千葉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉県千葉郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

千葉郡(ちばぐん)は、千葉県下総国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる(公有水面埋立地を除く)。

  • 習志野市の全域
  • 千葉市
  • 船橋市の一部(七林を除く前原西、中野木、駿河台二丁目、飯山満町、芝山、高根台、大穴町、大穴南、大穴北、楠が山町、神保町、八木が谷以東およびみやぎ台の一部)
  • 八千代市の一部(印旛放水路以西および勝田・勝田台・勝田台南)

歴史[編集]

元禄期以前は、現在の習志野市域周辺や旧二宮町の一部が葛飾郡に属す[1]などしており、郡域が確定したのは元禄以降である。

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 17村 島田村、神保新田、酒井新田(詳細不明)、○大和田新田、高津新田、薬園台新田、滝台新田、米満新田(詳細不明)、名耕地新田、前原新田、今湊新田、大久保新田、実花新田、戸柏新田、長沼新田、小深新田、川野辺新田
旗本領 36村 真木野村、神久保村、小池村、小室村、小野田村、車方村、桑納村、吉橋村、金堀村、大神保村、坪井村、下飯山満村、●三山村、鷺沼村、藤崎村、小中台村、○宮野木村、園生村、作草部村、萩台村、殿台村、大森村、赤井村、多部田村、下泉村、上泉村、冨田村、中田村、古泉村、和泉村、高根村、川井村、佐和村、五十土村、高田村、野呂村
与力給知 2村 武石村、貝塚村
幕府領・旗本領 27村 平戸村、佐山村、麦丸村、八木ヶ谷村、大穴村、楠ヶ山村、古和釜村、○高津村、上飯山満村、谷津村(現習志野市)、久々田村、○田喜野井村、実籾村、花島村、北柏井村、柏井村、横戸村、勝田村、天戸村、長作村、○畑村、○検見川村、○稲毛村、西寺山村、東寺山村、高品村、●曾我野村
幕府領・与力給知 1村 馬加村
幕府領・旗本領・与力給知 1村 ○犢橋村
旗本領・与力給知 1村 行々林村
藩領 下総佐倉藩 25村 大和田村、黒砂村、●千葉町、登戸村、寒川村、今井村、泉水村、宮崎村、●千葉寺村、矢作村、辺田村、○小倉村、○坂月村、加曾利村、星久喜村、仁戸名村、川戸村、坂尾村、長峯村、大草村、金親村、大井戸村、下田村、旦谷村、谷当村
下総生実藩 18村 村田村、古市場村、茂呂村、落井村、駒崎村、谷津村(現千葉市)、●○浜野村、南生実村、北生実村、小花輪村、有吉村、刈田子村、富岡村、小金沢村、大金沢村、野田村、遍田村、平山村
羽前長瀞藩 1村 桑橋村
幕府領・藩領 幕府領・佐倉藩 1村 萱田村
幕府領・生実藩 1村 中西村
旗本領・佐倉藩 4村 原村、北谷津村、平川村、中野村
その他 寺社領 1村 生実郷

町村制以降の沿革[編集]

