野島埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野島埼灯台
Nojimasakitodai0.jpg
野島埼灯台の位置(千葉県内)
野島埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
1910
[M6456]
位置 北緯34度54分06秒 東経139度53分18秒 / 北緯34.90167度 東経139.88833度 / 34.90167; 139.88833座標: 北緯34度54分06秒 東経139度53分18秒 / 北緯34.90167度 東経139.88833度 / 34.90167; 139.88833
所在地 千葉県南房総市白浜町白浜630
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ 第2等フレネル
灯質 単閃白赤光 毎15秒に1閃光
実効光度 730,000 cd
光達距離 17海里(約 32 km
明弧 254度から101度まで
塔高 29 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 38 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1870年1月19日
(旧暦:明治2年12月18日
管轄 海上保安庁
第三管区海上保安本部
テンプレートを表示

野島埼灯台(のじまさきとうだい)は、千葉県南房総市野島崎に立つ日本の洋式灯台南房総国定公園内に位置する。白亜の八角形をした大型灯台は江戸条約灯台の一つで、日本の灯台50選に選定され、国の登録有形文化財に登録されている。

歴史[編集]

初代灯台の建造に使用された「ヨコスカ製鉄所煉瓦」の刻印

付属施設[編集]

一般公開[編集]

内部の見学が可能な参観灯台である(参観料:大人200円)。周辺は南房総国定公園に指定されていて、雄大な太平洋のパノラマが展開している。また、この灯台を目指し東京湾に入る大型船の列が遠望できることもある[3]

灯台記念日である11月1日は参観が無料で開放される[4]

灯台からの眺望[編集]

野島埼灯台資料展示室[編集]

野島埼灯台資料展示室

野島埼灯台資料展示室は、灯台に併設している資料館。愛称はきらりん館。野島崎灯台の歴史、機能・役割などを学ぶことができる施設となっている。日本財団の補助を受け設置[3]

過去に烏帽子島灯台で実際に使われていた第2等フレネル式の灯台レンズなど、貴重な灯台関係資料も展示されている。

アクセス[編集]

周辺施設[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大正14年逓信省告示第1203号(『官報』第3891号、大正14年8月12日、p.324
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 
  3. ^ a b 野島埼灯台「灯台のことなら」 公益社団法人 燈光会” (日本語). 「灯台のことなら」 公益社団法人 燈光会. 2019年8月7日閲覧。
  4. ^ 灯台記念日|海上保安庁”. www.kaiho.mlit.go.jp. 2019年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]