伊王島灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊王島灯台
Iojima Lighthouse.jpg
伊王島灯台の位置(長崎県内)
伊王島灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
6330 [M5194][1]
位置 北緯32度42分9秒
東経129度45分7秒
座標: 北緯32度42分9秒 東経129度45分7秒
所在地 長崎県長崎市伊王島町1丁目3240[1]
塗色・構造 白色・塔形・コンクリート造[1]
レンズ 4等
灯質 群閃白光・毎20秒を隔てて4閃光
実効光度 15万 cd
光達距離 20.5海里(約38km)
塔高 11.5 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 64.4 m (平均海面 - 灯火)
管轄 第七管区海上保安本部
長崎海上保安部

伊王島灯台(いおうじまとうだい)は、長崎県長崎市伊王島にある灯台

概要[編集]

長崎港の入口、伊王島の北端に位置する。現在の灯台は白色、六角形の鉄筋コンクリート造りで、2003年(平成15年)に改築されたものだが、灯頂部のドームは1870年(明治3年)の建設当時のものがそのまま利用されている[1]

歴史[編集]

1866年(慶応2年)に江戸幕府が4カ国(アメリカ、イギリス、フランス、オランダ)との間で締結した江戸条約に基づき設置された全国八灯台(条約灯台)の中で、唯一九州に設置された。長崎に灯台が設置された理由としては、貿易で深い関りのあったオランダの要望があった[1]。 灯台の設計はリチャード・ヘンリー・ブラントンで、1870年(明治3年)6月に完成し仮点灯を実施、翌1871年(明治4年)7月に日本最初の鉄造灯台として本点灯された[2][1]。1945年(昭和20年)8月9日の原爆による爆風で大きく損傷を受け、1954年(昭和29年)9月に解体[3]。同年12月に四角形、鉄筋コンクリート造の灯台が完成したが、ドーム部分はそのまま流用され、旧灯台の基礎部分も遺された[4]。 1971年(昭和46年)4月には近隣の陰の尾・樺島両灯台と共に無人化された[5][3]。 2003年(平成15年)には設置当初の六角形の姿に改築された[1]

灯台記念館[編集]

伊王島灯台の傍らには、かつて灯台守の宿舎(吏員退息所)として利用されていた洋館が灯台資料館として開放されている[6]。設計は灯台と同じくブラントンによるもので、1877年(明治10年)に完成した日本最古の無筋コンクリート構造である[4]。1988年(昭和63年)に「伊王島灯台旧吏員退息所」として長崎県の有形文化財に登録された[6]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 岡 2015, p. 115.
  2. ^ 伊王島灯台公園”. 長崎市 (2013年3月1日). 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ a b 伊王島郷土誌, p. 274.
  4. ^ a b 伊王島灯台旧吏員退息所”. 長崎市 (2013年3月1日). 2018年3月23日閲覧。
  5. ^ 伊王島郷土誌, p. 16.
  6. ^ a b 文化百選1, p. 18.

参考文献・資料[編集]

  • 伊王島町教育委員会 『伊王島町郷土誌』 伊王島町、1972年10月1日
  • 長崎新聞社・制作 『長崎県文化百選 <1>みなと編』 長崎県・編、長崎県企画部文化推進室発行、1994年11月
  • 岡克己 『ニッポン灯台紀行』 世界文化社、2015年4月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]