美保神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美保神社
拝殿
所在地 島根県松江市美保関町美保関608
位置 北緯35度33分44.32秒
東経133度18分21.77秒
座標: 北緯35度33分44.32秒 東経133度18分21.77秒
主祭神 事代主神
三穂津姫命
社格 式内社(小)・国幣中社・別表神社
本殿の様式 美保造
札所等 出雲國神仏霊場8番
例祭 4月7日(青柴垣神事)
主な神事 神迎神事
虫探神事
諸手船神事
テンプレートを表示

美保神社(みほじんじゃ)は、島根県松江市にある神社である。式内社で、旧社格国幣中社

事代主神系えびす社3千余社の総本社であると自称している(ただしこの3千余社は蛭子神系のえびす社とあわせた数であり正確でない。えびす云々ではなく事代主神を祀る神社の総本宮の意と思われる)。えびす神としての商売繁盛の神徳のほか、漁業・海運の神、田の虫除けの神として信仰を集める。また、「鳴り物」の神様として楽器の奉納も多い。

祭神[編集]

右殿に大国主神の子の事代主神、左殿に大国主神の后の三穂津姫命を祀る。

(三穂津姫命は大国主神の幸魂奇魂(さきみたま・くしみたま)である「大物主神」の后神。事代主命は神屋楯比売神(かむやたてひめ)と大国主神との間の子供なので義理の母親にあたる)

出雲国風土記』には、大穴持命(大国主神)と奴奈宣波比売命(奴奈川姫命)の間に生まれた「御穂須須美命」が美保郷に坐すとの記述がある。元々の当社の祭神は御穂須須美命のみであったのが、記紀神話の影響により事代主神と三穂津姫命とされたものとみられる。

歴史[編集]

創建の由緒は不詳であるが、8世紀に編纂された『出雲国風土記』の神社台帳に記載される古社である。延喜式神名帳では小社に列する。

中世より横山氏が神職を世襲した。近世ごろから「大社(出雲大社)だけでは片詣り」と言われるようになり、出雲大社とともに参拝者が増えるようになった。出雲大社とあわせて「出雲のえびすだいこく」と総称される。

明治18年(1885年)に国幣中社に列せられ、第二次大戦後は神社本庁別表神社となった。

境内[編集]

社殿
別号二御前(事代主大神)
別号大御前(三穂津姫命)
神門

現在の本殿は文化10年1813年)の造営。大社造の左右二殿連棟の特殊な形式で「美保造」または「比翼大社造」といわれ、国の重要文化財に指定されている。このような様式は文書によると天正年間にその痕跡がうかがわれるが、現在の整備された構造は、文禄五年、吉川廣家が朝鮮出兵で朝鮮にあって立願のため造営をした時まで遡ることができる。昭和3年(1928年)に拝殿以下、現在の神域を完成させたが、本殿を始め拝殿、神門、廻廊、通塀ともに屋根は桧皮葺である。本殿2棟の間に末社・大后社があり、3社5神(大后社 神屋楯比売命,沼河比売命、姫子社 媛蹈鞴五十鈴媛命,五十鈴依媛命、神使社 稲脊脛命)を祀る。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

建造物
  • 美保神社本殿 附:棟札18枚 - 文化10年(1813年)

重要有形民俗文化財(国指定)[編集]

  • 諸手船 2隻
  • 美保神社奉納鳴物 846点
  • そりこ 1隻

県指定有形文化財[編集]

  • 紙本墨書手鑑(てかがみ)

県指定有形民俗文化財[編集]

  • アバニ 1隻 附:櫂17本、アンバ20本
  • ともど 1隻

祭事[編集]

青柴垣(あおふしがき)神事・諸手船(もろたぶね)神事は国譲り神話に因むものである。12月の諸手船神事は、大国主命が国譲りの是非を相談するため息子の言代主神に使者を送ったという故事を再現、4月の青柴垣神事は、国譲りを決めた言代主神が船を青柴垣に変えてその中に身を隠すが、再び神として甦る様子を再現している[1]。1年間鶏肉鶏卵を避け、毎日海で身を清めた2人の当屋が前日から断食し、青柴垣を飾った2隻の船に乗り、港内を一周後、美保神社に参拝、奉幣する[2]

  • 1月1日 -- 歳旦祭
  • 1月7日 -- 初ゑびす祭
  • 2月節分 -- 節分祭
  • 4月7日 -- 例大祭(青柴垣神事):例大祭が午前に、青柴垣神事は午後に行なわれる。
  • 4月13日 -- 漁幸祭
  • 5月5日 -- 神迎神事
  • 8月7日 -- 虫探神事
  • 9月中旬 -- 浦安の舞(中学生の少女が正装で舞う)
  • 12月3日 -- 新嘗祭・諸手船神事

波剪御幣(なみきりごへい)と月次御幣(つきなみごへい)[編集]

波剪御幣
青柴垣神事で奉られる。
月次御幣
毎月7日の月次祭の折に供えられる。

交通[編集]

松江駅より一畑バス美保関ターミナル行きに乗車(所要時間約40分)。美保関ターミナル終点より美保関町民バス美保関行きに乗り換えて美保関終点下車(所要時間約30分)。美保関バス停から徒歩約1分。

公民館の横に駐車場(無料:十数台分のスペース)と公衆便所あり、神社までは徒歩1分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第36回サントリー地域文化賞島根県松江市美保神社大祭奉賛会サントリーチャンネル、2014
  2. ^ 青柴垣神事美保関地域観光振興協議会公式ホームページ

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、58頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、322-323頁
  • 菅田正昭『日本の神社を知る「事典」』日本文芸社、1989年、203頁
  • 上山春平他『日本「神社」総覧』新人物往来社、1992年、238-239頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

美保神社公式ウェブサイト