検見川送信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
検見川送信所外観

検見川送信所(けみがわそうしんじょ)(検見川無線送信所)は、千葉県千葉郡検見川町(現千葉市花見川区検見川町)にあった逓信省日本電信電話公社の無線電信所(送信所)である。本館は逓信建築の代表作のひとつ(現存)。

解説[編集]

対外国通信を目的とした施設であり、また日本で初めて短波による標準電波を送信した施設でもある。

1926年(大正15年)4月、東京無線局検見川送信所として開局。本館のデザインは表現主義的な傾向を持つ初期モダニズム建築で、東京中央郵便局を設計した逓信省技師の吉田鉄郎の設計による。

1930年(昭和5年)10月27日、ロンドン軍縮条約締結に当たり、濱口雄幸内閣総理大臣が記念演説を行い、濱口の演説をアメリカ合衆国イギリスへ向けて送信した。またアメリカ合衆国からはハーバート・フーヴァー第31代大統領、イギリスからはラムゼイ・マクドナルド首相の演説を受信し、日本各地へラジオ放送を発した送信所でもあった。

太平洋戦争中は南方の占領地との通信拠点だった。

日本電信電話公社の無線送信所として使用された後、1979年(昭和54年)に施設を廃止した。

千葉市が中学校用地として敷地を取得し、本館の建物も取り壊される方針であったが、2007年(平成19年)8月に発足した「検見川送信所を知る会」が中心となって保存運動を展開した。その後、市は当初の方針を見直し、保存の方針を示している。2013年に文化財調査が行われた(2019年現在、文化財指定されていない、活用方針も未定)。

沿革[編集]

  • 1926年(大正15年)4月1日 - 東京無線局検見川送信所として開局。
  • 1930年(昭和5年)10月27日 - 濱口雄幸総理のロンドン軍縮条約締結記念放送を送信。日本初の国際放送(現在のNHKワールド・ラジオ日本の前身)。
  • 1934年(昭和9年)4月29日 - 国際放送を名崎送信所に移管。
  • 1937年 - 本館の第2期工事(増築)。 
  • 1940年(昭和15年)1月30日 - 短波JJY開設。
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 日本電信電話公社発足に伴い、同公社の検見川無線送信所となる。
  • 1979年(昭和54年)9月2日 - 業務の全てを名崎送信所に移管し、廃止。
  • 1986年(昭和61年)1月 - 検見川・稲毛地区土地区画整理事業認可(送信所跡地を含む周辺を一体的に造成)、2019年現在業継続中。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)3月24日 - 送信所の一部外壁や、仮設トイレが重機により破壊されているのを発見[1]
  • 2013年(平成25年) - 千葉市による旧検見川無線送信所文化財調査。
  • 2016年(平成28年) - 屋上防水工事を実施[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分46.3秒 東経140度4分27.4秒 / 北緯35.646194度 東経140.074278度 / 35.646194; 140.074278