大王埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大王埼灯台
Daious12.jpg
大王埼灯台の位置(三重県内)
大王埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
2781 [M6036]
位置 北緯34度16分34秒 東経136度53分58秒 / 北緯34.27611度 東経136.89944度 / 34.27611; 136.89944座標: 北緯34度16分34秒 東経136度53分58秒 / 北緯34.27611度 東経136.89944度 / 34.27611; 136.89944
所在地 三重県志摩市大王町波切54-1
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ LU-M型灯器
灯質 閃白赤互光
毎30秒に白1閃光 赤1閃光
実効光度 88,000 cd
光達距離

白光 18.5海里(約34km)

赤光 16海里(約30km)
明弧 199度から79度まで
塔高 22.50 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 45.53 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1927年10月5日
管轄 海上保安庁
第四管区海上保安本部

大王埼灯台(だいおうさきとうだい)は、三重県志摩半島大王崎の突端に建つ中型灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている。 周辺は、伊勢志摩国立公園に指定され、リアス式海岸の造形する風光明媚の地。無料の駐車場は無く、近辺、周囲に漁協、観光協会の駐車場が在り、協力金として1回200円を納めなければならない。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)10月5日に初点灯した。ここは、「伊勢の神崎、国崎の鎧、波切大王なけりゃよい」と昔から船頭たちに唄われていた海の難所で、1913年大正2年)には、サンマ漁船が遭難し一瞬にして死者51名を出し、1918年大正7年)には、3千トンの巡洋艦「音羽」が大王岩に激突座礁するなどしていて、灯台建設が求められていた。
  • 1954年(昭和29年)に無線方位信号所が併設される。
  • 1978年(昭和53年)12月に改修工事が行われる。
  • 2004年平成16年)4月1日より無人化される。
  • 2005年(平成17年)11月に第4等二面閃光フレネルレンズより、LU-M型灯器に変更される。
  • 2013年(平成25年)3月29日に国の登録有形文化財となる[1]
  • 2016年(平成28年)9月30日に船舶気象通報業務・ディファレンシャルGPS局の気象テキストメッセージ配信を廃止予定[2]

付属施設[編集]

  • 無線方位信号所<レーマークビーコン、中波標識局>
  • ディファレンシャルGPS局
  • 船舶気象通報

一般公開[編集]

一般公開(有料中学生以上200円、小学生以下無料)されている参観灯台で、上まで登ることができる。2013年(平成25年)の観光入込客数は53,244人であった[3]

映画のロケ地[編集]

平山秀幸監督の映画「学校の怪談4」、小津安二郎監督の映画「浮草」や大庭秀雄監督の映画「君の名は」などのロケ地となったことでも知られている。

脚注[編集]

  1. ^ 三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護課"みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財/情報データベース/大王埼灯台"(2013年12月18日閲覧。)
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) Archived 2016年8月17日, at the Wayback Machine. - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 
  3. ^ 志摩市観光振興計画(案)”. 志摩市 (2015年2月). 2016年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]