黒崎 (岩手県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯40度0分23.8秒 東経141度56分4.6秒 / 北緯40.006611度 東経141.934611度 / 40.006611; 141.934611

北緯40度シンボル塔

黒崎(くろさき)は、岩手県下閉伊郡普代村にある景勝地三陸復興国立公園の一部。太平洋に突き出しており、北緯40度線が通過する世界最東端の地である。

概要[編集]

高さ100メートルを超える断崖絶壁であり、南は田野畑村北山崎に続く。北側には弁天漁港とネダリ浜、遠くは久慈市の久喜海岸を望む。普代村の村鳥ウミウ、ウミタカ、カモも確認される。1805年享和元年)には伊能忠敬が全国測量に同地に寄り、星の観測後野田村に北上した。

周辺[編集]

黒崎園地として整備され、アンモ浦展望台からは100メートルを超える断崖やそこに落ちる滝を望むことができる。その他巨大な地球儀を模った高さ4メートルのシンボル塔、1856年安政3年)に作られた砲台場跡とそのモニュメント、陸中黒埼灯台、カリヨンの鐘が設置されている。

周辺の施設・観光地[編集]

外部リンク[編集]