青森県立八戸水産高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青森県立八戸水産高等学校
Hachinohe-suisankoukou-seimon.jpg
過去の名称 青森県水産試験場伝習部
青森県水産講習所
青森県立水産学校
国公私立の別 公立学校
設置者 青森県の旗 青森県
学区 全県学区
岩手県の一部[1]
設立年月日 1909年(明治42年)4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 海洋生産科
水産食品科
水産工学科
(以上本科)
専攻科 漁業科
機関科
高校コード 02147E
所在地 031-0822
青森県八戸市大字白銀町字人形沢6-1

北緯40度31分37.9秒 東経141度33分7.3秒 / 北緯40.527194度 東経141.552028度 / 40.527194; 141.552028座標: 北緯40度31分37.9秒 東経141度33分7.3秒 / 北緯40.527194度 東経141.552028度 / 40.527194; 141.552028
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

青森県立八戸水産高等学校(あおもりけんりつ はちのへすいさんこうとうがっこう, Aomori Prefectural Hachinohe Fisheries High School)は、青森県八戸市大字白銀町字人形沢にある県立水産高等学校。青森県で唯一の水産・海洋系高等学校である。

概要[編集]

歴史
1909年明治42年)創立の「青森県水産試験場伝習部」を前身とする。数回の改称を経て1948年昭和23年)の学制改革により、現校名となった。
設置課程・学科
全日制課程 3学科
  • 海洋生産科
  • 水産食品科
  • 水産工学科
専攻科
高校3年修了後の2年間の課程
  • 漁業科
  • 機関科
綱領
  • 一. 心身を錬磨して質実剛健の気風を養うべし。
  • 一. 時間を大切にして勉学に励み勤労を重んずべし。
  • 一. 言語は明瞭にして行動は敏活になるべし。
校章
水高の文字(縦書き)を置いている。
校歌
作詞は中里忠香、作曲は山田源一郎による。歌詞は3番まであり、校名は登場しない。

沿革[編集]

前史
正史
  • 1909年(明治42年)4月 - 「青森県水産試験場伝習部」が開設される。(創立年
  • 1918年大正7年)4月1日 - 「青森県水産講習所」に改称。
  • 1924年(大正13年)4月1日 - 「青森県立水産学校」(実業学校)に改称。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革六・三制の実施)により、水産学校が廃止され、新制高等学校青森県立八戸水産高等学校」が発足。
  • 1951年(昭和26年)1月 - 中型実習船「津鷹丸」が完成。
  • 1956年(昭和31年)9月 - 大型実習船「青森丸」が完成。
  • 1958年(昭和33年)4月1日 - 無線通信科を新設。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 専攻科(漁業科)を新設。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 大型実習船「青森丸(第二代)」が完成。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 機関科を新設。
  • 1977年(昭和52年)3月 - 大型実習船「青森丸(第三代)」が完成。
  • 1978年(昭和53年)4月1日 - 専攻科(機関科)を設置。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 寄宿舎「眺洋寮」と八水高会館(同窓会館)が完成。
  • 1989年(平成元年)4月 - 屋内水泳潜水プールが完成。
  • 1990年(平成2年)
    • 3月 - 大型実習船「青森丸(第四代)」が完成。
    • 4月1日 - 学科の再編が実施される。漁業科を「海洋生産科」、水産製造科を「水産食品科」、機関科を「水産工学科」、無線通信科を「情報通信科」に再編。
  • 1991年(平成3年)3月 - 栽培漁業実習場と艇庫が完成。
  • 1998年(平成10年)3月 - 食品製造実習棟が完成。
  • 2003年(平成15年)3月 - 大型実習船「青森丸(第五代)」が完成。
  • 2008年(平成20年)12月 - 創立100周年記念式典を挙行。

部活動[編集]

運動部
文化部

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久慈二戸八幡平(旧安代町のみ)各市および九戸郡各町村、下閉伊郡普代村岩泉町安家地区

外部リンク[編集]