第1等灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
室戸岬灯台の第1等レンズ

第1等灯台(だいいっとうとうだい)は、第1等レンズ(レンズ直径 259 cm、焦点距離 92 cm)を使用した灯台で、日本では、現在5ヶ所しかない。


灯台レンズの等級[編集]

レンズの等級一覧 (単位:mm)[1]
等級 第1等 第2等 第3等
大型
第3等
小型
第4等 第5等 第6等
焦点距離 920 700 500 375 250 187.5 150
内径 1,840 1,400 1,000 750 500 37500 300
レンズの高さ 2,590 2,068 1,576 1,250 722 54100 433

灯台で使用しているレンズには、いちばん大きい1等から順に6等までと、6等より小さい等外という等級があり、レンズの焦点距離の長さによって格付けされたもので、日本の中・大型灯台で使用されている灯台レンズの大きさを表す。一番大きなレンズを使用している灯台が第1等灯台と呼ばれている。

歴史[編集]

日本で最初の第1等灯台は野島埼灯台(洋式灯台としては2番目に、1870年1月22日に初点灯)であった。野島埼灯台ではフランス製の第1等フレネル式不動レンズを使用していたが、現在では第2等フレネル式閃光レンズに変わっている。

また、1874年5月1日に初点灯した御前埼灯台では、初めて回転式の第1等フレネル式閃光レンズ(フランス製)が使用されたが、太平洋戦争で破損し、現在は第3等大型フレネル式閃光レンズに変わっている。

現役で使われている中で最古のものは、角島灯台1876年3月1日初点灯)の第1等フレネル式閃光レンズ(イギリス D&Tスチブンス社製)である。

上に述べたことからわかる通り、当初はもっぱら外国製のレンズが採用されている。初めて国産の第1等レンズが取り付けられたのは沖ノ島灯台1921年12月初点灯)である。このレンズは2007年まで使用[2]されたが、現在では LB-M30型灯器に変わっている。[3]

現存する第1等灯台[編集]


脚注[編集]

関連項目[編集]