鮫角灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鮫角灯台
青森県八戸市鮫角灯台
鮫角灯台の位置(青森県内)
鮫角灯台
航路標識番号 1625[M6620]
位置 北緯40度32分24秒 東経141度34分34秒 / 北緯40.54000度 東経141.57611度 / 40.54000; 141.57611座標: 北緯40度32分24秒 東経141度34分34秒 / 北緯40.54000度 東経141.57611度 / 40.54000; 141.57611
所在地 青森県八戸市鮫町
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ LB-M30型灯器
灯質 単閃白光 毎8秒に1閃光
実効光度 100,000 cd
光達距離 19.5海里(約 36 km
明弧 全度
塔高 22.73 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 57.60 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1938年昭和13年)2月16日
管轄 海上保安庁
第二管区海上保安本部

鮫角灯台(さめかどとうだい)は、青森県八戸市鮫町に所在する灯台八戸港に出入する船舶の目標となっている。

日本の灯台50選」にも選ばれている日本を代表する灯台の一つ。

ウミネコの繁殖地として知られる蕪島を含む種差海岸階上岳県立自然公園やタイヘイ牧場に隣接しているため訪れる観光客も多い。

歴史[編集]

  • 1938年昭和13年)2月16日:初点灯[1]
  • 1951年(昭和26年)6月18日:霧信号所(モーターサイレン)設置
  • 1955年(昭和30年)6月1日:無線方位信号所(中波)設置
  • 1964年(昭和39年)4月:滞在管理が始まる
  • 1981年(昭和56年)3月26日:レーマークビーコン局設置
  • 1992年平成4年)10月31日:中波無線標識局廃止
  • 1993年(平成5年)12月22日:霧信号所廃止
  • 1997年(平成9年)3月:第4等フレネル式レンズ(水銀槽回転式)をLB-M30型灯器に変更
  • 2006年(平成18年):耐震補強工事を実施
  • 2007年(平成19年):4月10日 レーマークビーコン局廃止

一般公開[編集]

平成25年度より、毎年期間限定(4月~10月の土日祝日など)で一般開放事業を八戸市が実施している。

詳しくは、八戸観光Navi https://hachinohe-kanko.com/参照。

アクセス[編集]

脚注[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]