知多半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
知多半島の位置。スペースシャトル標高データ使用。
知多半島(左)、渥美半島(下)、三河湾(間)のランドサット衛星写真。スペースシャトル標高データ使用。

知多半島(ちたはんとう)は、愛知県西部、名古屋市の南に突き出した半島。西は伊勢湾、東は知多湾三河湾で、南は伊良湖水道を通じて太平洋である。

市外局番は東海市(一部を除く)、大府市、知多市(一部を除く)、東浦町が0562(尾張横須賀MA)、半田市、常滑市、武豊町、美浜町、南知多町と知多市の一部が0569(半田MA)、東海市の一部が052(名古屋MA)である。自動車のナンバープレートは全域で名古屋ナンバーを使っている。

知多半島の地理学的概要[編集]

比較的細長い半島で、平地は狭く、ほとんどが緩やかな丘陵からなっている。海岸段丘の切り立った海岸も多い。最先端は南知多町にある羽豆岬である。

行政区は、東海市大府市知多市常滑市半田市知多郡東浦町阿久比町武豊町美浜町南知多町の5市5町に分けられている。かつて市制が施行される以前は、5市の他に大高町有松町が知多郡に入っていた。現在では、両町とも名古屋市に合併され緑区に入っているので、知多半島には含められない。大府市と阿久比町は海に面していない。美浜町と南知多町は伊勢湾と三河湾の両方に面している。

東岸に沿って走るJR武豊線に沿って武豊町、半田市には古くから臨海工業地帯が発展している。また、西岸中部の常滑市は古くから焼き物の町として知られ、明治時代からは陶製土管など陶器の大生産地である。西岸北部の東海市、知多市の沿岸部は名古屋港から続く埋立地に工場が連なって中京工業地帯コンビナートとなっている。対照的に西岸南部は工業化が進んでおらず砂浜がよく残り、内海海水浴場などを抱える名古屋圏の行楽地となっている。

近年、北部では宅地開発が盛んである。また知多半島道路の整備により半田市、武豊町の内陸部の発展が著しい。

10市町の概要[編集]

律令時代、知多半島は尾張国に所属した。したがって、稲沢市に有ったとされる尾張国国府に服属していた。

明治維新後、廃藩置県が行われ、知多半島は尾張藩の後裔の名古屋県ではなく、岡崎市に県庁を置く額田(ぬかた)県に属した。額田県は1年程しか続かず、名古屋県から改名した愛知県と合併した。このためか、知多半島の住民性は、額田県民時代の名残りか、尾張国にもかかわらず旧名古屋県地域(旧尾張国から知多半島を除く地域)の住民性と異にする。

北部は早くから中京工業地帯の一角を形成していた。特に北西部では製鉄・石油化学・火力発電などが発達し、北東部には自動車製造業の進出がみられる。近年は名古屋市の衛星都市化進行で人口増加が著しい。一方武豊町より南の地域は第1次産業を主体とした漁村地域で、少子高齢化が進み人口も減少傾向にある。全国区の話題となった南セントレア市は、美浜町と南知多町が合併して誕生する予定だった市名である。しかし住民投票の結果合併案は否決され、2町は当分単独行政を続けることとなった。

  • 大府市:知多・名古屋・三河を結ぶ交通網の要衝であり、愛三工業豊田自動織機住友重機械工業などの大企業が軒並み本社・主力工場を構える工業都市。丘陵部は近郊農業地帯である。東浦町にまたがるウェルネスバレーは、健康・医療・介護・福祉関連の機関の一大集積地として開発が進んでいる。
  • 東海市新日鐵住金名古屋製鐵所愛知製鋼の本社が立地する製鉄業の市で、儒学者細井平洲の出身地でもある。
  • 東浦町:宅地開発が進む一方、郊外型大型SCの立地で新たな知多半島北部の商業拠点となりつつある。2010年の国勢調査で人口5万人の用件を達成し(速報値で50,080人)、2012年1月に市制移行を目指していたが、人口の確定がずれ込み移行時期を先延ばししている。
  • 常滑市:愛知県内の瀬戸市と並んで日本有数の窯業の町であり、INAX(現・LIXIL)の本社があった。中部国際空港の開港により更なる発展を目指している。
  • 知多市:火力発電の町で、近年は名古屋市のベッドタウンとしても発達している。
  • 半田市:知多半島の中核であり、1937年に市制施行を果たした。江戸時代より醸造業が盛んで、ミツカンの本社がある。
  • 武豊町:臨海部は工場立地が進んでおり、中部電力による大規模太陽光発電所『メガソーラーたけとよ』も建設されている。たまり、たくあん、味噌などが有名。富貴地区には浦島太郎伝説もある。
  • 阿久比町:農業が盛んで阿久比米である『れんげちゃん』の産地。近年は隣接市の影響を受け自動車部品の工場も立地している。
  • 美浜町南知多町:海水浴場や釣り場を多く有し観光地としても東海地方各地から観光客を集めているが、伸び悩んでいる。
タコやフグで有名な日間賀島篠島は、現在、知多郡南知多町に属する。但し、この2つの島はかつては三河国幡豆郡に所属した。
半島内の人口の合計は614,248人(2009年12月1日現在の推計)とされている。

政治[編集]

衆議院小選挙区では10市町のうち大府市のみが愛知7区で、その他はすべて愛知8区に属する。概して自民党が比較的優位に立つ保守地盤で、久野忠治元自治相が涵養(かんよう)した県内有数の自民牙城であった。小選挙区制度に変更された後も、自民党が中部国際空港建設や各種産業の誘致などで域内の有権者に対する影響力を維持していたが、2003年に行われた衆議院議員総選挙で民主党が小選挙区勝利を果たし、自民党が(比例復活も含めて)知多半島から議員を失う結果になった。2005年で再び自民党が小選挙区を奪取したが、民主党も比例復活を遂げたことで知多半島は与野党が激しくしのぎを削る地域に転じたという意味で、新たな局面を迎えたことになる。

関連項目[編集]

道路・空港
鉄道
その他


座標: 北緯34度41分47秒 東経136度58分25秒 / 北緯34.696383度 東経136.9735度 / 34.696383; 136.9735