本部半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯26度40分00秒 東経127度56分00秒 / 北緯26.66667度 東経127.93333度 / 26.66667; 127.93333

本部半島(もとぶはんとう)は、沖縄本島北部から東シナ海に突き出した半島。南の名護湾と北の羽地内海に挟まれており、北西方向に伸びた半島となっている。幅約4km-7km、長さ約12km。山地であり、平野部は少ない。最高所の標高は八重岳の453m。

地理[編集]

沖縄本島北部の空中写真。右奥に本部半島が見える。

本部半島に含まれる行政地域は、本部町今帰仁村名護市の一部である。天気予報のエリアは沖縄本島北部で、警報注意報の2次区分地域エリアは伊江村も含め名護地区となっている。

河川[編集]

周辺離島[編集]

施設[編集]

観光地[編集]

ビーチ[編集]

寺院[編集]

交通[編集]

道路[編集]

国道
県道

路線バス[編集]

いずれも名護バスターミナルより琉球バス交通沖縄バスが共同運行で運行している。

  • 65番・本部半島線(渡久地廻り・国道449号→国道505号を通るルート)
  • 66番・本部半島線(今帰仁廻り・国道505号→国道449号を通るルートで65番とは逆ルートとなる)
  • 70番・備瀬線
  • 76番・瀬底線

※参考:バスマップ沖縄

港湾[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]