一畑寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一畑寺
Ichibataji.JPG
薬師本堂
所在地 島根県出雲市小境町803
位置 北緯35度29分48.39秒 東経132度52分26.77秒 / 北緯35.4967750度 東経132.8741028度 / 35.4967750; 132.8741028
山号 醫王山(いおうざん)
宗派 臨済宗妙心寺派
一畑薬師教団総本山
本尊 薬師瑠璃光如来
創建年 (伝)寛平6年(894年
開基 補然
別称 一畑薬師
札所等 出雲十大薬師1番、出雲國神仏霊場3番、出雲観音特別霊場、中国33観音26番
文化財 紙本墨画著色書院障壁画22面・絹本著色阿弥陀三尊像(県文化財)
法人番号 2280005003365 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

一畑寺(いちばたじ)は、島根県出雲市小境町にある仏教寺院山号醫王山(いおうざん)。宗派は臨済宗妙心寺派で、一畑薬師教団総本山ある。一畑薬師とも呼ばれ、「のお薬師様」として知られる[1]

歴史[編集]

縁起によれば、寛平6年(894年)、漁師の与市(のち出家して「補然」と称する)が、海中から引き上げた薬師如来像を本尊とし、医王寺として創建したという[2]天台宗に属したが、正中2年(1325年)に石雲本竺臨済宗南禅寺派寺院として再興し、寺号を成徳寺と改めた。承応2年(1653年)には一畑寺に改名。寛政2年(1790年)、妙心寺派に転属した。

昭和28年(1953年)、宗教法人一畑薬師教団が設立され、一畑寺が総本山となっている。日本各地に約50の分院がある[2]

伽藍[編集]

  • 薬師本堂(1890年再建)[3]
  • 観音堂(1938年建立)[4]
  • 八万四千仏堂
  • 法堂(1809年建立)[5]
  • 書院(1813年建造)[6]
  • 東陽坊
  • 鐘楼堂(1936年建立)[4]
  • 守礼堂
  • 仁王門
  • 開基堂

寺は島根半島の山中もあり、宍道湖を見下ろせる。境内には上記の伽藍のほか、宿坊「一畑山コテージ」があり、座禅体験などができる[7]

文化財[編集]

県指定[編集]

絵画[編集]

行事[編集]

札所[編集]

住職[編集]

所在地[編集]

  • 〒691-0074:島根県出雲市小境町803番地

交通アクセス[編集]

前後の札所[編集]

中国三十三観音霊場
25 鰐淵寺 -- 26 一畑寺 -- 27 雲樹寺

備考[編集]

水木しげるの『のんのんばあとオレ』の「のんのんばあ」は作品中にも一畑寺に参詣するエピソードが登場するなど一畑寺を信仰しており、その縁で2012年4月8日には「のんのんばあまつり」が開かれる。境内に「のんのんばあとしげる少年」と『ゲゲゲの鬼太郎』の「目玉のおやじ」(一畑寺が目の薬師であることに因む)のブロンズ像が建立された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 紹介 一畑薬師(2021年1月27日閲覧)
  2. ^ a b 縁起 一畑薬師(2021年1月27日閲覧)
  3. ^ 五木寛之 (2005年). 『五木寛之の百寺巡礼ガイド版・第八巻 山陰・山陽編』. 講談社. p. 67 
  4. ^ a b 五木寛之 (2005年). 『五木寛之の百寺巡礼ガイド版・第八巻 山陰・山陽編』. 講談社. p. 75 
  5. ^ 五木寛之 (2005年). 『五木寛之の百寺巡礼ガイド版・第八巻 山陰・山陽編』. 講談社. p. 71 
  6. ^ 五木寛之 (2005年). 『五木寛之の百寺巡礼ガイド版・第八巻 山陰・山陽編』. 講談社. p. 73 
  7. ^ 8位 一畑薬師 一畑山コテージ(島根県出雲市)和尚に厳しさリクエスト日本経済新聞』2019年11月23日・土曜朝刊別刷りNIKKEIプラス1「何でもランキング」(2面)2021年1月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]