神子元島灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神子元島灯台
Mikomotojima-todai.jpg
神子元島灯台の位置(静岡県内)
神子元島灯台
航路標識番号 2447 [F6290]
位置 北緯34度34分31.3秒 東経138度56分29.2秒 / 北緯34.575361度 東経138.941444度 / 34.575361; 138.941444座標: 北緯34度34分31.3秒 東経138度56分29.2秒 / 北緯34.575361度 東経138.941444度 / 34.575361; 138.941444
所在地 静岡県下田市
灯質 群閃白光 16秒毎に2閃光
実効光度 282,000 cd
光達距離 19.5海里(約36km)
塔高 23 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 51 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1871年1月1日
(旧暦明治3年11月11日)
管轄 第三管区海上保安本部
下田海上保安部

神子元島灯台(みこもとしまとうだい)とは、下田港南沖11kmにある神子元島(みこもとしま)に建つ灯台である。

概要[編集]

幕末に江戸幕府と列強との間で結ばれた改税約書(江戸条約)に基づき建設された、条約灯台と呼ばれる8基(観音埼野島埼樫野埼神子元島劔埼伊王島佐多岬潮岬)のうちのひとつ。竣工は明治3年旧暦11月11日(西暦1871年1月1日)で、初点灯には三条実美大久保利通大隈重信ら明治の元勲と英国公使ハリー・パークスが来島し立ち会っている。灯台建設はスコットランド人のリチャード・ヘンリー・ブラントンの指揮のもとで、1869年春にコリン・アレクサンダー・マクヴェインとアーサー・ウィリアム・ブランデルの工事監督によって始まった。日本人石工200人を傭った離島での工事は難航を極め、そのことが原因でマクヴェインとブランデルは燈台掛を離れることになる。下田から切りだされた伊豆石を精緻に積み重ね、目地には日本初の速成セメントが使われている。石造灯台では日本最古の現役の灯台であり[1][2][3]国際航路標識協会 (IALA) が選定した「世界歴史的灯台百選」のひとつでもある。また日本政府により史跡に指定されている。等級は第3等群。

速成セメントに経年および風波による劣化がみられたため、耐震補強を兼ねた工事が1982年と1995年に行われた。炭素繊維などを使って灯台全体を補強した[2]。2007年から2008年にも電源設備を中心とした改修工事が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海上保安庁 (2010年3月31日). “神子元島灯台”. 2011年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 国際航路標識協会編纂 『世界の灯台』 海上保安庁交通部監修、成山堂書店、2004年ISBN 4-425-35311-0 87頁
  3. ^ 初点灯が1870年7月8日(旧暦の明治3年6月10日)である樫野埼灯台を最古とする場合もある。海上保安庁 (2010年3月31日). “海の雑学”. 2011年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]