海上郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千葉県海上郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

海上郡(かいじょうぐん)は、千葉県下総国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる。

  • 銚子市の大部分(富川町、森戸町以北を除く)
  • 旭市の大部分(秋田、萬力、米込、入野、関戸、萬歳以北および井戸野・川口・泉川・駒込・大塚原・鎌数・新町を除く)

沿革[編集]

古代・中世[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での当郡域の支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。×は支配者不明の区域のある村。
知行 村数 村名
幕府領 旗本領 26村 神宮寺村、仁玉村、中谷里村、●成田村、野中村、東足洗村、西足洗村、江ヶ崎村、幾世村、松ヶ谷村、岩井村、倉橋村、●猿田村、権田沼新田、下永井村、八木村、小浜村、高野村、三門村、船木台村、×塚本村、高田村、御屋敷野新田(詳細不明)、●柴崎村、松岸村、○松本村
与力給知 3村 足川村、岩崎村、上永井村
幕府領・旗本領・与力給知 1村 ×塙村
幕府領・旗本領 9村 三川村、横根村、常世田村、親田村、赤塚村、中島村、正明寺村、芦崎村、余山村
幕府領・与力給知 4村 萩園村、×平松村、×行内村、三宅村
旗本領・与力給知 3村 ×十日市場村、椎名内村、×飯岡村
藩領 下総佐倉藩 1村 長尾村
下総小見川藩 1村 ×忍村
上野高崎藩 13村 岡野台村、●×小船木村、●野尻村、垣根村、×長塚村、本城村、●×今宮村、×荒野村、×新生村、●飯沼村、高神村、×小川戸村、×三崎村
上野安中藩 2村 琴田村、清滝村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・下総生実藩 1村 ○網戸村
幕府領・旗本領・高崎藩 2村 後草村、見広村
幕府領・高崎藩 2村 蛇園村、○四日市場村
旗本領・佐倉藩 1村 大間手村
旗本領・安中藩 2村 高生村、辺田村

町村制以降の沿革[編集]

1.高神村 2.本銚子町 3.銚子町 4.豊浦村 5.伊豆原村 6.海上村 7.船木村 8.椎芝村 9.滝郷村 10.鶴巻村 11.嚶鳴村 12.旭町 13.富浦村 14.浦賀村 15.足川村 16.三川村 17.飯岡町 18.豊岡村(紫:銚子市 桃:旭市)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、海上郡に以下の4町と14村が置かれる。(4町14村)
    • 高神村 ←高神村(現銚子市)
    • 本銚子町 ←飯沼村(現銚子市)
    • 銚子町 ←新生村、荒野村、今宮村(現銚子市
    • 豊浦村 ←小川戸村、辺田村、三崎村(現銚子市)
    • 伊豆原村 ←松本村、本城村、長塚村(現銚子市)
    • 海上村 ←松岸村、垣根村、四日市場村、余山村、柴崎村、高野村、三宅村、赤塚村(現銚子市)
    • 船木村 ←高田村、芦崎村、岡野台村、船木台村、三門村、中島村、正明寺村、白石鶏沢新田(現銚子市)
    • 椎芝村 ←野尻村、小船木村、塚本村、忍村、猿田村(現銚子市)
    • 鶴巻村 ←倉橋村、見広村、大間手村、蛇園村、長尾村(現旭市)
    • 滝郷村 ←清滝村、幾世村、岩井村、松ヶ谷村(現旭市)
    • 嚶鳴村 ←琴田村、後草村、高生村、江ヶ崎村(現旭市)
    • 旭町 ←網戸村、成田村、十日市場村、匝瑳郡太田村(現旭市)
    • 富浦村 ←中谷里村、仁玉村、神宮寺村(現旭市)
    • 浦賀村 ←椎名内村、野中村、東足洗村、西足洗村(現旭市)
    • 足川村 ←足川村(現旭市)
    • 三川村 ←三川村、権田沼新田(現旭市)
    • 飯岡町 ←上永井村、下永井村、飯岡村、行内村、平松村、横根村、萩園村、岩崎村(現旭市)
    • 豊岡村 ←塙村(現旭市)、八木村、小浜村、親田村、常世田村(現銚子市)
  • 1891年(明治24年)
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 1914年大正3年)12月12日 - 浦賀村・足川村が合併し、改めて浦賀村が発足。(5町12村)
  • 1915年(大正4年)10月1日 - 浦賀村が矢指村に改称。
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1933年昭和8年)2月11日 - 銚子町・本銚子町・西銚子町・豊浦村が合併し銚子市が発足、郡より離脱。(2町11村)
  • 1937年(昭和12年)2月11日 - 高神村・海上村が銚子市に編入。(2町9村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 2月11日 - 旭町・富浦村・矢指村が合併し、改めて旭町が発足。(2町7村)
    • 3月31日(3町3村)
      • 鶴巻村・滝郷村・嚶鳴村が合併し、海上町(うなかみまち)が発足。
      • 飯岡町・三川村、豊岡村の一部(塙)が合併し、改めて飯岡町が発足。
    • 4月1日 - 船木村・椎柴村が銚子市に編入。(3町1村)
    • 6月1日 - 旭町が匝瑳郡豊畑村共和村を編入。
    • 7月1日 - 旭町が市制施行し、旭市となり郡より離脱。(2町1村)
  • 1956年(昭和31年)7月1日 - 豊岡村が銚子市に編入。(2町)
  • 2005年平成17年)7月1日 - 飯岡町・海上町が旭市・香取郡干潟町に合併し、改めて旭市が発足、郡より離脱。同日海上郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]