高縄半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高縄半島の地形図

高縄半島(たかなわはんとう)は、四国北西部、愛媛県の中ほどにある半島。西・北は斎灘来島海峡を挟み東は燧灘に面す。

西部に松山市、北東部に今治市、南東部に西条市等があり、JR予讃線はこの半島をほぼ海岸沿いに走っている。

永い間、海岸線に沿って走る国道196号と半島基部を東西に走る国道11号が主な国道であったが、平成8年度に、半島中央の山塊・水が峠にトンネルが通じ国道317号によって、松山市と今治市が直結された。さらに松山自動車道西瀬戸自動車道今治小松自動車道等の高速道路も整備されつつある。

中央部の山塊に半島の名となった高縄山 (986m) があるが、最高峰は今治市・西条市・東温市の境界になっている東三方ヶ森(1233m)である。半島の大部分は風化花崗岩質であるが、半島の南側には中央構造線が東西に走っており、多くの断層面が認められる。

関連項目[編集]

座標: 北緯33度57分0秒 東経132度55分0秒 / 北緯33.95000度 東経132.91667度 / 33.95000; 132.91667