スタッフ:野々垣慶太(第8弾)、渡邊正人、鈴木信広
  • 制作スタッフ:谷中聡・長沼秀幸・望月麻未・村田満梨奈(谷中〜村田→第1弾)、岩上武司・高倉亮平(岩上・高倉→特別編)、中澤祐樹(中澤→第7弾)、関口元気、尾脇誠(関口〜尾脇→第9弾)、今野雄貴、加藤潤紀(加藤→第9 - 11弾)、坂巻裕太
  • AP:倉田圭子・川名佳菜(えすと)、肝付誉子
  • ディレクター:黒原竜二・青田和大・武井陽介(共にホールマン、黒原→第7 - 10弾)、工藤真大・遠藤隼人(えすと、工藤→第8 - 10弾、遠藤→第9弾)、福地裕之
  • ゼネラルプロデューサー:藤井智久(テレビ朝日、第6弾から第8弾まで)

関連項目[編集]

  • ローカル路線バス乗り継ぎの旅シリーズ - テレビ東京系列「土曜スペシャル」で2007年以降に不定期放送している番組。ナレーションの生野は第1シリーズの第1弾のナレーションを担当している。
  • アリバイ崩し承ります - テレビドラマ版最終回に徳光がゲスト出演しており、当番組のパロディシーンが存在する。また、ドラマ出演者の成田凌は当番組のゲストとして出演したことがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ほとんどの場合が女性ゲストだが、ごく稀に男性ゲストとなる場合がある。拡大版などの場合は、2人以上のゲストが登場することもある。
  2. ^ 週刊TVガイド」2015年3月27日号「春の新番組&特番カタログ」
  3. ^ 同局系列ではそれ以前より特別番組で司会を担当したことがあるほか、『徹子の部屋』・『Qさま!!』などでゲスト出演を経験している。
  4. ^ ミニ番組「おべんとレター」が、土曜日から枠移動したため。
  5. ^ 単発放送の第1回目は、ゲストとしての出演。第2回目より正式レギュラー。
  6. ^ 2014年10月5日放送分および2015年10月25日放送分は出演が無かった。(ただし、2015年10月25日放送分は、2014年10月5日放送分の再編集版)
  7. ^ テレビ東京系列「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第13弾(2013年1月5日放送分)には、マドンナとして出演。
  8. ^ テレビ東京系列「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第1弾(2007年10月20日放送分)でも、ナレーションを担当。
  9. ^ テレビ朝日「路線バスで寄り道の旅」千葉聡司”. 猪鹿蝶Blog (2020年4月9日). 2020年5月10日閲覧。
  10. ^ テレビ朝日「路線バスで寄り道の旅」千葉聡司”. 猪鹿蝶Blog (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。
  11. ^ テレビ朝日「路線バスで寄り道の旅」ナホミカンデル、千葉聡司”. 猪鹿蝶Blog (2020年5月23日). 2020年6月2日閲覧。
  12. ^ テレビ朝日「路線バスで寄り道の旅」角川幸恵”. 猪鹿蝶Blog (2021年1月30日). 2020年2月14日閲覧。
  13. ^ 若大将のゆうゆう散歩』散歩人。
  14. ^ 徳光の単独ロケ部分を再編集して放送。
  15. ^ 『路線バスで寄り道の旅』のロケ部分を再編集して放送。
  16. ^ 現在の鳴戸親方(当時は琴欧州親方)は、2015年1月2日放送の新春5時間スペシャルにゲスト出演している。
  17. ^ 14:50 - 15:40に『ANN報道特別番組 祝 ご婚約内定!眞子さま小室さん』を放送のため。
  18. ^ 13:25 - 15:30に女子サッカー日本ガーナ』戦を放送のため。
  19. ^ ホテルニューオータニ幕張コストコ幕張倉庫店を訪問。
  20. ^ 16:00 - 17:25に『富士通レディース2018・最終日』を放送のため。
  21. ^ 番組の途中で急遽米朝首脳会談のニュースで3分間カットされた。
  22. ^ a b 本番組と共通のスタッフが制作。
  23. ^ 森山良子と清水ミチコの音な旅|テレビ朝日
  24. ^ 14:30 - 16:40に『2夜連続ドラマスペシャル 逃亡者・第1夜』(再)を放送のため。
  25. ^ 16:15 - 17:25に特番『サワコ良子ミチコのサンキュー!おしゃべり~マッチ』を放送のため。
  26. ^ a b c 山口朝日放送・鹿児島放送は通常回はいずれも非ネット。
