石廊埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石廊埼灯台
Irozaki lighthouse.JPG
石廊埼灯台の位置(静岡県内)
石廊埼灯台
航路標識番号 2448 [F6270]
位置 北緯34度36分10秒 東経138度50分43秒 / 北緯34.60278度 東経138.84528度 / 34.60278; 138.84528座標: 北緯34度36分10秒 東経138度50分43秒 / 北緯34.60278度 東経138.84528度 / 34.60278; 138.84528
所在地 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ LB-H40型灯器
灯質 単閃白赤互光
毎16秒に白1閃光、赤1閃光
実効光度 白光:60,000 cd
赤光:67,000 cd
光達距離 白光:18.0海里(約33km)
赤光:18.5海里(約34km)
明弧 241度 - 98度
塔高 11.38 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 59.54 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1871年10月5日
(旧暦明治4年8月21日)
管轄 海上保安庁
第三管区海上保安本部

石廊埼灯台(いろうざきとうだい)は、静岡県南伊豆町伊豆半島の最南端、石廊崎に立つ、白亜の塔形をした中型灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、富士箱根伊豆国立公園に指定されていて、壮大な太平洋のパノラマが展開している。普段は灯台の敷地内へ立ち入ることはできないが、7月と11月のうち1日間程度、灯台の一般公開が実施され、灯台上部踊り場まで入ることができる。なお、灯台は「石廊灯台」だが、立っている岬は「石廊」である。

歴史[編集]

昔より石廊崎は航海の難所で、この沖の岩礁で座礁、難破する船も多くあったため、灯台の設置が求められていた。

  • 1871年明治4)10月5日(旧暦では8月21日)に、設置・初点灯した。かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造灯台として建設され、日本では10番目に古い洋式灯台だった。
  • 1932年昭和7)11月14日の暴風で大破。
  • 1933年昭和8)3月31日に、現在のコンクリート造に建て替えられた。
  • 1954年昭和29)2月、船舶気象通報業務開始。
  • 1993年平成5)2月、灯質を変更し、灯塔を白タイル張りへ。
  • 2016年(平成28)9月30日に併設の船舶気象通報(灯台放送)を廃止予定[1]

併設施設[編集]

  • 船舶気象通報

交通[編集]

伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス石廊崎港口行きで42分、石廊崎港口下車後徒歩25分

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 

外部リンク[編集]