半保護されたページ

高円寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高円寺駅
Koenji station southgate 2018.jpg
南口(2018年9月)
こうえんじ
Kōenji
所在地 東京都杉並区高円寺南四丁目48-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 カエ←カヱ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
51,647人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1922年大正11年)7月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 中央線(快速)*
(正式には中央本線
駅番号 JC07
キロ程 5.8km(新宿起点)
東京から16.1km
JC 06 中野 (1.4km)
(1.2km) 阿佐ケ谷 JC 08
所属路線 中央・総武線(各駅停車)
(正式には中央本線)
駅番号 JB06
キロ程 中央本線に同じ
千葉から52.2km
JB 07 中野 (1.4km)
(1.2km) 阿佐ケ谷 JB 05
備考 みどりの窓口
区 東京都区内
* 平日のみ停車
テンプレートを表示
北口(2009年9月)

高円寺駅(こうえんじえき)は、東京都杉並区高円寺南四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

運転系統としては、急行線を走る中央線快速電車、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。ただし中央線快速電車は平日ダイヤ時のみ停車する(「中央線快速#快速停車駅に関する議論」も参照)。また、中野駅から乗り入れる地下鉄東西線も停車する。駅番号は中央線快速電車がJC 07、中央・総武線各駅停車がJB 06

特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。

歴史

駅構造

急行線+緩行線の島式ホーム2面4線を有する高架駅である。地平部に1箇所の改札口を備えており、改札口は駅の北側・南側両方と行き来できる通路に面している。

ホームと改札階(1階)との間にはエレベーターエスカレーターが設置されている。多機能トイレを併設したトイレは改札内にあり、その入口には阿波踊りのシルエットが描かれている。

ホーム下の改札外には、みどりの窓口Dila高円寺を中心とする飲食・物販店などが設置されている[1][2]。駅北口はホテルメッツ高円寺などが入るビルと一体化している。

のりば

番線 路線 方向 行先
1 JB 中央・総武線(各駅停車) 西行 三鷹方面
2 東行 新宿千葉T 東京メトロ東西線方面
3 JC 中央線(快速)
※平日のみ停車
下り 三鷹・立川高尾方面
4 上り 中野・新宿・東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 2面ある島式ホームは、快速と各駅停車がそれぞれ1面ずつ使用している(線路別複々線)。
  • 土曜・休日は中央線(快速)の全列車が通過するため、3・4番線ホームは閉鎖される。
  • 2020年3月14日のダイヤ改正以降、早朝・深夜に設定されていた東京駅発着の各駅停車が消滅した[報道 2]
  • 中央線快速は、2020年代前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに快速電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。そのため今後12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事などが実施される[報道 3][新聞 2]

発車メロディ

駅周辺で「東京高円寺阿波おどり」が開催されることにちなみ、1・2番線では2004年より阿波踊りの囃子をアレンジした発車メロディを使用している。当初は毎年8月限定であったが、2016年8月1日からはアレンジを変更の上、通年使用に変更されている[報道 4]

2016年から使用しているバージョンはジーアングルの制作で、編曲は松本健が手掛けた[3]

利用状況

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員51,647人である。JR東日本管内の駅では北浦和駅に次いで第95位。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 50,551 [* 1]
1991年(平成03年) 53,003 [* 2]
1992年(平成04年) 54,351 [* 3]
1993年(平成05年) 54,356 [* 4]
1994年(平成06年) 52,901 [* 5]
1995年(平成07年) 51,489 [* 6]
1996年(平成08年) 51,630 [* 7]
1997年(平成09年) 50,720 [* 8]
1998年(平成10年) 49,899 [* 9]
1999年(平成11年) [JR 1]49,527 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 2]49,482 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 3]49,765 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 4]49,662 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 5]49,450 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 6]48,541 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 7]48,233 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 8]48,463 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 9]49,536 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 10]49,353 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 11]49,079 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 12]48,634 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 13]48,055 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 14]48,341 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 15]49,238 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 16]48,999 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 17]49,907 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 18]50,339 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 19]51,388 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 20]51,763 [* 29]
2019年(令和元年) [JR 21]51,647

