参観灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

参観灯台(さんかんとうだい)は、その内部が常時一般公開されている日本の灯台である[1]のぼれる灯台[2]とも呼ばれる。2019年現在、日本全国で16基ある[3]

概要[編集]

公益社団法人燈光会が海上保安庁から委託を受け、参観事業を行っている[1]。参観にあたっては、大人ひとりあたり200円を基準とする寄付金の協力が求められている[3]

これらの灯台は、上部へ登って眺望を楽しむことができるほか、資料館や展示室を併設するものもある。ただし、荒天時や冬期などには公開されない場合もある。

なお、常時公開されていない灯台でも、海の日灯台記念日11月1日)の前後などに特別公開される場合がある。

沿革[編集]

灯台の参観自体は明治自体から行われていたが、当時は個別に許可を取って見学する必要があった。戦後、観光が盛んになると参観者が急増し、従来の取り扱いでは対応しきれなくなった。このため、参観が可能な参観灯台を定めて、燈光会の職員を置き、整理料を徴収することとなった。

参観灯台一覧[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州・沖縄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 全国の参観できる灯台等”. 海上保安庁. 2019年11月10日閲覧。
  2. ^ a b のぼれる灯台(16基)スタンプラリー開始のお知らせ”. 公益社団法人 燈光会. 2019年11月10日閲覧。
  3. ^ a b 見学できる灯台・灯台資料展示室”. 公益社団法人 燈光会. 2019年11月10日閲覧。
  4. ^ 日本燈台史 100年の歩み』海上保安庁灯台部、燈光会 中央公論事業出版、1969年6月30日。
  5. ^ 参観事業収支計算書」『燈光』昭和25年3・4月号、燈光会、1950年6月1日。
  6. ^ “初島灯台(静岡県熱海市)の一般公開開始について” (プレスリリース), 社団法人燈光会, (2007年3月23日), https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h19/k20070323/h070323.pdf 
  7. ^ “青森の「尻屋崎灯台」が全国16カ所目の参観灯台に”. 海上保安新聞. (2018年6月6日). http://blog.canpan.info/kaiho-shinbun/archive/380 
  8. ^ 下田海上保安部”. 第三管区海上保安本部ホームページ. 2014年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]