都村 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやこむら
都村
廃止日 1937年2月11日
廃止理由 編入合併
都賀村蘇我町都村検見川町千葉市
現在の自治体 千葉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
千葉郡
団体コード 当時存在せず
面積 15.30km2.
隣接自治体 千葉市
千葉郡都賀村、犢橋村千城村
印旛郡旭村
都村役場
所在地 千葉県千葉郡都村
 表示 ウィキプロジェクト

都村(みやこむら)は、かつて千葉県千葉郡に存在した村。1889年(明治22年)町村制施行にともなって編成され、1937年千葉市へ編入されて消滅した。

現在は千葉市中央区若葉区にまたがる。

歴史[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制の施行により、辺田村・矢作村・貝塚村・加曽利村・川野辺新田が合併して発足。旧・川野辺新田は大字川野辺となる。
  • 1937年2月11日 - 千葉市に編入され消滅。
  • 1938年 - 大字辺田が都町に、大字川野辺が若松町にそれぞれ改称。

当地には加曽利貝塚がある。1887年にはじめて学会に紹介されたこの貝塚は、1907年に東京人類学会によるはじめての発掘調査が行われて以後、大山柏ら考古学者による調査が進められた[1]。1936年には大山史前学研究所による発掘調査が行われ、翌1937年に『史前学雑誌』に「千葉県千葉郡都村加曽利貝塚調査報告」が発表されている[1]

1922年には千葉県農事試験場が都村に移転した[2]。千葉県農事試験場で品種改良されたスイカは「都1号」などの品種名を持ち、「都系」と呼ばれる。農事試験場(第二次世界大戦後に農業試験場と改称)は、1963年に千葉市大膳野町に移転するまで当地にあった[2]

教育[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 加曽利貝塚の保存の歴史”. 千葉市教育委員会 加曽利貝塚博物館. 2014年6月14日閲覧。
  2. ^ a b 千葉県農林総合研究センターの沿革”. 千葉県農林総合研究センター. 2014年6月14日閲覧。

関連項目[編集]