男鹿温泉郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg男鹿温泉郷
温泉情報
所在地 秋田県男鹿市北浦湯本
座標 北緯39度58分24.2秒東経139度44分32.0秒座標: 北緯39度58分24.2秒 東経139度44分32.0秒
男鹿温泉郷の位置(秋田県内)
男鹿温泉郷
男鹿温泉郷
交通 鉄道 : JR男鹿線羽立駅から路線バスで約45分
外部リンク 男鹿温泉郷協同組合
テンプレートを表示

男鹿温泉郷(おがおんせんきょう)は、秋田県男鹿市(旧国出羽国明治以降は羽後国)、入道崎の東側にある北浦地区を中心とした温泉郷である。

温泉街[編集]

温泉街では、ナマハゲふれあい太鼓ライブや、秋田三味線ミニライブなどの演奏が楽しめ、近くには秋田県立男鹿水族館GAO(車で約15分)、入道崎(車で約10分)、なまはげ館(車で約15分)などがあり観光スポットとなっている。

歴史[編集]

日本書紀にも登場した温泉地であるとも言われる。

温泉郷としての活動は、1947年から始まっている。

2004年には映画釣りバカ日誌15のロケ地となった。

石焼き[編集]

男鹿温泉の名物料理である石焼き(磯焼き)は男鹿ホテルが漁師料理をアレンジして御座敷で出したのが始まりで、現在は至る旅館や飲食店で供される。

元々は、この地方の漁師料理であり、木桶の中に真っ赤に焼けた石(舟に備え付けていた火鉢の石を使ったとされる)を投げ入れ、その熱で白身魚などを煮込んで、味噌で仕立てて食す豪快な煮込み料理である。周辺の旅館や飲食店で提供される。

アクセス[編集]

外部リンク[編集]