千葉郡(町村制施行時)
1.千葉町 2.蘇我野村 3.生実浜野村 4.椎名村 5.誉田村 6.白井村 7.更科村 8.千城村 9.都村 10.都賀村 11.検見川村 12.犢橋村 13.幕張村 14.津田沼村 15.二宮村 16.大和田村 17.睦村 18.豊富村
現在の行政区画
紫:千葉市 桃:船橋市 赤:習志野市 橙:八千代市
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足(1町17村。現存しない地名は〈 〉で現在の地名を記した)。
    • 千葉町 ← 千葉町、寒川村、登戸村、千葉寺村(現・中央区)、黒砂村(現・稲毛区
    • 蘇我野村 ← 曽我野村〈蘇我町〉、今井村、宮崎村、大森村、赤井村、小花輪村〈花輪町〉、生実郷(現・中央区)
    • 生実浜野村 ← 浜野村、村田村(現・中央区)、北生実村、南生実村(現・中央区、おゆみ野にあたる部分のみ緑区)、有吉村(現・緑区)
    • 椎名村 ← 茂呂村、中西村、落井村、富岡村、小金沢村、大金沢村、刈田子村、椎名崎村、古市場村(現・緑区)
    • 誉田村 ← 野田村〈誉田町〉、遍田村〈辺田町〉、平山村、平川村、高田村、東山科村(現・緑区)
    • 白井村 ← 野呂村、和泉村、中野村、川井村、佐和村、五十土村、高根村、北谷津村、多部田村(現・若葉区
    • 更科村 ← 上泉村、下泉村、谷当村、旦谷村、下田村、大井戸村、古泉村、富田村、中田村(現・若葉区)
    • 千城村 ← 大宮村、小倉村、大草村、金親村、坂月村(現・若葉区)、川戸村、仁戸名村、星久喜村(現・中央区)
    • 都村 ← 辺田村〈都町〉、矢作村(現・中央区)、貝塚村、加曽利村、川野辺新田〈若松町〉(現・若葉区)
    • 都賀村 ← 萩台村、作草部村、園生村(現・稲毛区)、小中台村、宮野木村(現・稲毛区、花見川区)、西寺山村〈源町〉、殿台村、東寺山村、原村、高品村(現・若葉区)
    • 検見川村 ← 検見川村、畑村(現・花見川区)、稲毛村(現・稲毛区)
    • 犢橋村 ← 犢橋村、花島村、柏井村、横戸村、六方野原、印旛郡宇那谷村(現・花見川区)、長沼新田、小深新田(現・稲毛区)
    • 幕張村 ← 馬加村〈幕張町〉(屋敷は現・習志野市、その他は現・花見川区)、武石村、天戸村、長作村(現・花見川区)、実籾村(現・習志野市)
    • 津田沼村 ← 谷津村、久々田村〈津田沼〉、鷺沼村、藤崎村、大久保新田(現・習志野市)
    • 二宮村 ← 三山村、(今湊新田)、田喜野井村、薬園台新田、滝台新田、前原新田、下飯山満村、上飯山満村(現・船橋市)
    • 大和田村 ← 大和田村、萱田村、高津村、大和田新田、勝田村(現・八千代市)、高津新田(愛宕、安生津〈ともに東習志野〉は現・習志野市、その他は現・八千代市)
    • 睦村 ← 桑納村、麦丸村、桑橋村、吉橋村、島田村、神久保村、小池村、真木野村、佐山村、平戸村、神保新田〈島田台〉(現・八千代市)
    • 豊富村 ← 楠ヶ山村、大穴村、坪井村、古和釜村、金堀村、神保新田、大神保村、八木ヶ谷村、小室村、小野田村、車方村、行々林村〈鈴身町〉(現・船橋市)
  • 1890年(明治23年)5月23日 - 蘇我野村が町制を施行し蘇我町と改称。(2町16村)
  • 1891年(明治24年)
  • 1896年(明治29年)4月22日 - 幕張村が町制を施行し幕張町となる。(5町13村)
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 1903年(明治36年)3月3日6月3日) - 津田沼村が町制を施行し津田沼町となる。(6町12村)
  • 1921年大正10年)1月1日 - 千葉町が市制を施行し千葉市となり、郡より離脱。(5町12村)
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会が廃止。残務処理のため郡役所は存続。
  • 1925年(大正14年)1月1日 - 生実浜野村が生浜村と改称。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1928年昭和3年)11月10日(7町10村)
    • 生浜村が町制を施行し生浜町となる。
    • 二宮村が町制を施行し二宮町となる。
  • 1937年(昭和12年)2月11日 - 蘇我町、都村、都賀村、検見川町が千葉市に編入。(5町8村)
  • 1942年(昭和17年)7月1日 - 千葉地方事務所が千葉市に置かれ、千葉郡を管轄する。
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 千城村が千葉市に編入。(5町7村)
  • 1953年(昭和28年)8月1日 - 二宮町が船橋市に編入。(4町7村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 1月15日 - 大和田町と睦村が合併し八千代町が発足。(4町6村)
    • 4月1日(4町5村)
      • 豊富村が船橋市に編入。
      • 八千代町の一部(安生津)が幕張町に編入。
    • 7月1日 - 犢橋村が千葉市に編入。(4町4村)
    • 7月6日 - 幕張町が千葉市に編入。(3町4村)
    • 8月1日 - 津田沼町が千葉市の一部(旧幕張町北部:実籾、愛宕、安生津、長作、天戸)を編入して習志野町と改称、即日市制を施行して習志野市が成立し郡より離脱(長作、天戸は8月28日に千葉市に編入される)。(2町4村)
    • 9月1日 - 印旛郡阿蘇村が八千代町に編入。
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日 - 生浜町、椎名村、誉田村が千葉市に編入。(1町2村)
    • 3月31日 - 白井村と更科村が合併し泉町が発足。(2町)
  • 1956年(昭和31年)11月1日 - 八千代町の一部(井野の一部)を佐倉市に編入。
  • 1963年(昭和38年)4月10日 - 泉町が千葉市に編入。(1町)
  • 1967年(昭和42年)1月1日 - 八千代町が市制を施行し、八千代市となり、郡より離脱。同日千葉郡消滅。千葉県内では1897年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

幕張町の分割編入について[編集]

旧津田沼町

1954年8月1日に津田沼町が習志野町に町名変更。同日千葉市の一部(旧幕張町の北部)を編入(実質は合併)して市制を施行し、千葉郡を離脱。なお、市制の施行後、千葉市から編入した地域の一部を再び千葉市に分割している。これは、当時市制の基準であった3万人の人口を満たすための異例の措置だった(当初は津田沼町、幕張町、二宮町、大和田町などで大習志野市構想があったが頓挫)。

旧幕張町

最も複雑な経緯を取ったのが幕張町で、1954年7月6日に一旦は全町域が千葉市と合併。その後8月1日に実籾、安生津(現習志野市東習志野)、長作、天戸と馬加地区(現花見川区幕張町)の一部(屋敷)が習志野市へ。さらにその後8月28日に長作、天戸地区が千葉市に戻った。武石地区は一貫して千葉市に残っている。このような経緯に至ったのは、上記の人口の問題のほか、住民間における合併の議論が合意形成を行なわないうちに強引に合併を行ったことによる。また、津田沼町の大習志野市構想が頓挫したことも影響している。

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任 退任 備考
1 明治11年(1878年)11月2日

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連事項[編集]

  1. ^ 薬園台駅近く倶梨伽羅不動(上飯山満のはずれ)には葛飾郡と明記された石碑が残されている