新検見川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新検見川駅
西口駅舎(2013年9月17日)
西口駅舎(2013年9月17日
しんけみがわ
Shin-Kemigawa
JB 35 幕張 (1.6km)
(2.7km) 稲毛 JB 37
所在地 千葉市花見川区南花園二丁目1-1
駅番号 JB 36
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武線(各駅停車)
(正式には総武本線
キロ程 33.2km(東京起点)
千葉から6.0km
電報略号 ケミ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
22,940人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1951年昭和26年)7月15日[1]
備考 早朝無人時間帯あり
テンプレートを表示

新検見川駅
配線図

幕張駅

STRg STRf
STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl
STRg STRf

稲毛駅

新検見川駅(しんけみがわえき)は、千葉県千葉市花見川区南花園二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。駅番号JB 36

当駅には、緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。

地元では「シンケミ」と呼ばれている[2][3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

複々線上の緩行線上に設けられた島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。駅舎への出入口は線路を挟んで両側にあるが、駅前までバスが乗り入れ可能なのは南口のみで、北口・西口は道路が細かったり、建物の陰になっていたりするため、アクセスがあまり良くない。

Suica対応自動改札機、指定席券売機、乗車駅証明書発行機(稼働時間:始発 - 6時30分)設置駅。みどりの窓口2017年2月28日をもって閉鎖された[5]2017年2月25日より、始発から午前6時30分までの間は遠隔対応(インターホン対応は稲毛駅が行う)のため改札係員は不在となり、一部の自動券売機のみ稼働する[5]

2009年3月エレベーターが完成した。それに伴い北口の階段が全面改修された。さらに同年11月16日から2010年3月中旬まで駅舎内の改良工事を行っている。これに伴い2009年11月28日から改札口が移動したが、2010年2月20日に元の位置に戻り、若干拡張された。同時にみどりの窓口と券売機の位置が変更された。

同日、駅舎内は左側通行に変更され、それに伴いエスカレーターの進行方向も変更された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JB 総武線(各駅停車) 西行 西船橋秋葉原新宿方面
2 東行 稲毛千葉方面

駅舎内の施設[編集]

過去に存在した施設[編集]

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員22,940人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 29,887 [* 1]
1991年(平成03年) 29,545 [* 2]
1992年(平成04年) 29,282 [* 3]
1993年(平成05年) 29,196 [* 4]
1994年(平成06年) 28,527 [* 5]
1995年(平成07年) 28,085 [* 6]
1996年(平成08年) 27,751 [* 7]
1997年(平成09年) 26,829 [* 8]
1998年(平成10年) 26,352 [* 9]
1999年(平成11年) 25,971 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]25,695 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]25,560 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]25,201 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]24,987 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]24,594 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]24,143 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]24,061 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]23,852 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]23,800 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]23,337 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]23,101 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]22,873 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]22,894 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]23,467 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]23,084 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]23,208 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]23,005 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]22,940

駅周辺[編集]

南口[編集]

北口[編集]

バス路線[編集]

北口は駅からやや離れた場所に、南口は駅前のロータリーバス停留所があり、以下の路線バスが乗り入れ、京成バス平和交通千葉海浜交通により運行されている。

2009年10月16日より、花見川区役所行の多くの便が南口ロータリーへ乗り入れるようになった。

北口[編集]

乗り場 経由地 行先 運行会社 系統 備考
1番 畑町ホームランド・さつきヶ丘団地・犢橋小学校 いきいきプラザ 京成バス 検01
畑町ホームランド さつきヶ丘団地 京成バス 検01
畑町ホームランド・さつきヶ丘団地 草野車庫 京成バス 検01
畑町ホームランド・さつきヶ丘団地・千葉北高校 草野車庫 京成バス 検31 南口からも発着
2番 東大総合運動場 花見川区役所 京成バス 検11 南口からも発着
3番 長作新田・団地中央 いきいきプラザ 京成バス 検21
長作新田・団地中央・いきいきプラザ 草野車庫 京成バス 検21
花見川区役所・長作新田・団地中央 こてはし団地 京成バス 検22
4番 長作新田・花見川交番 八千代台駅 京成バス 八千02
テクノガーデン 海浜幕張駅 京成バス 八千02
長作新田・花見川交番 柏井高校 京成バス 八千03
検見川浜駅 海浜病院 京成バス 検31 南口からも発着
5番 朝日ヶ丘 西小中台団地 平和交通 検見川14 南口からも発着
車両には系統番号の表示なし
朝日ヶ丘・西小中台団地・検見川町 新検見川駅(循環) 平和交通 検見川14 夕~夜間のみ運行、南口からも発着
車両には系統番号の表示なし

南口[編集]

乗り場 経由地 行先 運行会社 系統 備考
1番 東大総合運動場 花見川区役所 京成バス 検11 北口からも発着
畑町ホームランド・さつきヶ丘団地・千葉北高校 草野車庫 京成バス 検31 北口からも発着
検見川浜駅 海浜病院 京成バス 検31 北口からも発着
五丁目23街区・海浜幕張駅 海浜病院 千葉海浜交通
五丁目23街区・海浜幕張駅 イオンモール幕張新都心ファミリーモール前 千葉海浜交通
千葉西警察署・歯科大正門 検見川浜駅 千葉海浜交通 早朝のみ発着
2番 朝日ヶ丘 西小中台団地 平和交通 検見川14 北口からも発着
車両には系統番号の表示なし
朝日ヶ丘・西小中台団地・検見川町 新検見川駅(循環) 平和交通 検見川14 夕~夜間のみ運行、北口からも発着
車両には系統番号の表示なし
検見川町 西小中台団地 平和交通 検見川15 朝のみ運行
車両には系統番号の表示なし
検見川町・西小中台団地 にれの木台中央 平和交通 検見川16 朝のみ運行
車両には系統番号の表示なし
3番 五丁目18街区・真砂コミュニティセンター 検見川浜駅 千葉海浜交通
4番 真砂中央公園・検見川浜駅・磯辺中央 磯辺高校 千葉海浜交通
真砂中央公園・検見川浜駅・磯辺中央・磯辺高校 稲毛ヨットハーバー 千葉海浜交通
真砂中央公園・検見川浜駅・磯辺中央 千葉西高校 千葉海浜交通
真砂中央公園・検見川浜駅・磯辺中央 海浜病院 千葉海浜交通
5番 千葉西警察署・歯科大正門 検見川浜駅 千葉海浜交通 日中~夜間はこの乗り場から発着

ギャラリー[編集]

駅名の由来[編集]

幕張本郷 - 千葉間は京成千葉線とほぼ併走している。併走区間で唯一京成より後に開業した。そのため、検見川という駅名は使えず、前に『』を付けて、新検見川とした。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
JB 総武線(各駅停車)
幕張駅 (JB 35) - 新検見川駅 (JB 36) - 稲毛駅 (JB 37)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 三好好三『総武線120年の軌跡』JTBパブリッシング、2014年2月。ISBN 978-4533096310
  2. ^ 木村拓哉のためにマツコが願掛け「心が穏やかになりますように」”. 2018年2月12日閲覧。
  3. ^ 新検見川コミュのはじめまして、シンケミ住民です。”. 2018年2月12日閲覧。
  4. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、19頁。
  5. ^ a b c d JR千葉支社-3月ダイ改の労働条件を提案 内房線ー君津系統分離による列車削減=地域切り捨てを絶対許すな!”. 国鉄千葉動力車労働組合. 2018年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月13日閲覧。

統計[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]