男鹿半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男鹿半島のランドサット衛星写真。右は八郎潟。スペースシャトル標高データ使用。

男鹿半島(おがはんとう)は、秋田県西部にある日本海に突き出た半島。半島部の大半が男鹿市に属する。

地理[編集]

男鹿半島の位置。スペースシャトル標高データ使用。
3つの池が目潟火山のマール。楕円形の戸賀湾は目潟火山より古いタフリング
八望台から見た二ノ目潟と戸賀港

西部に男鹿三山、中央部に寒風山がそびえる。また、半島の南東部の海岸を中心に海食崖が続いている。半島の付け根には八郎潟がある。かつて寒風山は火山島であった。山体の成長とともに北側から米代川、南側から雄物川による土砂堆積によって2本の砂州が伸びて複式の陸繋島となり、中心部が取り残されて汽水湖である八郎潟となった。

交通面では、国道101号が南北に横断しているが、五里合地区などで狭路が多い。秋田市方面からはJR男鹿線が通じている。

半島と火山[編集]

寒風山火山は約3万~1万年前の活動で形成された。先端部にある一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟は、マールであり、これを目潟火山と呼ぶ。約3万~2万年前の火山活動である。また、戸賀湾(四ノ目潟とも)は目潟火山より古い時代のタフリングであり、それが海とつながったものである。

文化[編集]

古くからなまはげが有名な所として知られている。真山、本山、毛無山は男鹿三山と呼ばれ、古くから山岳信仰の霊場とされている。 戦国時代以降は、戦国大名安東氏日本海経由の交易拠点として栄えた。

観光[編集]

男鹿温泉郷をはじめ、金崎、戸賀など海岸沿いを中心に温泉がある。北西端にある入道崎は海食崖の岬で、入道埼灯台がある。このほか、八望台といった景勝地もあり、男鹿国定公園に指定されるとともに、日本百景に選定されている。 半島内には三つの郷土太鼓のグループがあり、男鹿温泉郷を中心に活動するなまはげ郷神楽は、勇壮な演奏と華麗なパフォーマンスにより、アジア各国、フランスまでその活動の幅を広げている。

関連項目[編集]

  • 汽水湖 八郎潟は有名だった
  • 寒風山
  • 牡鹿半島 名前が似ていて、男鹿を「おしか」と読み間違える例が多々ある。

外部リンク[編集]