房総なのはな号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
房総なのはな号(JRバス関東)
房総なのはな号(JRバス関東)
房総なのはな号(日東交通)
房総なのはな号(日東交通)

房総なのはな号(ぼうそうなのはなごう)は、東京都千葉県館山市南房総市を結ぶ昼行高速バス路線である。

全席指定制なので、あらかじめ乗車券を購入しなければならない。

概要[編集]

東京駅館山駅安房白浜東京湾アクアライン館山自動車道富津館山道路経由で結んでいる。

JRバス関東では支店ごとの独立採算性を重視しており、館山支店においても東京発の高速バス路線の一部を担当していたため、営業便による東京支店までの乗務員送り込みという目的で開設された路線である。1997年平成9年)からの会員制バスの「サーフロード号」などとしての試験運行を経て、2000年(平成12年)6月3日より定期路線化された。翌2001年(平成13年)7月10日からは運行に日東交通が加わった。

運行開始からしばらくは鋸南富山ICから国道127号を経由していたが、富津館山道路の全線開通に伴い流出インターが富浦ICに変更、「富山町物産センター富楽里」が「ハイウェイオアシス富楽里」に発展的解消を遂げ、同じく「富山町役場」(現・南房総市)は廃止された。

また、館山駅から安房白浜まで千倉町(現・南房総市)の停留所を経由せずにショートカットする特急便が存在していたが、現在では廃止されている。

2018年(平成30年)3月現在、1日27往復が運行されている。途中ほとんどの便が海ほたるPAで休憩していたが、実際は約5 - 10分のトイレ休憩程度で、ショッピングは困難であった。なお、現在は、下り便は休憩は無く、上り便は安房白浜始発便(館山まで一般路線バスとして走る便を除く)のみが君津PAで休憩をする。その他の上り便は休憩は無し。また、一部の便は上総湊駅前と高速竹岡の両バス停を経由しないで通過する。その他の便は富津中央IC - 富津竹岡IC間で一般道を経由し、両バス停を通る。

また、一部のJRバス運行便では館山駅以遠が高速バスから一般路線の南房州線となり、白浜地区のホテル街や休暇村館山・伊戸漁港への乗り入れも実施されている。館山駅 - 安房白浜間と館山駅 - 伊戸漁港間は、一般路線となるため相互乗降および定期券・回数券の利用が可能である。ただし、通常の路線車両の乗降方法(前乗り前降り、整理券方式運賃後払い)ではなく、高速バス車両を使用するため、運賃前払いとなる。

JRバス関東の親会社である東日本旅客鉄道(JR東日本)が内房線で運行する特急さざなみ」と比較して割安な運賃と、東京駅での乗り換えの便利さが好まれたことから、休日は軒並み満席状態となり、2台運行となる便も出るほどである。このことだけが理由ではないが、2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正で「さざなみ」が君津駅 - 館山駅間の運行を取りやめることとなった。

運賃は車内運賃と事前購入で金額が異なり、事前購入のほうが割安となっている。乗車券はJRバス窓口、沿線の販売箇所のほか、高速バスネットでも購入ができる。事前購入では、割引の早売1、早売14も設定されている。乗車券の電話予約はJRバス関東のみで受付。また、各区間の通勤用、通学用の定期券もJRバスの東京駅、館山駅で発売されている。駅レンタカー館山営業所での基本料金が「バス&レンタカー」での同営業所への予約により10%割引となる特典もある。

ハイウェイオアシス富楽里、とみうら枇杷倶楽部、南総文化ホール、千倉駅前、南房総千倉、潮風王国、安房白浜に高速バス利用者用の無料駐車場が設置されている。

運行会社[編集]

運行系統および停車停留所[編集]

東京 - 館山・南房総千倉・安房白浜系統

東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - 上総湊駅前(※) - 高速竹岡(※) - ハイウェイオアシス富楽里 - とみうら枇杷倶楽部 - 館山駅 - 南総文化ホール - 九重駅前 - 千倉駅前 - 南房総千倉 - 朝夷商工会 - 潮風王国 - 白浜郵便局前 - ライズリゾート(※) - リゾートイン白浜(※) - 南海荘(※) - 安房白浜

東京 - 館山・フラワーパーク・安房白浜系統(館山駅 - フラワーパーク・安房白浜間は一般路線扱い)

東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - 上総湊駅前(※) - 高速竹岡(※) - ハイウェイオアシス富楽里 - とみうら枇杷倶楽部 - 館山駅 - 安房神戸(※) - 相の浜(※) - 安房自然村(※) - フラワーパーク(※) - 根本(※) - 長尾橋(※) - 野島崎灯台口(※) - 安房白浜(※)

