男鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男鹿島
Tangashima(Ieshima islands).JPG
座標 北緯34度39分53.4秒
東経134度34分29.8秒
面積 4.57 km²
海岸線長 10 km
最高標高 220 m
所在海域 瀬戸内海播磨灘
所属国・地域 日本の旗 日本 兵庫県
地図
男鹿島の位置(兵庫県内)
男鹿島
テンプレートを表示
男鹿島の位置

男鹿島(たんがしま、たんがじま、だんがじま)は、瀬戸内海東部・播磨灘家島諸島東部に位置する

概要[編集]

兵庫県姫路市に属する。かつては飾磨郡家島町に属していたが、2006年3月27日に家島町が姫路市と合併したことに伴い姫路市の一部となった。人口は約150人。島全体が花崗岩で成っており、石材搬出を主産業とする。また、夏には釣り客やキャンプで賑わう。

島名は、現在の姫路市飾磨区付近に生息していた雌雄の鹿のうち、牡鹿がこの島へ渡ってきたという伝承による[1]。本土の飾磨区側にはこれに対応する妻鹿という地名がある。そもそも「飾磨」という地名自体が、鹿がいたことに由来するものである。

なお、秋田県男鹿市にある一等三角点も「男鹿島」と書くが、こちらは「おがしま」と読む。

施設[編集]

  • 姫路市立男鹿小学校
1988年(昭和63年)3月休校、児童は家島小学校へ通学。2006年(平成18年)9月 廃校[2]

名所旧跡[編集]

交通[編集]

姫路港から坊勢島・西島へ向かう渡船・坊勢汽船のうち男鹿島を通過する便を利用。ほかにチャーター船もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 男鹿島のご紹介”. 姫路市. 2017年2月5日閲覧。
  2. ^ 姫路市立家島小学校「家島小学校の歴史」”. 姫路市. 2017年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]