駅周辺

住宅街が広がっており、駅周囲には多くの大規模商店街がある。北口には高円寺純情商店街、南口には高円寺パル商店街、高円寺ルック商店街などがある。

このほか高円寺駅から中野、阿佐ケ谷駅方向の中央線高架下スペースには、多数の各種店舗や倉庫などが入居している。阿佐ケ谷駅との間の高架下では2020年4月1日、「alːku(アルーク)阿佐ヶ谷」が開業した[報道 6]

路線バス

運行会社は、高43・60・63・70と赤31-1は関東バス単独、赤31は関東バスおよび国際興業バスの共同運行、高45は関東バスおよび京王バス東の共同運行、高46は京王バス東単独、赤31-2は国際興業バス単独である。

北口

乗り場に関しては関東バス公式サイト「関東バスナビ」で表示されている番号である[5]

0番乗り場
  • 高70:丸山営業所 行き(早朝1本のみ運行)
1番乗り場
  • 赤31-1:大和町三丁目経由、阿佐谷営業所 行き
2番乗り場
  • 高60:野方駅北口・豊玉中三丁目経由、練馬駅 行き
  • 高10(深夜バス):野方駅北口・豊玉南住宅経由、練馬駅 行き(6時台に1便のみ運行)
  • 高63:野方駅北口経由、豊玉南住宅 行き(23時台に1便のみ運行)
3番乗り場

南口

5番乗り場
6番乗り場

隣の駅

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JC 中央線(快速)
特別快速「ホリデー快速おくたま・あきがわ」・通勤特快・中央特快・青梅特快・通勤快速(以上は全列車)・快速(土曜・休日)
通過
快速(平日・下り高尾方面は「各駅停車」扱い)
中野駅 (JC 06) - 高円寺駅 (JC 07) - 阿佐ケ谷駅 (JC 08)
JB 中央・総武線(各駅停車)・T 東西線直通
中野駅 (JB 07) - 高円寺駅 (JB 06) - 阿佐ケ谷駅 (JB 05)

脚注

[脚注の使い方]

記事本文

注釈

出典

報道発表資料
  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月27日閲覧。
  2. ^ “2020年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年12月13日), p. 6, オリジナルの2019年12月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213080612/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf 2020年7月23日閲覧。 
  3. ^ “中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年2月4日), オリジナルの2019年9月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190924030537/https://www.jreast.co.jp/press/2014/20150203.pdf 2020年4月21日閲覧。 
  4. ^ “中央線高円寺駅の「阿波おどり調」の発車メロディを通年化します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道東京支社, (2016年7月27日), オリジナルの2016年8月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160803201353/http://www.jreast.co.jp/press/2016/tokyo/20160727_t01.pdf 2020年4月21日閲覧。 
  5. ^ “駅近ホテルの「JR東日本ホテルメッツ」があなたのオフィス空間に ~STATION WORK会員限定 特別キャンペーン料金1,150 円(税抜)より利用可能~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道/日本ホテル, (2020年6月15日), オリジナルの2020年6月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200615070603/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200615_ho01.pdf 2020年6月15日閲覧。 
  6. ^ “2020年春、JR中央線 阿佐ヶ谷~高円寺駅間に「食」「学び」を通して、子育て世代を応援するコミュニティ空間「alːku阿佐ヶ谷」が誕生!” (PDF) (プレスリリース), ジェイアール東日本都市開発, (2020年3月19日), オリジナルの2020年4月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200411154344/http://www.jrtk.jp/topics/wp-content/uploads/2020/03/a42d4e497b6111b1ecb80f247e30fba7.pdf 2020年3月26日閲覧。 
新聞記事
  1. ^ “エスカレーター稼働 JR東京地域本社 阿佐ケ谷、西荻窪駅緩行線”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1995年6月7日) 
  2. ^ “JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期”. 産経新聞. (2017年3月24日). オリジナルの2017年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170324011255/https://www.sankei.com/smp/economy/news/170324/ecn1703240001-s1.html 2020年11月29日閲覧。 

利用状況

  1. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  2. ^ 杉並区統計書 - 杉並区
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目

外部リンク