鮫駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)
鮫駅
Same-stn.jpg
駅舎(2011年8月)
さめ
Same
白銀 (1.5km)
(5.7km) 陸奥白浜
所在地 青森県八戸市大字鮫町字日二子石18
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八戸線
キロ程 11.8km(八戸起点)
電報略号 サメ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
283人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1924年大正13年)11月10日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

鮫駅(さめえき)は、青森県八戸市大字鮫町字日二子石にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八戸線である。国の天然記念物である蕪島への最寄駅。青森県最東端の有人駅でもある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

跨線橋からホームを見る

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅になっている。互いのホームは跨線橋で連絡している。

当駅は八戸市街地の端となっており、八戸駅からの列車の多くが当駅で折り返す(2番線ホームを使用)。

八戸駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託、早朝夜間駅員不在)。単式ホームに接する駅舎にはみどりの窓口自動券売機1台がある。駅スタンプが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 八戸線 上り 八戸方面
3 下り 久慈方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は283人である[利用客数 1]

近年の推移は下記のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 727 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 691 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 727 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 677 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 642 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 563 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 543 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 515 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 521 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 509 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 510 [利用客数 12]
2011年(平成23年)
2012年(平成24年) 372 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 340 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 328 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 331 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 327 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 311 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 288 [利用客数 19]
2019年(令和元年) 283 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅開業50周年記念・8620形動輪

駅前には駅名にあやかってサメのモニュメントが設置されている。また駅前にある動輪は、「鮫駅開業50周年」を記念して1974年11月10日建立された物で、実際八戸線を走っていた8620形蒸気機関車のものである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
八戸線
白銀駅 - 鮫駅 - *プレイピア白浜駅 - 陸奥白浜駅
*打消線は廃駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、26頁。
  2. ^ 東京朝日新聞 1929年1月7日朝刊7面「停車場全焼」
  3. ^ 「五輪渋滞」で思い出される 築地市場を走った鮮魚貨物列車”. 朝日新聞 (2019年7月26日). 2019年7月26日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月5日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月7日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月6日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]