島根半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島根半島の地形図

島根半島(しまねはんとう)は、島根県の北東に位置し、北側を日本海、東側を美保湾、南側を中海宍道湖に囲まれた半島である。出雲市大社の日御碕から松江市美保関の地蔵崎に至る東西65km、南北15 - 20kmの半島で、一帯は200 - 500mの丘陵地となっている。境水道大橋川に加え、宍道湖と日本海(恵曇港)を直接結ぶ、人工運河の佐陀川が天明時代に掘削されたので、半島東部は本土と切り離されている。北岸は日本海の荒波によって浸食された海食崖沈水海岸が連続し、その中に小湾が続き、恵曇(えとも)や七類、片江、御津、十六島(うっぷるい)などの漁港がある。

自然[編集]

島根半島北岸(松江市美保関町)

半島東部の地蔵崎から加賀の潜戸に至る海岸線一帯と半島西部の日御碕付近は大山隠岐国立公園に指定されている。それを補うように、中間地帯は宍道湖北山県立自然公園の指定地となっている。

文化[編集]

一帯は出雲信仰と相俟って、古くから信仰の地としても著名である。特に美保神社出雲大社を始め、日御碕神社佐太神社など出雲信仰にまつわる古社が多い。 さらに島根半島自体も、その成り立ちが国引き神話として語られている。

他には山陰有数の名刹である鰐淵寺華蔵寺、目に御利益があるという一畑薬師などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]