選定保存技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

選定保存技術(せんていほぞんぎじゅつ)は、文化財の保存のために欠くことのできない伝統的技術または技能である「文化財の保存技術」のうち、保存の措置を講ずる必要のあるもの。

概要[編集]

  • 1960年代高度経済成長以降、生産・生活様式・産業構造が変化、地方都市から東京に移住が拡大になった影響で、貴重な歴史・伝統が危機になった。これを踏まえて1974年衆議院文教委員会でに「文化財保護に関する委員会」を設置。1975年5月に文化財保護法改正で埋蔵文化財・有形と無形の民俗文化財伝統的建造物群保存地区と並んで新たに設置した[1]
  • 日本の制度上では文化財の保存のために欠くことのできない材料製作、修理、修復などの伝統的な技術は、文化財には該当しないが、文化財保護法による保護の対象となっている。文部科学大臣は、選定保存技術を選定し(第147条第1項)、その技術の保持者または保持団体を認定する(第147条第2項)。
  • 今までの保存・継承されてきたものを後世に伝わり、修理技術・制作技術を大事に守る[2]
  • 2014年10月時点で、選定件数71件、保持者数は57人、保持団体は31[3]

選定保存技術[編集]

  • 規矩術 (近世規矩)
  • 屋根瓦葺(本瓦葺き)
  • 建具製作
  • 鋳物製作
  • 檜皮葺・柿葺

など

一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省ホームページ
  2. ^ 一般社団法人日本伝統瓦技術保存会
  3. ^ 東京文化財研究所

外部リンク[編集]