東京 - 館山・休暇村・伊戸漁港系統(館山駅 - 伊戸漁港間は一般路線扱い)

東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - 上総湊駅前(※) - 高速竹岡(※) - ハイウェイオアシス富楽里 - とみうら枇杷倶楽部 - 館山駅 - 宮城(※) - ファミリーオ館山前(旧・西大賀バス停)(※) - 安房塩見(※) - 西岬(※) - 休暇村館山前(※) - 坂田(※) - 洲の崎灯台前(※) - 伊戸漁港(※)

※:一部便のみ停車。

運行回数[編集]

  • 1日27往復(JR20・日東7)

歴史[編集]

  • 1999年平成11年)10月1日 - 定期会員制として1日3往復で運行開始。ちなみにコース名は『南房総&海蛍海遊コース』だった。
  • 2000年(平成12年)6月3日 - 定期路線バス「房総なのはな号」となり、1日4往復に増便(うち上り1本は館山駅発)[1]
  • 2001年(平成13年)7月15日 - 日東交通が新規に参入。1日7往復(JR5往復・日東2往復、全便安房白浜発着)に増便。バス停新設(上総湊駅前、高速竹岡、高速きょなん・ほた)。特急便(2往復)の運行開始。
  • 2004年(平成16年)7月20日 - 1日10往復(JR7往復・日東3往復、うち下り最終便1本は館山駅行き)に増便。バス停新設(ハイウェイオアシス富楽里)。日東交通便が富山町中心部を経由せずにこちらに停車するようになる。特急便廃止。
  • 2005年(平成17年)11月1日 - 経路見直しでスピードアップ。バス停廃止(富山町物産センター富楽里〈道の駅富楽里〉、富山町役場)。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月20日 - 千倉町の南房総市への変更に伴い「千倉町役場前」を「千倉支所前」に名称変更。
    • 3月31日 - バス停廃止(高速きょなん・ほた)。
    • 7月1日 - 1日13往復(JR9往復・日東4往復、うち下り6本・上り5本は館山駅発着)に増便。
    • 12月15日 - 1日15往復(JR11往復・日東4往復、うち下り8本・上り7本は館山駅発着)に増便。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月16日 - 1日20往復(JR14往復・日東6往復、うち11往復は館山駅発着)に増便。
    • 7月5日 - 1日25往復に増便。館山自動車道全通に併せてルート変更。直行便(上総湊駅前・高速竹岡を通過、下り12本・上り11本)運行開始。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 1日27往復(JR20往復・日東7往復、うち16往復は館山駅発着)に増便。これにより昼間時は30分ヘッドで運行。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 1日30往復(JR23往復・日東7往復、うち23往復<繁忙日21往復>は館山駅発着)に増便。海ほたるPAでの休憩を廃止し、運行時間を短縮(安房白浜発東京行きの便を除く)。
    • 9月1日 - 安房白浜発着便の一部(3往復、うち下り1本は繁忙日運転)を白浜地区ホテル停車とする。
  • 2010年(平成22年)4月19日 - 館山駅発着の一部便を館山リゾートエリアまで延長。安房白浜ホテルエリア経由便を増便。繁忙期のみ東京駅 - 館山駅直行便(1日3往復)を運行。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - 東日本大震災における被災地輸送実施のため、同年4月28日までの予定(のち4月19日までに変更)で一部便(1日11往復)を減便運行[2]
    • 4月20日 - この日より運休便の一部運行を再開(同年4月29日 - 5月8日は通常運行)[3]
    • 7月1日 - この日より平日・土休日・特定日の三本立てダイヤとなる。
    • 10月1日 - この日より平日・土休日の二本立てダイヤとなる。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - この日より館山駅発着の一部便を一般路線バスとして安房神戸経由で安房白浜まで延長(1日2往復)。併せて、休暇村前発着の一部便を館山駅発着に変更[4]
  • 2013年(平成25年)
    • 4月1日 - 館山駅発着の一部便を一般路線バスとして平砂浦ビーチホテルまで延長[5]
    • 10月1日 - 平砂浦ビーチホテル発着の便を休暇村前発着、伊戸漁港発着、南房パラダイス 発着にそれぞれ変更。バス停新設(南房総千倉)[6]
    • 12月11日 - 復刻デザインバス「赤いつばめ」を運行(1日2往復)[7]
  • 2014年(平成26年)
    • 2月17日 - この日をもって「なのはな号」における「赤いつばめ」の運行を終了[8]
    • 4月1日 - この日より消費税率引き上げに伴い運賃を改定。併せて、運賃体系を「事前運賃」・「車内運賃」に細分化(早期購入割引、ネット購入割引は従来通り)[9]
    • 8月8日 - この日より同年8月31日まで夜間便(1往復)を運行[10]
    • 10月1日 - 下り始発便の繰り上げと最終便の繰り下げ、上り最終便の繰り下げをそれぞれ実施。また、安房白浜発着の一部便を南房総千倉発着に変更[11]。新宿駅発着系統(新宿なのはな号・ミッドナイト新宿館山号)を新設[12]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月17日 - 運行本数の見直し。併せて、南房パラダイス発着の便を館山駅発着、休暇村前発着、伊戸漁港発着にそれぞれ変更[13]
    • 4月28日 - JR担当便で青果を輸送する貨客混載の実証実験を開始[14]
    • 5月11日 - 金曜日の下り1本を休暇村前まで一般路線バスとして延長[15]

