塩屋埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塩屋埼灯台
Shioya-zaki lighthouse 01.jpg
塩屋埼灯台の位置(福島県内)
塩屋埼灯台
航路標識番号 1801 [F6512]
位置 北緯36度59分31秒 東経140度59分07秒 / 北緯36.99194度 東経140.98528度 / 36.99194; 140.98528座標: 北緯36度59分31秒 東経140度59分07秒 / 北緯36.99194度 東経140.98528度 / 36.99194; 140.98528
所在地 福島県いわき市薄磯字宿崎34
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ 第3等大型
灯質 単閃白光
毎20に1閃光
実効光度 440,000 cd
光達距離 22海里(約 40 km
塔高 24 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 73 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1899年明治32年)12月15日
管轄 海上保安庁
第二管区海上保安本部
福島海上保安部

塩屋埼灯台(しおやさきとうだい)は、福島県いわき市薄磯に建つ大型灯台

立地と、白亜の美しい外観から「日本の灯台50選」にも選ばれ、地元では「豊間の灯台」とも呼ばれている。周辺は、磐城海岸県立自然公園に指定され、太平洋に臨んで、北に薄磯海岸、南に豊間海岸と海水浴の適地に恵まれ、マリンスポーツファンにも人気がある。

歴史[編集]

  • 一帯は潮の流れが激しく暗礁も多い、海上交通の難所として古くから知られていた。このため江戸時代から狼煙台がつくられた。
  • 1899年明治32年)12月15日:煉瓦石造で建てられ、初点灯した。
  • 1926年大正15年)8月15日:霧信号所(モーターサイレン)設置。
  • 1932年昭和7年)11月1日:無線方位信号所(中波)設置。
  • 1938年(昭和13年)11月5日:福島県沖地震のため破損。
  • 1940年(昭和15年)3月30日:鉄筋コンクリート造に改築。
  • 1945年(昭和20年):太平洋戦争末期に度々米軍の標的となり、飛行機や潜水艦からの攻撃を受けて破壊され、灯台としての機能を喪失。灯台職員も殉職した。
  • 1950年(昭和25年)4月7日:戦災復旧工事によってレンズや灯器を修復。
  • 1957年(昭和32年):映画喜びも悲しみも幾歳月」(松竹映画作品、木下惠介監督)が公開され、主題歌共々日本国内で全国的ヒット。灯台職員とその家族が日本全国の辺地の灯台勤務で積み重ねる、長い人生の哀歓を描いた映画作品である。本作は当時の塩屋埼灯台長夫人・田中きよの手記「海を守る夫とともに20年」(雑誌「婦人倶楽部」寄稿、1956年8月号に掲載)から原案を得た内容で、映画には塩屋埼灯台もロケーションで登場した。
  • 1977年(昭和52年)3月29日:霧信号所モーターサイレンからダイヤフラムホーンへ変更。
  • 1992年平成4年)10月31日:無線方位信号所(中波)廃止。
  • 1993年(平成5年)2月:無人化。
  • 2011年(平成23年)3月11日:東北地方太平洋沖地震により消灯(3月26日発表 航行警報 11-0915 [リンク切れ] )。
  • 2011年11月30日:約9ヶ月ぶりに再点灯。

付属施設[編集]

一般公開[編集]

一般公開(有料200円、小学生以下無料)されている参観灯台で、階段で上まで登ることができ、灯台資料展示室も見学できる。公開時間は、8:30 - 16:00(入館は30分前まで)。年中無休(但し荒天時は休み)。50台(大型10台)が停められる無料駐車場あり。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害の影響により、復旧工事のため一時参観中止となっていた。2014年2月22日再開。

記念碑[編集]

  • 灯台の近くには、美空ひばりの『みだれ髪』を歌う歌碑と遺影碑が建ち、その 200 m ほど北には、永遠のひばり像も建立。
  • 『喜びも悲しみも幾歳月』(映画・木下惠介監督 1957年松竹作品)の記念碑。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]