禄剛埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
禄剛埼灯台
Rokkosaki Lighthouse 4.jpg
禄剛埼灯台の位置(石川県内)
禄剛埼灯台
航路標識番号 1123 [F7196]
位置 北緯37度31分44秒 東経137度19分35秒 / 北緯37.52889度 東経137.32639度 / 37.52889; 137.32639座標: 北緯37度31分44秒 東経137度19分35秒 / 北緯37.52889度 東経137.32639度 / 37.52889; 137.32639
所在地 石川県珠洲市狼煙町
塗色・構造 白色 塔形(円形) 石造
レンズ 第2等不動フレネル
灯質 等明暗白光 明3秒暗3秒
実効光度 55,000 cd
光達距離 18海里(約 33 km
明弧 95度から312度まで
塔高 12.0 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 48.0 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1883年明治16年)7月10日
管轄 海上保安庁
第九管区海上保安本部

禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)は、石川県珠洲市に位置する灯台。歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台に指定されているほか、「日本の灯台50選」にも選ばれている。通常の灯台は、レンズを回転させることにより光を点滅させるが、この灯台では、レンズを固定し灯火の遮蔽板(しゃへいばん)を回転させることによって点滅させている。

周辺は、能登半島国定公園に指定されている風光明媚の地である。海抜 50 m ほどの断崖絶壁が続き、崖下には「千畳敷」と呼ばれる海食棚が発達する。

歴史[編集]

  • 1883年明治16年)7月10日 - 設置、初点灯。当初から白色塔形(円形)石造だが、石材は穴水町から船で運び、崖下から索道を架けて、人力で引き上げるという難工事で、完成までに2年を費やした。
  • 1940年昭和15年) - 電化される。
  • 1963年昭和38年) - 機器の自動化により、無人化される。
  • 2008年平成20年)4月10日 - 無線方位信号所(レーマークビーコン)廃止[1]

交通アクセス[編集]

バス
  • 北鉄奥能登バス木ノ浦線「狼煙」バス停下車、徒歩7分(道の駅狼煙の向かいにある登り口から徒歩で登るのが唯一のアクセス手段となる)。

脚注[編集]

  1. ^ 無線方位信号所(レーマークビーコン)の廃止について (PDF)”. 海上保安庁交通部 (2007年1月24日). 2013年11月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]