使用車両[編集]

  • 原則として、各社ともトイレ付き40 - 44人乗りハイデッカー車が使用される。このうちJRバス関東は、2013年(平成25年)導入車両より、携帯電話などが充電可能なコンセントを全席に装備している。

過去の車両[編集]

JRバス関東
日東交通

付記[編集]

乗継割引制度(終了)[編集]

  • 2013年(平成25年)4月1日のダイヤ改正まで乗継割引制度を実施していた(館山駅バス停で「房総なのはな号」とJRバス関東の一般路線バスを乗り継ぐ場合、一般路線バスの運賃が一律200円となる。)。
    • 高速バスから路線バスに乗り継ぐ場合、降車時に乗務員に申告して乗継券を発券してもらう。一般路線バス降車の際、路線バスの乗務員に乗継券を渡して乗継運賃200円を支払う。反対に路線バスから高速バスに乗り継ぐ場合、路線バス降車時に「房総なのはな号」の乗車券を路線バス乗務員への呈示・確認印押印後、乗継運賃200円を支払う。ただし、乗車券がない(申告・予約のみで発券していない場合)場合は割引が適用されない。なお、一般路線バスの運賃が200円に満たない場合は、通常運賃を支払う。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “南房総と東京を直結 アクアライン経由の新線”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年6月15日) 
  2. ^ 【運行情報】東京-館山・安房白浜間(房総なのはな号)の運行について(ジェイアールバス関東 トピックス 2011年3月28日)
  3. ^ 【運行情報】東京-館山・安房白浜間(房総なのはな号)の運行について(ジェイアールバス関東 トピックス 2011年4月8日)
  4. ^ 【おしらせ】高速バス 東京-館山・安房白浜間(房総なのはな号)ダイヤ改正について(ジェイアールバス関東 トピックス 2012年8月27日)
  5. ^ 【お知らせ】高速バス 東京 - 館山・安房白浜線の一部が平砂浦ビーチホテルまで直通運転します(ジェイアールバス関東 トピックス 2013年2月22日)
  6. ^ 【房総なのはな号ダイヤ改正】千倉地区に駐車場付バス停新設等(ジェイアールバス関東 トピックス 2013年9月1日)
  7. ^ 復刻デザインバスの運行について(ジェイアールバス関東 トピックス 2013年12月3日)
  8. ^ 復刻デザインバス運行区間の変更について(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年1月17日)
  9. ^ 【高速バス(指定席路線)】4月1日以降の運賃と回数券等発売額(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年3月5日)
  10. ^ 【東京 - 館山線】の夜に臨時便運転(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年6月27日)
  11. ^ 【東京 - 館山線】ダイヤ改正について(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年8月29日)
  12. ^ 新宿駅 - 館山線(新宿なのはな号)の運行を開始いたします(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年9月2日)
  13. ^ 【東京 - 館山・安房白浜線(房総なのはな号)】ダイヤ改正実施(ジェイアールバス関東 トピックス 2018年2月27日)
  14. ^ 新鮮野菜を東京駅に直送 高速バス貨客 混載実証実験活性化グループと館山PRへ”. 房日新聞. 房州日日新聞 (2018年4月28日). 2018年5月8日閲覧。
  15. ^ 【館山線】なのはな43号を毎週金曜日に休暇村まで延長運転します(ジェイアールバス関東 トピックス 2018年5月1日)

関連項目[編集]

同様に乗務員送り込みを目的として開設された路線[編集]

関連路線[編集]

外部リンク[編集]