陸中黒埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
陸中黒埼灯台
KurosakiToudai2010.jpg
航路標識番号
[国際標識番号]
1638 [M6606]
位置 北緯40度00分25秒
東経141度56分08秒
座標: 北緯40度00分25秒 東経141度56分08秒
所在地 岩手県下閉伊郡普代村第2地割下村84番地5
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート造
レンズ LB-H40
灯質 単閃白光 毎5秒に1閃光 [Fl W 5s]
実効光度 閃光 310,000 cd
光達距離 閃光 21海里(約 39 km
明弧 82度から332度まで
塔高 11.95 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 142.85 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1952年(昭和27年)7月1日
(海上保安庁管理の灯台として)
管轄 海上保安庁第二管区海上保安本部(釜石海上保安部)

陸中黒埼灯台(りくちゅうくろさきとうだい)は、岩手県下閉伊郡普代村太平洋に突き出した黒崎にある、標高130mの断崖上に立つコンクリート造の灯台

黒崎は田野畑村に位置する北山崎と同様、三陸復興国立公園における海岸段丘の景勝地で、日本の灯台50選に選ばれている。北緯40度線上の灯台として、日本海側の秋田県男鹿半島の北端にある入道埼灯台と対をなす。

歴史[編集]

  • 1947年昭和22年)4月17日:黒崎漁業協同組合が「譜代灯柱」として設置
  • 1951年(昭和26年)4月:国に移管
  • 1952年(昭和27年):改築、7月に「普代灯台」に改称
  • 1966年(昭和41年)6月:「陸中黒埼灯台」に改称
  • 1976年(昭和51年)4月:自動化により無人化
普代村中心部と黒崎周辺の空中写真。画像右側、北東方向へ突き出した岬が黒崎である。1977年撮影の5枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]