龍飛埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍飛埼灯台
Tappisaki-todai.JPG
龍飛埼灯台の位置(青森県内)
龍飛埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
1501 [M6602]
位置 北緯41度15分30秒 東経140度20分33秒 / 北緯41.25833度 東経140.34250度 / 41.25833; 140.34250座標: 北緯41度15分30秒 東経140度20分33秒 / 北緯41.25833度 東経140.34250度 / 41.25833; 140.34250
所在地 青森県東津軽郡
外ヶ浜町字三厩龍浜
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ 第3等大型フレネル
灯質 群閃白光 毎20秒に2閃光
実効光度 470,000 cd
光達距離 23.5海里(約 44 km
明弧 29度から280度まで
塔高 13.72 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 119 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1932年昭和7年)7月1日
管轄 海上保安庁
第二管区海上保安本部

龍飛埼灯台(たっぴさきとうだい)は、青森県津軽半島竜飛崎の突端に立つ白亜円形の大型灯台。周辺は津軽国定公園に指定され、津軽海峡から北海道も望める風光明媚の地。また日本の灯台50選にも選ばれている。

歴史[編集]

交通[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ 昭和7年逓信省告示第1296号(『官報』第1654号、昭和7年7月6日、p.148.
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 

周辺情報[編集]

関連項目[編集]