周淮郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉県周淮郡の位置

周淮郡(すえぐん)は、千葉県上総国)にあった。概ね小糸川流域に存在した。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる(公有水面埋立地を除く)。

  • 木更津市の一部(畑沢・小浜・大久保・中烏田・上烏田・下烏田・港南台・畑沢南・羽鳥野・八幡台および潮見の一部)
  • 君津市の一部(法木、糸川、大野台、東猪原西猪原入会、東粟倉、辻森、大岩、正木、奥米以西)
  • 富津市の一部(本郷、上飯野、下飯野、篠部以北)

歴史[編集]

平安時代中期に成立した百科事典である『和名類聚抄』(『和名抄』)ではサンズイの「淮」で周淮郡と表記され、「季(すゑ)」という読みが記されている。後にニスイの「准」による周准郡という表記が現れ、「すす」という読みも行われるようになった。以降「周淮郡」と「周准郡」という表記、および「すえ郡」と「すす郡」という読みの併用状態が、当郡が廃止される明治半ばまで続いた。なお、「淮」の一般的な音が「ワイ」または「エ(ヱ)」であり、「准」の一般的な音が「ジュン」であることから、2つの文字の形と音が混同されていたものと思われる。

中世には「周東郡」・「周西郡」に分割されたが、江戸時代初期に再び「周准郡」として統合された。

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での当郡域の支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。下記の他、鹿野山宿が存在したが、掲載されていない。
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 13村 杢師村、久保村、中烏田村、大月村、庶子崎村、長谷堂村、沢巻村、金岡村、●鎌滝村、高原村、南子安村、長石平野新田(長石村内)、横田村新田(詳細不明)
旗本領 48村 大山野村、内簔輪村、坂田村、本郷村、日渡根村、谷木村、大野台村、長和田村、籾山村、山高原村、塚原村、白駒村、六手村、大鷲村、皿引村、小山野村、貞元村、小香村、奥畑村、倉沢村、旅名村、奥米村、怒田沢村、宿原村、大岩村、正木村、辻森村、二入村、東日笠村、西日笠村、平田村、植畑村、東粟倉村、西粟倉村、東猪原村、●西猪原村、●市場村、常代村、●中島村、上湯江村、下湯江村、油江村(詳細不明)、宮下村、●浜古村、行馬村、新御堂村、馬登村、●草牛村
与力給知 2村 作木村、台村
幕府領・旗本領 13村 外簔輪村、上烏田村、大谷村、森戸村、大井村、法木村、荻作村、根本村、簔和田村、糠田村、長石村、郡村、三直村
幕府領・与力給知 1村 間野村
旗本領・与力給知 2村 深井村、北子安村
藩領 上総飯野藩 7村 大鷲新田、飯野村(2村とも飯野村と記載)、二間塚村、前久保村、平井村、青木村、大久保村
上野前橋藩 12村 大堀村、●○冨津村、新井村、●西川村、駒久保村、畑沢村、中冨村、大和田村、篠部村、川名村、滝沢村新田、小浜村
三河西端藩 2村 尾車村、泉村
上総請西藩・前橋藩 1村 下烏田村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・与力給知・飯野藩 1村 杉谷村
幕府領・旗本領・飯野藩 1村 原村
旗本領・飯野藩 1村 八幡村
旗本領・前橋藩 2村 ●人見村、○中野村
幕府領・西端藩 2村 練木村、法木作村
その他 寺社領 1村 市宿村
知行 村数 村名
政府管轄領 安房上総知県事 1村 大堀村
藩領 飯野藩 9村 青木村(変更なし)、人見村、冨津村、新井村、西川村、本郷村、下湯江村、篠部村、川名村(新たに領地に追加)
桜井藩 20村 内簔輪村、外簔輪村、杢師村、坂田村、久保村、上烏田村、中烏田村、下烏田村、南子安村、北子安村、畑沢村、台村、大和田村、飯野村、二間塚村、前久保村、平井村、滝沢村新田、大久保村、小浜村
小久保藩 5村 大山野村、八幡村、油江村、宮下村、浜古村
花房藩 21村 日渡根村、金岡村、間野村、奥畑村、倉沢村、旅名村、奥米村、怒田村、沢村、宿原村、大岩村、正木村、辻森村、二入村、東日笠村、西日笠村、平田村、植畑村、東粟倉村、西粟倉村、東猪原村
長島藩 37村 大谷村、森戸村、大丹村、谷木村、深井村、庶子崎村、長谷堂村、沢巻村、大野台村、高原村、駒久保村、原村、籾山村、練木村、作木村、塚原村、白駒村、六手村、大鷲村、大鷲新田、大井村、法木村、荻作村、市宿村、根本村、簔和田村、糠田村、中島村、長石村、長石平野新田、横田村新田、三直村、行馬村、馬登村、草牛村、尾車村、泉村
飯野藩・桜井藩 2村 中野村、中冨村
桜井藩・長島藩 3村 鎌滝村、長和田村、法木作村
桜井藩・小久保藩 10村 山高原村、皿引村、杉谷村、小山野村、貞元村、小香村、常代村、郡村、上湯江村、新御堂村
花房藩・長島藩 1村 市場村
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 1873年(明治6年)6月15日 - 木更津県が印旛県に統合して千葉県が発足。
  • 1874年(明治7年)
    • 高原村、駒久保村、長和田村が合併して福岡村が成立。
    • 平井村が前久保村に、滝沢村新田が大久保村に編入。
  • 1875年(明治8年) - 深井村、森戸村、谷木村、大月村が合併して大井戸村が成立。
  • 1876年(明治9年) - 庶子崎村、長谷堂村、間野村、金岡村、沢巻村が合併して糸川村が発足。
  • 1877年(明治10年)
    • 原村、籾山村が合併して上村が発足。
    • 倉沢村、奥畑村が合併して豊英村が発足。
  • 1878年(明治11年)11月2日 - 郡区町村編制法の千葉県での施行により、行政区画としての周淮郡が発足。「望陀周淮天羽郡役所」が望陀郡木更津町に設置され、望陀郡・天羽郡とともに管轄。

