部埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
部埼灯台
部埼灯台(2009年3月)
部埼灯台の位置(福岡県内)
部埼灯台
部埼灯台の位置(日本内)
部埼灯台
航路標識番号 5409 [F5312]
位置 北緯33度57分33.7秒 東経131度01分22.4秒 / 北緯33.959361度 東経131.022889度 / 33.959361; 131.022889座標: 北緯33度57分33.7秒 東経131度01分22.4秒 / 北緯33.959361度 東経131.022889度 / 33.959361; 131.022889
所在地 福岡県北九州市門司区大字田野浦
塗色・構造 白色 塔形 石造(花崗岩
レンズ 第3等小型フレネル
灯質 連成不動単閃白光 毎15秒に1閃光
実効光度 閃光180,000cd
不動光7,000 cd
光達距離 閃光17海里(約32km)
不動光10海里(約18km)
明弧 全度
塔高 9.7 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 39.1 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1871年明治5年)1月22日
管轄 海上保安庁
第七管区海上保安本部
門司海上保安部

部埼灯台(へさきとうだい)は、福岡県北九州市門司区企救半島の北東端、瀬戸内海周防灘に面した小高い丘の部埼に立つ、石造の大型灯台

大政奉還により江戸幕府最後の年となった慶応3年4月[1]1867年)、兵庫開港に伴う外国船の安全航行を確保するため、幕府がイギリスとの間で締結した大坂約定(大坂条約)で設置を約束した五カ所の灯台の一つ[2]。明治新政府が事業を引き継ぎ、「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により、1872年関門海峡の東・周防灘口の九州側の位置に建設されたもの[3]。現在、関門航路及び門司港の東南端となっている。

この灯台は、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台で、日本の灯台50選にも選ばれている。

2016年10月3日より、登り口の石段が一部崩落し灯台周辺は立入禁止となっていた[4]。のち、復旧工事が完了し、12月27日をもって立入禁止は解除された[5]

歴史[編集]

  • 1871年明治3年12月[1])に着工。
  • 1872年明治5年1月22日[1])に石油灯で初点灯した。
  • 1895年(明治28年)にフランスから輸入した回転式のレンズに改められる。
  • 1981年(昭和56年)10月から無人化される。
  • 1998年(平成10年)に第50回灯台記念日の行事として行われた「あなたが選ぶ日本の灯台50選」に選ばれる。

収録海図[編集]

海図番号 図名 縮尺 図積
W127 関門海峡東口及付近 50,000
W135 関門海峡 25,000
W1262 関門港東部 15,000

その他[編集]

同灯台には関門海峡を航行する船舶に早鞆瀬戸の潮流の状況を知らせる電光表示板(部埼潮流信号所)が設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c グレゴリオ暦への改暦前の太陰太陽暦天保暦の日付
  2. ^ 灯台#大坂条約を参照
  3. ^ 同じ大阪条約により北の日本海響灘口に建設されたのが六連島灯台(むつれしま-)
  4. ^ 部埼灯台敷地への立入禁止について 門司海上保安部 交通課 平成28年10月3日
  5. ^ 部埼灯台歩道への立入禁止解除について 門司海上保安部 交通課 平成28年12月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]