  27. ^ a b c じゅん散歩』散歩人。
  28. ^ テレビ東京朝の!さんぽ道
  29. ^ a b 開始当初から同時ネットで放送していたが、2016年10月9日放送分以降は基本同時ネット。不定期枠「IATサンデー」のラインナップの一つという扱いであり、編成の都合上非ネットの回がある(高校野球中継など)。次週放送の有無にかかわらず、次週予告は必ずカットされる。2019年12月からは次週も同時ネットで放送する場合は、次週予告も同時ネット放送する様になった。
  30. ^ a b 2017年8月6日からレギュラー放送開始、以前は不定期で放送されていた。不定期で同時刻に遅れネットとなる場合がある。
  31. ^ a b 稀に2話連続して放送される場合がある。字幕放送対応。瀬戸内海放送の編成の都合で休止する場合がある。定時放送開始前は不定期で放送されていた。
  32. ^ 2016年3月までは同時ネットだったが、同年4月からは遅れネットとなっている。不定期で再放送となる場合もある。2020年10月より、放送時間が変更になったことで同時ネットに移行した。
  33. ^ 開始当初から2016年3月までと2017年4月16日から2021年3月28日は何れも同時ネットで放送していた。2016年3月をもって1度目の同時ネットを一旦打ち切った後、2017年4月16日から同時ネットで再開。しかし、2021年4月4日から同時間帯に、『とびっきり!サンデー』、『スポパラサンデー』の放送開始に伴い、2021年3月28日の放送をもって再度2度目の同時ネットを打ち切り、同年4月4日から遅れネットに移行し、現在の時間で放送。
  34. ^ 2018年4月1日から2021年3月21日までは同時ネット。同年3月28日は同時ネットはせず、同時間帯で再放送。同年4月11日から遅れネットに移行し、現在の時間で放送。
  35. ^ 2020年9月までは同時ネット。2020年10月から遅れネットに移行し、現在の時間で放送。
  36. ^ 2018年4月1日からレギュラー放送開始。
  37. ^ 開始当初から同時ネットで放送していたが、2016年3月をもって一旦打ち切り。2017年4月16日より同時ネットで再開。
  38. ^ 2016年3月までは同時ネットだったが、同年4月からは遅れネットとなっている。不定期で再放送となる場合もある。
  39. ^ 関東地区以外は別のミニ枠。
  40. ^ 同番組は『JRA競馬中継』のタイトルで、14時台にテレビ神奈川千葉テレビ放送テレビ埼玉首都圏トライアングル)に同時ネットしている。後述する2015年5月24日は2時間半SPのため、『JRA競馬中継』とも重複出演となった。
  41. ^ 徳光は2010年まで総合司会を務めた後、2011年はチャリティーマラソンランナーを務め、2012年からは「24時間テレビサポーター」として引き続き出演している。
  42. ^ 『帰れマンデー〜』は2018年3月まで『帰れまサンデー・見っけ隊!!』のタイトルで、本番組に続けて日曜16:30 - 17:30の枠で放送していた(現在は月曜19:00 - 20:00枠で放送)。
  43. ^ この日は『福岡国際マラソン』中継の関係上、このような編成となった。
  44. ^ 同日はBS民放5局共同特別番組鶴瓶&安住の放送局漫遊記』のうちの一本として放送。
  45. ^ 『路線バスの旅』と『じゅん散歩』が初コラボ!徳光&高田が“寄り道だらけの旅”へ テレ朝POST、2017年11月22日

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜日 15:20 - 15:25
前番組 番組名 次番組
路線バスで寄り道の旅
(2016年4月3日 - 2020年9月27日)
単発枠
テレビ朝日 日曜日 15:25 - 16:25
ANNニュース(日曜午後)
※15:25 - 15:30
スペシャルサンデー
※15:30 - 17:25
路線バスで寄り道の旅
(2015年4月5日 - 2020年9月27日)
単発枠
テレビ朝日 日曜日 16:25 - 16:30
スペシャルサンデー
※15:30 - 17:25
路線バスで寄り道の旅
(2015年4月5日 - 2018年4月15日)
おべんとレター。
【土曜日16:25 - 16:30から移動】
テレビ朝日 日曜日 16:30 - 17:25
サンデーステーション
※16:30 - 18:00
【21:00 - 21:55に繰り下げ・短縮して継続】
路線バスで寄り道の旅
(2020年10月4日 - )
-