町村制以降の沿革[編集]

21.波岡村 22.八重原村 23.周西村 24.中村 25.小糸村 26.三島村 27.周南村 28.貞元村 29.飯野村 30.青堀村 31.富津村 32.秋元村(紫:木更津市 赤:君津市 橙:富津市 1 - 19は望陀郡 41 - 51は天羽郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により周淮郡に以下の12村が発足。
    • 波岡村 ← 畑沢村、小浜村、大久保村、中烏田村、上烏田村、下烏田村(現木更津市)
    • 八重原村 ← 外蓑輪村、杢師村、北子安村、南子安村、内蓑輪村、法木作村、三直村(現君津市)
    • 周西村 ← 坂田村、大和田村、人見村、中野村、久保村、台村(現君津市)
    • 中村 ← 中島村、練木村、上村、大井村、大鷲村、大鷲新田、糠田村、泉村、白駒村(現君津市)
    • 小糸村 ← 大井戸村、行馬村、根本村、大谷村、長石村、法木村、大野台村、糸川村、塚原村、荻作村、鎌滝村、福岡村(現君津市)
    • 三島村 ← 大岩村、二入村、辻森村、東日笠村、怒田沢村、宿原村、正木村、奥米村、旅名村、豊英村(現君津市)
    • 周南村 ← 宮下村、浜古村、小山野村、常代村、六手村、尾車村、大山野村、作木村、山高原村、皿引村、馬登村、草牛村(現君津市)
    • 貞元村 ← 貞元村、八幡村、新御堂村、杉谷村、郡村、小香村、上湯江村、下湯江村、中富村(現君津市)
    • 飯野村 ← 下飯野村、上飯野村、二間塚村、本郷村、前久保村(現富津市)
    • 青堀村 ← 大堀村、青木村、西川村(現富津市)
    • 富津村 ← 富津村、川名村、篠部村、新井村(現富津市)
    • 秋元村 ← 市宿村、市場村、日渡根村、東猪原村、東粟倉村、西粟倉村、植畑村、西猪原村、平田村、西日笠村、鹿野山宿(現君津市)
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 郡制の施行により、望陀郡・周淮郡・天羽郡の区域をもって君津郡が発足。同日周淮郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
君津郡