参観灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

参観灯台(さんかんとうだい)は、その内部が常時一般公開されている灯台のことで、主に社団法人燈光会が海上保安庁から委託を受け、有料で参観事業を行っている。これらの灯台は、上部へ登って眺望を楽しむことができるほか、資料館や展示室を併設するものもある。ただし、荒天時や冬期などには公開されない場合もある。

2015年現在、全国15の灯台が参観灯台となっており、参観料金は一律200円(小人無料)。

2007年3月28日、15番目の参観灯台として、初島灯台(静岡県熱海市)が加わり、灯台資料館も併設された。

なお、常時公開されていない灯台でも、海の日灯台記念日11月1日)の前後などに特別公開される場合がある。

参観灯台一覧[編集]

東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
九州・沖縄



ギャラリー[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州・沖縄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下田海上保安部”. 第三管区海上保安本部ホームページ. 2014年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]