東京市場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京市場駅
築地市場、湾曲する施設の一番右側が駅跡
築地市場、湾曲する施設の一番右側が駅跡
とうきょうしじょう
Tokyo-Sijyou
汐留 (1.1km)
所在地 東京都中央区築地
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 東海道本線貨物支線
東海道貨物線
キロ程 1.1km(汐留駅起点)
電報略号 トシ
開業年月日 1935年(昭和10年)2月11日
廃止年月日 1984年(昭和59年)2月1日
テンプレートを表示

東京市場駅(とうきょうしじょうえき)は、東京都中央区築地にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅汐留駅から分岐していた東海道本線の貨物支線の終点だった。電報略号はトシ。

概要[編集]

汐留駅の貨物ホームの脇から分岐していた全長1.1 km、単線の貨物支線の終点にあった地上駅1935年の築地市場の開場の同日に開業した。

東京都中央卸売市場築地市場の外周に平行して大きなカーブを描いて線路が敷設されていた。市場の線路脇は、貨車から直接荷卸しができるようにプラットホームのような構造になっており、1度に40両の貨車から荷役作業が可能だった。

取扱品は水産物、青果物などの生鮮食品で、市場を発着するものを専門に取り扱っていた。また、1966年10月1日のダイヤ改正からは、新開発された高速運転対応冷蔵車レサ10000形貨車を使用、九州中国地方を発駅とする特急貨物鮮魚貨物列車「とびうお」や、北海道三陸地方を発駅とする鮮魚貨物列車「とうりん」の運行が開始された。

その後、トラックの普及や高速道路網の整備などのため取扱量が減少。1984年1月31日14時30分、DE10 1553の牽引する最終列車の発車を最後に廃止された。なお、当時の駅舎と踏切は2016年現在もそのまま残されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
東海道本線 貨物支線
汐留駅 - 東京市場駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1957年(昭和32年)3月30日日本国有鉄道公示第98号「東海道本線東京市場等における急行小口扱及びトン扱貨物の取扱を廃止する件」
  2. ^ 1959年(昭和34年)10月7日日本国有鉄道公示第359号「標準パレツトの取扱方を定める件」
  3. ^ 1974年(昭和49年)9月12日日本国有鉄道公示第208号「駅の営業範囲の改正」
  4. ^ 1978年(昭和53年)11月28日日本国有鉄道公示第153号「国鉄線における旅客(荷物)運輸営業の廃止」
  5. ^ 1978年(昭和53年)11月28日日本国有鉄道公示第157号「駅の営業範囲の改正」
  6. ^ 1984年(昭和59年)1月30日日本国有鉄道公示第172号「駅の廃止」
  7. ^ 鉄道ファン 1987年1月号 p117

参考文献[編集]

  • 『鉄道廃線跡を歩くVll』JTBキャンプブックス、1999年、192・194項

関連項目[編集]